プロバイオティクスの利用は、洋服にまで広がった!

プロバイオティクスを含む商品が注目を集めている。やっぱり代表格はヨーグルト、今だったらコンブチャか。いずれにせよ、人間の体にメリットのある善玉菌を取り入れるのは、ひとつの大きなトレンドとも言える。

さて、ここで紹介する「SKIN Ⅱ」。ルックスはコンプレッションウェアだが、その繊維はプロバイオティクスを含んでいる。開発したのは、ファッションデザイナーのRosie Broadheadさん。

小さな小さなカプセルに入れられたプロバイオティクスは、人間の肌の水分に反応し、ニオイの原因になる菌をやっつけてくれる。本当かどうかは分からないが、免疫力を高める効果も期待できるのだとか……。

Top image: © 2019 Rosie Broadhead
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
北欧を中心に洋服を販売しているWEBサイト「Carlings」が、「Neo-Ex」というファッションブランドを立ち上げました。実際に洋服を買うことはできな...
イギリス・ロンドンに、レゴウェアとスナップチャットがAR技術を使って、洋服を置かない洋服屋さんをオープンさせました。
トレンドの洋服をリアルタイムで、しかもお手頃価格で販売する「Choosy」。ファッション好きにはたまらない新サービスです!
アーティストLibby Oliverさんは、複数の人に持っているすべての洋服を身にまとってもらい、シャッターを切りました。
5月21日にアーバンアウトフィッターズが発表した、洋服のレンタルサービス「Nuuly」。月額88ドル(約9500円)を支払えば、最大で800ドル(約8万6...
「Voyage Club」というサービスは、予算と目的地を教えれば、現地の雰囲気とマッチした洋服を用意してくれるんです。ホテルに着いたら、クローゼットに洋...
車イス生活を送る男性のためのファッションブランド「Rock The Wheel」。彼らの目的は、オシャレができて、機能性も兼ね備えた洋服を届けることです。
「NorBlack NorWhite」というファッションレーベルが狙うのは、インドからカルチャー発信をすることです。
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
こんなに近くにあったのに、知らなかった?
アイロンプリントのノリで、手持ちのウェアをカスタマイズできる。
2014年から、カップルで旅をしているAndrewさんとAdrienneさん。今では世界中を転々としながら、彼らが立ち上げた、ファッション企業「The R...
大正14年創業という老舗による自社ブランド。他のブラシを使ったことがないので、大きなことは言えませんが、幅広い繊維に対応できるように馬毛をミックスしていて...
1914年創業の浅草アートブラシ社の大ヒット商品、毛玉取りブラシを買いました。私ももういい年なので、いいものを長く使っていきたいななんて思ったわけです。そ...
個性的な服をうりにしている「By Natacha Baco」。アフリカにインスピレーションをうけているフランスのファッションブランドです。思わず見入ってし...
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
スリランカのファッションブランド「M FACT」。洋服のカラフルさが目を引きます。シルエット自体はシンプルなものが多く、首元が台襟になっていたりバンドカラ...
バレンシアガの洋服のデータを取り込んだAIが、それらの要素分解をして、いくつかの特徴を捉えて新しい洋服を再構成しました。
あなたにピッタリのドレスが見つけられると打ち出している、プラスサイズの女性だけでなく“みんな”をターゲットにしたファッションブランド「Laws of Mo...
世界中でプラスサイズモデルが活躍し、多くのアパレルブランドがどんな人にも似合う洋服をつくっているなかで、NIKEがやってくれました。