人生のすべてをかけて、アメリカ中を走る男の野望。

Bill Sycalikさんは、健康に気を配ろうとランニングを始めた人のひとり。マラソンに出場しようとトレーニングを重ねていたら、彼はいつしかランニングの虜になってしまったのだそう。

ランニングを始めてから12年が経ち、彼はニューヨークシティでの仕事を辞め、アメリカにある全ての国立公園をマラソンする「Running the Parks」という独自のミッションに挑戦。「Gear Patrol」は、なぜ彼はこのようなことを試みたのか、そしてやりたいことを実現するためにはどうしたらいいのか、などの質問を彼に尋ねてみました。

Q1.
"Running the Parks (国立公園を走ろう)"のアイディアはどこから生まれたんですか?

ニューヨークシティに住んで5年ほど経つんですが、あんまり刺激を感じなくなってしまって。大好きな自然からかけ離れてしまったし、とくに理想とする人たちにも囲まれていませんでした。だからアパートの契約が切れた2016年5月に、コロラド州デンヴァーに引っ越そうと決めたんです。国立公園の100周年であることも聞きつけ、コロラドに向かっている間にいくつか国立公園も見れるかも、なんてぼんやりと考えていました。

そうしたら公園を走るのも楽しいかも…と思い始め、自分も周りも挑戦できることをしてみたいと思ったんです。言葉にしにくいのですが、要は「国立公園を走る」というアイディアに惹かれたんです。タフになるだろうとは思っていましたが、できるかどうかわからないからこそやりたいと思ったのかもしれません。

Q2.
1日のおおまかなスケジュールを教えてください。

週に3〜7日ほどは国立公園を散策しています。ほぼやっていることは、観光客と一緒ですね。なので走っていないときは、ハイキングをしたり、写真を撮ったり、PRセンターを訪れたり。あとはとにかく国立公園を吟味します。

事前にトポマップを見ながら良さそうなルートを探し出し、PRセンターの森林警備隊員と自分のプロジェクトについて話す機会を設けて、ルートの相談をさせてもらっています。

Q3.
今まで訪れた中で最も心惹かれた国立公園は?

今のところは、カリフォルニアのキングスキャニオン国立公園ですね。素晴らしい景観です。セコイアもあり、グラナイトがかった側面も持ち合わせているんです。例えるのならヨセミテに似ていますが、それよりも親近感が湧くような絶景。

真ん中を流れるキングス川は現在雪解けの状態です。走っていたときは、クマにも遭遇しました。グレーシャーやイエローストーン、ヨセミテを含む46の国立公園を訪れましたが、キングスキャニオンが今はダントツ1位です。

Q4.
最も大変だった出来事は?

孤独と戦ったところでしょうか。国立公園とは辺鄙なところにあるので、往々にして人気が少ないんです。大きな国立公園であれば多くの場合ホステルがあるので、人と交流できるホステルを愛用してました。

そうでなければ、私のプロジェクトを知る人の家にタダで泊めてもらったり(30%の確率で泊めてもらえました)してましたね。

でもほとんどは車やキャンプ場、あとは安いAirbnbに泊まったりしていました。このプロジェクトは僕ひとりのものであると気づく瞬間、少し人恋しく感じていました。

Q5.
次に訪れたいと思っている国立公園は?

50州中48州の国立公園は、ほぼすべて周りました。残るはハワイにふたつ、サモアにひとつ、そしてアラスカに8つです。

今後のプランとしては、9月にハワイとサモアを制覇し、2018年夏にアラスカを走ろうかと。アラスカ単体で8つも国立公園があり、そのうちの4つはブッシュプレーンという飛行機でしか行けないみたいです。とくに決まったトレイルもなく、道も補正されていないため、ベストなルートを探すのが困難かもしれません。

Q6.
国立公園巡りをしたい人に何かひとつアドバイスをするなら?

見晴らしのいい高台に行ったり、PRセンターに行くだけでおしまいにしないこと。足跡の起点やキャンプ場を離れてようやく、なぜ後世の人々に引き継いでいかないといけないのか、自然とはどう人間に回復力を与えてくれるものか…など、その公園の価値が見えてくるものです。

ほっと一息つける時間を与えてくれると同時に、エネルギーを与えてくれるのが、自然というもの。国立公園の野生的な部分がそのまま保全されていることに気づけると、きっとその分素敵な体験になるはずです。

Q7.
仕事を辞めてでも、夢を追いかけることをお薦めしますか?

