彼らはいま、「世界最小の公園」でくつろいでいる

コーヒーとドーナツを手にした男性2人が、路上に座り込んで朝から談笑しているこの写真。見たまんまですが、注目して欲しいのは彼らが腰を下ろしている場所。脇すれすれを自動車がすり抜けていきます。ここは片側2車線、目抜通りのど真ん中。だけど…公園!?

直径わずか60センチ!?
「Mill Ends Park」

フツーならば、これは中央分離帯の「植え込み」です。けれど、れっきとしたポートランド市の公園だというんだから。しかも厳密にいえば、公園とされるのは直径わずか2フィート(60.96cm)の円形の穴のみ(驚)。

この植え込みが、いかにして公園と呼ばれるようになったのか。ポートランド市のHPにこんなストーリーが紹介されていました。はじまりは70年前のこと。ひとりの男性のある行動に端を発した、中央分離帯にできた穴とポートランド市民のほのぼのする物語をどうぞ。

置き去りにされた「穴」を舞台に
人気コラムがスタート

およそ70年前の1946年、第二次大戦の帰還兵としてこの地に戻ってきたDick Faganさんは、地元紙「オレゴン・ジャーナル」で新たな人生をスタートさせました。オフィスはちょうどこの通りの目の前。

あるとき、中央分離帯の真ん中に街灯建設のための作業が始まりました。ところが、なぜかDickさんがオフィスの2階から見下ろす、この場所だけは最後まで街灯が立たず、台座と口をぽっかり開いた穴だけが残ってしまいました。

Dickさんは雑草だらけになった穴をきれいにして、花を植えることに。さらに当時、担当していたコラムの題名『Mill Ends』にちなんで、この穴を公園に見たて、架空の物語を紹介、1969年にDickさんが亡くなるまで、町の人たちに人気のコラムだったようです。

Dickさんが大切に育て、物語の主要な舞台であり続けた架空の公園は、彼の死後、町の人々によって大切に守られ、季節ごとの草花で美しく飾られていたそうです。そうして1976年、市は正式にこの穴を公園と制定。こうして「世界でもっとも小さな公園」は誕生しました。

ちょっぴりキケンな場所にある
町の象徴

地元の人たちから大切に愛され続けるポートランドのアイコン。毎年、ここでコンサートやピクニックが行われるというのですが、きっと歩行者天国にしてのことでしょう。

世界最小のミニマルパークを前に記念撮影、ただしくれぐれも道路の真ん中だということはお忘れなく。

Licensed material used with permission by @thelistroadtrip
沖縄県の「国立公園」は、ただ見て周るだけではなく、山や海に飛びこんで “体験する” のがオススメです。ここでは「やんばる国立公園」「慶良間諸島国立公園」「...
厳島神社、鳥取砂丘、出雲大社など、人生で一度は訪れてみたい観光スポットが「国立公園」の区域内に位置している中国地方、四国地方。日本を代表するような魅力的な...
コペンハーゲンには2人のアーティストによって作られた「浮いている公園」があります。都市開発と温暖化の2つの問題にアプローチしつつ、イマドキの遊び場として音...
関東地方にある「国立公園」の注目ポイントは、ずばり「山」です。美しい山々を前に景観を楽しむも良し、ハイキングで汗を流すも良し。東京近郊にありながら、「山の...
イケメンと動物の最高ショットはもちろんのこと、今年も売り上げは野生動物保護のために寄付される予定!
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
「北海道=大自然」と言われて反対する人はいないと思いますが、そんな広大な土地を生かした「国立公園」の存在については、意外と知らない人も多いのではないでしょ...
まだまだ知らない日本の歴史や文化ってたくさんありますよね。本や映像で学ぶこともできますが、機会を見つけて現地まで足を運んでみませんか? 日本の歴史がたくさ...
茨城県ひたちなか市にある「国営ひたちなか海浜公園」は、世界有数の絶景としてしばしば紹介されるほど、国内外問わず人気の場所。ここでは、インスタグラムに投稿さ...
富山県船橋村は、3.47平方キロメートルと面積が日本で一番小さな自治体。今は何もない広場を、「日本一楽しい」と自慢できる公園に作り変えたい。そして、遊びに...
「カランダッシュ」は、エスプレッソマシンメーカー「ネスプレッソ」の「セカンドライフプロジェクト」のパートナーとして、「849 カランダッシュ+ネスプレッソ...
「珍しい動物や植物を見てみたい!」という目的で、「国立公園」を訪れる人も多いのではないでしょうか。そんな願いが叶えられそうな、中部地方にある6つの「国立公...
日本の「国立公園」と聞いてもあまりピンと来ない人が多いかもしれませんが、全国で34ヶ所(2018年10月現在)あり、国土面積の5.8パーセントを占めている...
一風変わったグランピングが楽しめるこの施設は、2017年3月に幕を閉じた少年自然の家(静岡県・沼津)をリノベーションし、10月にオープンしたばかり。大人の...
あたり一面に広がるのは、目にも鮮やかなピンク色の絨毯。ここは埼玉県秩父市にある羊山公園です。
使い勝手はどれもフツー。めちゃくちゃフツーです。
軟膏薬タイガーバーム (虎標萬金油) をつくって大成功した、胡文虎と胡文豹の兄弟により建設された公園。主にコンクリートを用いて造形された1,000以上の像...
アメリカには、現在、59もの国立公園がある。そのすべてを周って写真を撮り続けたのは、フォトグラファーのJonathan Irish。じつに、1年の月日をか...
スペインの海岸沿いにある、Vilassarという街にある公園は少し変わった特徴をもっています。その公園には、滑り台やシーソーといった遊具で遊ぶ“子ども”た...
カリフォルニア州、クパチーノ。通称、シリコンバレー。この土地に建設中のApple社の新オフィスが、まもなく完成の見込みだという。その名も「Apple Pa...
台湾の台北市の高架下に設置された、長いパイプ状のユニークな遊具。この遊具の材料には産業廃棄物として出た鉄材や、廃タイヤなどが利用されているとのこと。なんだ...
街中に忽然と現れる、巨大な白い布。よく見ると、すべてハンモックになっています。これは、ドバイのとあるエリアで見られる光景。この街が抱える問題を解決するため...
鹿児島県にある神話の里の敷地内にある「道の駅 霧島」を紹介します。ご当地グルメを味わう、お土産を買うといった「道の駅」の魅力はもちろん、標高690mの立地...
海の近くの、花の楽園。そんなキャッチフレーズがピッタリの国営ひたち海浜公園では、現在、コキア(ほうき草)の紅葉が見頃を迎えているのだそう。園内の「みはらし...