「着なくなった洋服」を染め直してお気に入りの一着に!

「ロングライフデザイン」をテーマとするストアスタイルの活動体「D&DEPARTMENT」が、シミや色あせで着なくなった手持ちの服を復活させるプロジェクト「d&RE WEAR(ディアンドリウェア)」を実施。2020年秋冬シーズンの参加受付を今月13日(木)より「D&DEPARTMENT」国内全店で開始した。

このプロジェクトは、着なくなってしまった服をシーズンやトレンドに合わせたカラーに染め直すことで、再びお気に入りの一着として蘇らせてくれるというもの。サービス開始から現在まで計15回開催しており、累計4000着の染め替えをおこなうほど好評を得ているのだとか。

秋冬シーズンのカラーは「チョコレートブラウン」。ダークで赤みのあるブラウンは、その時期らしい印象で、紺やグレーなど濃いカラーを強調したファッションの差し色としても最適だ。

タンスやクローゼットに眠っている“かつて”のお気に入りだって、もう一度袖を通してくれるのを待っているはず。詳細はコチラをチェック。

d&WEAR 2020 AUTUM WINTER 染め直し
©D&DEPARTMENT PROJECT
d&WEAR 2020 AUTUM WINTER 染め直し
©D&DEPARTMENT PROJECT
d&WEAR 2020 AUTUM WINTER 染め直し
©D&DEPARTMENT PROJECT
Top image: © D&DEPARTMENT PROJECT
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

北欧を中心に洋服を販売しているWEBサイト「Carlings」が、「Neo-Ex」というファッションブランドを立ち上げました。実際に洋服を買うことはできな...
トレンドの洋服をリアルタイムで、しかもお手頃価格で販売する「Choosy」。ファッション好きにはたまらない新サービスです!
洋服のように仕立て済みなので、購入してすぐに着ることができるし、家で洗濯もできる新ブランド「JOTARO SAITO composition」の着物。お手...
Instagramにてマスクをして元気を広める活動「MyMaskStyle」が展開中。お気に入りのマイマスクと洋服をコーディネートして「#mymaskst...
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
オンライン上で試着できるサービス「Kimakuri」が、体験版の提供を開始。自分の情報を登録したアバターを利用して、1秒で試着可能です。
アーティストLibby Oliverさんは、複数の人に持っているすべての洋服を身にまとってもらい、シャッターを切りました。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...