「赤ちゃんと一緒に出勤してOK」な会社が急増中?(アメリカ)

アメリカの一部企業には、生後6ヶ月までなら赤ちゃんと一緒に出勤してもいいというルールがあるんですって。

MarketWatch」で紹介されているカラ・クリストさんは、この新しい制度を実際に利用している従業員のひとり。なんと、抱っこ紐で我が子を抱えながらミーティングに参加することもあるそう。泣いちゃったりしないの!?

赤ちゃんと一緒に働ける!

Parenting in the Workplace Institute」によれば、アメリカで200もの企業がこの制度を実践しており、その数はここ10年ほどで2倍以上に増加しました。基本的には、もっと子どもと接する時間を持って欲しいという目的がありますが、ベビーシッターを雇わずに労働環境へと早く戻れるため、従業員にとっては金銭的な面も含めてメリットとして捉えられています。

「Arizona Department of Health Services」で働くクリストさんは、これを理由に最大12週間取得可能な育児休暇を6週間に留めて現場へ復帰しました。もちろん、赤ちゃんを連れてオフィスに入れば、ぐずってしまうこともあります。が、そんなときは外に出てあやしたり、託児所に預けたりするそうです。彼女からはこんなコメントが。

「たった数分とは言え、トイレに行くのが大変ですよ。みんな赤ちゃんを見ると遊んだり抱っこしたくなっちゃうものだから♪」。

周りの目は?
仕事には集中できるの?

気になるのはやっぱりここ。周囲も自分も含めて業務に集中できるかどうかも不安ですよね。「Today」は、マリッサ・ヴァンフーザーさんのケースを紹介しています。

彼女が務めていた少数精鋭の会社では、みんなハードワークが基本。でしたが、それでも赤ちゃんを理由にトラブルが起きたことはなかったそうです。

なんでも、職場にはふたりのボランティアが待機しており、会議のときには赤ちゃんを預けられるようになっていたのだとか。さらに、同僚のパパ友・ママ友と“Co-Parent”を結成するなんてやり方も。

少なくとも上のふたりについては、赤ちゃん同伴で働ける環境に感謝しており、楽しんでいる様子。そんなにうまくいかないだろうというネガティブなコメントはあるものの、仕組みさえしっかりと整っていれば働き盛りのパパ・ママにとっては魅力的な選択肢となり得るのかも?

お父さんと一緒に遊んでいる時に、赤ちゃんが「Google」と喋りました。
日々の子育てのドタバタから非日常の世界へ旅立つことで心もリフレッシュ。ちょっとした工夫が旅をグッと楽しく、そして気軽なものにしてくれました。経験から伝えた...
カナダに住むJustin Simardさんが、スーパー『Sobeys』の駐車場で思わぬ「男女差別」と出会った。それは、妊婦もしくは、赤ちゃんを連れたママ専...
妊娠ママのお腹と一緒にすくすく“成長する”本があります。タイトルは「MOTHER BOOK」、産まれてくる赤ちゃんに今の気持ちを書き残したり、妊娠記録とし...
お茶を製造する工程で発生する「茶殻」を有効活用すべく、伊藤園が研究開発に取り組んでいる「茶殻リサイクルシステム」。茶殻からできたのは3D立体構造のマスクフ...
ベビー商品ブランド「GOO.N(グ~ン)」が展開する「ハグ~ンプロジェクト」で公開中の赤ちゃん泣き止み動画は、なんと視聴した94.3%の赤ちゃんが泣き止ん...
「妊娠しているときから、もっと夫にも子どもに興味を持ってほしい」。そうは思っても、実際にお腹に赤ちゃんを抱えていないパパにとっては、ママの大変さや気持ちを...
「ChatterBaby」は、アメリカのUCLAで研究しているブレーンたちの知識がいっぱい詰まった、赤ちゃんの泣き声を“翻訳”してくれるアプリだ。精度は約...
言葉で感情を伝えることのできない赤ちゃんは、泣くことでしか表現することができません。お腹がすいているのか、おむつを替えてほしいのか、もしかしたらどこか痛い...
「お母さんならみんな泣いちゃう」「自分だけじゃないんだと、共感して泣きました」世のママたちからそんなコメントを寄せられる“ある動画”が、大きな話題になって...
衣類をかけてボタンを押すだけで服を除菌してくれる「スマートUV除菌ハンガー」が誕生。
3年の月日をかけて開発された「Mighty Mug」。横からチョップしようがパンチしようが、正面からどつこうが倒れません。つまり、デスクワーク中に肘が当た...
2013年から赤ちゃんのためのDJ教室を開いている「Baby DJ School」。ブルックリンを皮切りに、今ではニューヨークシティ、シカゴ、ロサンゼルス...
わが家に二人目の子どもが生まれたとき、パートナーと同じくらいに僕が感謝したのは2歳年上の長男でした。なぜって、彼のときは日々の子育てがつねに手探りだったか...
自分の「幸福度」を高める、働き方。
「保育園落ちた日本死ね」の匿名ブログをきっかけに、待機児童問題が一気にフィーチャーされたことは記憶に新しいですが、世界を見渡せば、日本社会が参考にしたい子...
1月5日より、Netflixが卑語をテーマにした新番組『あなたの知らない卑語の歴史』の配信を始めた。6話構成で、それぞれ約20分の長さとなっている。
いま「SpaceX」や「Blue Origin」などが打ち上げた人工衛星が天体観測の邪魔になっているようだ。
世界中からホットな動画が集まる「Viral Hog」で話題となっているのは、ミズーリ州で撮影されたアライグマの親子たち。アメリカでは、林の中だけでなくとき...
「Epic」の社員には、5年に一度、旅を目的とした4週間の特別有給休暇が付与される。
連休は楽しいけれどスーツケースの中身を片付けているときに、明日のことを考えるとどんどん気が重くなって来る。もしもそんな昨夜があったのであれば、今日はこれを...
泣いている赤ちゃん、何を伝えようとしているのかもっとわかってあげられたらいいのにーー。そんな思いに応えるアプリが、2016年の秋ごろから使えるようになるか...
生まれてから10週間しか経っていなかった赤ちゃんを背負い、旅に出たのは、看護士のカレンさん(31歳)。産休をつかって旦那さんと一緒に世界を周る旅に出た。案...
息子がいるStåle Gerhardsenさんは、育児休暇中に起きたできごとを思い出に残そうと、息子との日々をイラストに描いている。描きためた絵は本になっ...