お薦めはしますが、計画性を持つことが肝です。周りにもよく聞かれますが、私は毎回「仕事を辞めたら収入がなくなることを一度考えるといい」とアドバイスします。事前に計画をしておかないと、ひとつのフラストレーションをまた別のフラストレーションと書き換える始末になります。「冒険になんて出ているほど余裕がない」ってね。

インスピレーションも大事ですが、その夢を叶えるためにはやはり「準備」が必須です。経済面を考えたとき、今すぐに仕事を辞められないと思うのなら、何をすれば日々の満足度が上がるかに目を向けるといいでしょう。もしかしたら前々からギターやピアノ、または演技を習いたいと思っていたのかもしれません。

心の奥底で「やりたい」と思っていたことを実現してしまえばいいのです。それは誰にだってできることだから。

私の年齢で会社勤めの人は、生活がマンネリ化し、自分自身で「状況を変えていける」と思えなくなっている人が非常に多いです。私がしていることを「できない」の範囲に入れてしまっているのなら、それは「本当にやりたいこと」が出来ていない一つの証拠かもしれませんよ。

Licensed material used with permission by Gear Patrol
新しい情報に出会うというのは、記憶を掘り起こしたり、全く考えもしなかったことを考えさせる力があるんだと思います。
バレエダンサーとして数々の公演をおこなってきたAesha Ashさん。現在はフリーランスとなり、社会的な活動をしている。それが「The Swan Drea...
「人生80年」とはよく耳にする言葉ですが、となると40歳はちょうど中間地点です。まさに今!というあなた(特に男性)はぜひこの記事を読んでみてください。男性...
男性学の第一人者である田中俊之さんは、30代後半〜40代前半の男性、つまり「40男」こそ夢を持つべきだと言います。きになるその理由とは?彼の著書『〈40男...
2019年12月20日のイギリス時間 00:00(日本時間 9:00)に、本格派ストリートスニーカーブランド「CLEMENS(クレメンス)」が誕生する。
3年の月日をかけて開発された「Mighty Mug」。横からチョップしようがパンチしようが、正面からどつこうが倒れません。つまり、デスクワーク中に肘が当た...
乾燥機には真空ポンプが内蔵されていて、それが本体の中を減圧する仕組み。すると水分は100度に満たずとも蒸発するので、たった15分で洋服を乾かすことが可能に...
「Hound Labs」はカリフォルニアの企業が開発したブレスチェッカー。アルコールを検知するだけでなく、吐き出された息に含まれるマリファナ成分も発見できます。
「The Points Guy」が出しているインターンの募集。世界中を飛び回り、フライトやホテルなど、旅先や移動中に体験するモノ・コトをレビューするという...
くら寿司のアメリカ展開店舗「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。日本では食べられないローカルメニューベスト3を紹介します。
12月2日、パブロ・エスコバルの兄弟、ロベルト・エスコバルの企業「Escobar Inc」が折りたたみスマホ「Escobar Fold 1」を発売すると発...
ひとくくりにできるわけないとは思っていながらも、アメリカは「太り気味」で「ポジティブ思考」みたいな会話、心当たりがありませんか?「The Infograp...
紹介するのは、アメリカ・アトランタに期間限定でオープンしているラーメン屋さん。「中村家」と名乗っています。でも、名前よりもラーメンに注目です!
5月29日にアメリカで発表された「Skai」は、水素を燃料にして飛行する航空機。結論から言うと、水素自動車よりも先に普及するかもしれません。
1月23日から、アメリカ・ワシントン州スノホミッシュ群にて、Amazonが自動配達に挑戦しています。
2019年夏、全世界の旅行業界に向けて“挑戦状”をたたきつけようとしているアメリカのツアー会社があります。なんでも、参加者にツアーを楽しみながらゼロ・ウェ...
心拍数の年齢差に着目し、聞く人の年齢に合わせて作曲したスリーピングミュージック「ねむりの音色 nenone(ねのね)」が、2019年11月25日に公開され...
時計で気になるのがビッグサイズ!装いがシンプルでも、それひとつでアクセントになる。だとすると、Big Boldコレクションの「BBNEON」は周囲に「お!...
日本では日常の足として愛されている「ママチャリ」。そんなママチャリがアメリカで普及しないのには、こんな理由があったんです。
昨年の12月、米セブンイレブンが缶入りワイン「Roamer」を発売しました。これはひとつのトレンドを象徴するような出来事だと思います。アメリカでは今、缶ワ...
「Eagle Prime」は、約2.8億円がかけられて制作された巨大ロボット。子どもの頃に、思い描いていた巨大ロボット対戦が、ついに現実になる日がきたようです。
色合いやレイアウトは美味しいミルクシェイクが楽しめそうなレストラン。映画で観たことがあるような“アメリカ”!
自然のものとは思えないような鮮明な木々の色に驚くはず。紅葉というよりも、赤、黃、緑、紫とまるで花畑。
リトアニア出身の男性Jacob Laukaitisさんは、タイを旅行中に飲酒運転の車に跳ねられる大きな事故に巻き込まれてしまいました。生還した彼は、痛々し...