国立公園を巡って全米縦横断!『オン・ザ・ロード』な写真シリーズ

アメリカには、現在、59もの国立公園がある。

そのすべてを周って写真を撮り続けたのは、フォトグラファーのJonathan Irish。じつに、1年の月日をかけたそうだ。まさに小説『オン・ザ・ロード』を地で行く移動、移動、移動の日々だったことが想像できる。

この「国立公園シリーズ」少々、枚数は多いが、どの公園も個性豊かなのでつい見入ってしまう。現在、49までアップされていた。では、日本の約25倍といった広大な国土に拡がる絶景、美景、奇景を見に出発しよう!

01.
アイル・ロイヤル国立公園(ミシガン州)

02.
アーカディア国立公園(メイン州)

03.
アーチーズ国立公園(ユタ州)

04.
アメリカン・サモア国立公園(アメリカ領サモア)

05.
イエローストーン国立公園(アイダホ州・モンタナ州・ワイオミング州)

06.
ウインド・ケープ国立公園(サウスダコタ州)

07.
エバーグレーズ国立公園(フロリダ州)

08.
オリンピック国立公園(ワシントン州)

09.
ペトリファイド国立公園(アリゾナ州)

10.
カトマイ国立公園(アラスカ州)

11.
カールズバット洞窟群国立公園(ニューメキシコ州)

12.
キーナイ・フィヨルド国立公園(アラスカ州)

13.
キャニオンランズ国立公園(ユタ州)

これ見たかったなー、残念!

14.
キャピトル・リーフ国立公園(ユタ州)

これもか、残念!

15.
キングス・キャニオン国立公園(カリフォルニア州)

16.
グアダルーペ山脈国立公園(テキサス州)

17.
クヤホガ・バレー国立公園(オハイオ州)

18.
グランド・キャニオン国立公園(アリゾナ州)

19.
グランド・テイトン国立公園(ワイオミング州)

20.
グレイシャー国立公園(モンタナ州)

21.
グレイシャー・ベイ国立公園(アラスカ州)

22.
クレーター・レイク国立公園(オレゴン州)

23.
グレート・サンド・デューンズ国立公園(コロラド州)

24.
グレート・スモーキー山脈国立公園(ノースカロライナ州・テネシー州)

25.
グレート・ベースン国立公園(ネバダ州)

26.
コバック・バレー国立公園(アラスカ州)

27.
コンガリー国立公園(サウスカロライナ州)

28.
ザイオン国立公園(ユタ州)

29.
サワロ国立公園(アリゾナ州)

30.
シェナンドー国立公園(バージニア州)

31.
ジョシュア・ツリー国立公園(カリフォルニア州)

32.
セオドア・ルーズベルト国立公園(ノースダコタ州)

33.
セコイア国立公園(カリフォルニア州)

34.
チャネル諸島国立公園(カリフォルニア州)

写真がないと逆に気になる!

35.
デス・ヴァレー国立公園(カリフォルニア州・ネバダ州)

36.
デナリ国立公園(アラスカ州)

37.
ドライ・トートゥガス国立公園(フロリダ州)

珍しい名前だなー。発音がムズい!

38.
ノース・カスケード国立公園(ワシントン州)

39.
バッドランズ国立公園(サウスダコタ州)

40.
ハレアカラ国立公園(ハワイ州)

これは有名。見たことあるでしょ?

41.
ハワイ火山国立公園(ハワイ州)

これも有名。テレビでもやってた。

42.
ビスケーン国立公園(フロリダ州)

43.
ビッグ・ベンド国立公園(テキサス州)

44.
ピナクルズ国立公園(カリフォルニア州)

カリフォルニアって、一番、国立公園が多いんだよね!

45.
ブラック・キャニオン国立公園(コロラド州)

46.
ブライス・キャニオン国立公園(ユタ州)

47.
ボエジャーズ国立公園(ミネソタ州)

48.
ゲート・オブ・ザ・アークティック国立公園(アラスカ州)

49.
ホット・スプリング国立公園(アーカンソー州)

いわゆる温泉か?

50.
マンモス・ケーブ国立公園(ケンタッキー州)

マンモスが住んでいたのかな?

51.
メサ・ヴェルデ国立公園(コロラド州)

52.
ヨセミテ国立公園(カリフォルニア州)

53.
ラッセン火山国立公園(カリフォルニア州)

カリフォルニア、アゲイン!

54.
ランゲル・セント・イライアス国立公園(アラスカ州)

55.
レイク・クラーク国立公園(アラスカ州)

56.
レッドウッド国立公園(カリフォルニア州)

57.
マウント・レーニア国立公園(ワシントン州)

58.
ロッキー・マウンテン国立公園(コロラド州)

59.
ヴァージン諸島国立公園(アメリカ領ヴァージン諸島)

気づいたかもしれないが、確認できるのは49の国立公園。Jonathanに問い合わせたところ、残りは、鋭意編集中とのこと。間もなくすれば、彼のInstagramで確認できるはずだ。

余談ではあるが、Jonathanはこの旅をパートナーとしたようだ。52.と55.には、それらしき女性を確認することができる。二人で一緒に国立公園巡りか〜。羨ましすぎる!

Licensed material used with permission by Jonathan Irish
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.46
ハンガリー出身のフォトグラファーTamas Toth氏。彼がクロアチアで撮影した写真は、この世のものとは思えないほどに神秘的だ。撮影場所は、クロアチア最大...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
2年前に仕事を辞めて、世界へ旅立ったカップルは、40ヶ国に訪問して14,000枚以上の写真を撮影したそうだ。帰国後、写真をチェックしていたところ、異なる国...
33年後の未来を描いたポスターが、大きな物議をかもしている。描かれているのは、米国にある7つの国立公園。いずれも、本来は美しい景観の超人気観光スポットだ。...
海の近くの、花の楽園。そんなキャッチフレーズがピッタリの国営ひたち海浜公園では、現在、コキア(ほうき草)の紅葉が見頃を迎えているのだそう。園内の「みはらし...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
被写体にしたのはきっと、"日本の春色"。モスクワの写真家、Kristina Makeevaさんの作品に目を奪われてしまうのは、一度見たら忘れられなくなるく...
世界一背が高くなる樹、通称「レッドウッド」(正式名称セコイアメスギ:スギ科セコイア属)が自生することで知られる、アメリカ・カリフォルニア州の「レッドウッド...
Bill Sycalikさんは、健康に気を配ろうとランニングを始めた人のひとり。マラソンに出場しようとトレーニングを重ねていたら、彼はいつしかランニングの...
今回、紹介するのは、ナショジオ主催の「ナショナルジオグラフィック・ネイチャー・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー」からの2017年度の入賞作。今年のグラン...
カリフォルニアに位置するジョシュア・ツリー国立公園内というロケーションです。内装も抜群なのですが……。
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...
地理も英語もまったく苦手。そんな私でも1人で行けた地球の裏側の、とある大砂丘ー。ブラジル北東部にある「レンソイス・マラニャンセス国立公園」。レンソイスとは...
フォトグラファーであり、ロードトリッパーのMolly Steeleさんは、自由をこよなく愛する女性。彼女が行く先々で撮影した写真は、つねに自然体で、旅する...
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
フランス人風景写真家のBeboyさんは、世界各地をすでに3年以上かけて旅をしている。目的は、世界で一番美しい景色をフレームに収めるため。それを演出する最良...
2016年のナショナルジオグラフィック・トラベルフォトグラファー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた写真がコレ。ここではそれぞれの部門で選ばれた計12枚の作品を紹...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...