3年間、毎日同じ服装で出勤。「それがなにか?」

日常のなかで選択することを最小限に抑えたい。それがクリエイティビティを保つ秘訣と語ったスティーブ・ジョブズは、毎日同じ服を着て生活したことで知られています。

ここに紹介する女性、Matilda Kahlも同じ思想。ジョブズのように、仕事に集中するためのスタイルを貫いたのですが、これが結構おしゃれ。今や、インスタではファッショニスタ的扱いを受けるほどに。 

Photo by Matilda Kahl

白いシャツに細い黒革のリボンタイ、そして黒パンツ。

3年間、彼女が貫いたスタイルです。上司が他の洋服を買えるように昇給を申し出ても、決して変えようとはしないほど、彼女の意志は強いものだったとか。

では、なぜ?その理由はいたってシンプルなものでした。

朝、仕事に着ていく服を選ぶのが煩わしくて、その時間とエネルギーがもったいなかっただけ。生活をもっとシンプルにして人目を気にせず仕事に集中したかったんです。

広告代理店で働く日々は、かなりの時間とエネルギーを割かれるようですが、より仕事をクリエイティブなものにしたいと考えた結果、毎日この服装をすることにたどり着いたそう。

仕事を快適にする環境を整えるためなら、周りにどう思われようが気にしないという点に、プロ意識を感じませんか。

ファッショナブルな作業着

Photo by Matilda Kahl

いくら毎日同じ服装といっても、ブルーワーカーと同じ作業着では意味がない。つねにクリエイティブの第一線でいられるよう「職場にふさわしい装いを」と、考えてこのスタイルを貫くMatilda 。

多忙ゆえ、毎日洗濯はさすがにキツい。そこで同じ白シルクのシャツ15枚、黒パンツも5本買い揃えたそうです。ファストファッションに走らなかったのも彼女のこだわり。毎日を快適に過ごすためのモチベーションなんですって。

逆に増したファッションへの情熱

Photo by Matilda Kahl

ところで、平日に同じスタイルを続けることで、逆にファッションへの情熱が高まったとMatildaは言います。たまに仕事が早く終わった日や、週末には違う服を着て楽しんでいるんですって。以前よりもっとファッションを楽しみながら。

こういうのって勇気がいるし、周りの人の目もありますよね。それでも、余計なことに気を使わず、仕事に集中したいって人は、試してみるのもいいのかも。

Licensed material used with permission by Matilda Kahl
トレンドの洋服をリアルタイムで、しかもお手頃価格で販売する「Choosy」。ファッション好きにはたまらない新サービスです!
北欧を中心に洋服を販売しているウェブサイト「Carlings」が、「Neo-Ex」というファッションブランドを立ち上げました。実際に洋服を買うことはできな...
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
仕事で中国と日本を行き来するようになって約5年。今では1年の半分以上を北京で過ごしています。そんな、私が一番面白いなあと感じているのは、社会全体の大きな変...
世界中の人々(特に男性)から多くの共感を集めるインスタアカウント「miserable_men」。妻や恋人のためにショッピングに付き合う男性たちが待ちぼうけ...
1860年代よりディーン家が所有していた島「Pebble Island」。管理が困難になり、売りに出されて話題となりました。島にはアザラシやペンギンなど多...
アーティストLibby Oliverさんは、複数の人に持っているすべての洋服を身にまとってもらい、シャッターを切りました。
今朝、洋服を選ぶのに何分かかりましたか?5分、10分、もしくはそれ以上…?その時間や労力を捨て去ることができれば、人生が大きく変わるかもしれません。世の多...
中国の海南航空は、制服を一新することを発表した。注目すべきは、そのスタイル。まるでファッション誌に登場するくらいにスタイリッシュなのだ。デザインを担当した...
話題の「ナンガ」から「ウールリッチ」、「オンワード樫山」のハイテクダウン「ADS」まで、この冬に絶対欲しい「ダウンジャケット」を大公開! 
日本ではオーロラが見える寒い場所というイメージが強いアラスカ州ですが、グランピング施設「Alpenglow Luxury Camping」が公開している画...
「Slate2.0」を使えば、ソファの上でできる作業が増えていきます。
彼女の名が知れるようになったきっかけは、通っていたデザインアートスクールの卒業制作。そこで彼女は家庭用3Dプリンタと「FilaFlex」と呼ばれる素材を使...
店内をぐるっと一周しては、気になった洋服をいくつかピック。試着室とフロアを行ったり来たりしながら、どうしようかとお悩みモード。そんな買い物の形はこれから少...
大正14年創業という老舗による自社ブランド。他のブラシを使ったことがないので、大きなことは言えませんが、幅広い繊維に対応できるように馬毛をミックスしていて...
Instagramから美しい写真を掘り起こして、表彰しようとはじまったのが「PHOTOBOX INSTAGRAM PHOTOGRAPHY AWARDS(P...
BMWの傘下であるデザイン・コンサルティング会社「Designworks」とアウトドアブランド「The North Face」が手を組み、キャンピングトレ...
おもしろいインスタのアカウントを見つけました。
『DOIY』が売り出したこのアイテムは、Instagramビジネスを始めたい、ビギナーの人にはとくに使えるアイテムのように思う。このBOXはインスタで、「...
ファッション業界の課題解決を目的に活動する団体「Fashion for Good」が、オランダ・アムステルダムにインタラクティブな体験ができる博物館をつく...
年齢を重ねるにつれて服装は変わります。20代の頃は似合っていたものが今じゃもう…、なんてのはよくある話。ここでは、「Amerikanki」が紹介した、30...
Instagramが投票率アップを目指して立ち上がりました。
エチオピアのファッションブランド「MAFI MAFI」の洋服は、伝統的な生地や製法が使われていますが、従来のアフリカファッションのイメージに比べるとカジュ...
黒のタートルネックにデニム、足元ニューバランスはジョブズお決まりのスタイルだった。同様に、無地グレーのTシャツ姿は、ザッカーバーグの専売特許。見た目で自己...