スコットランドのこれ、普通に着たい!
一般化する「ヴィーガンファッション」

動物性のものを避ける生活様式「ヴィーガニズム」。そして、それに徹する人のことをヴィーガンと呼ぶのは多くの人が知っている通り。

これを暮らしに取り入れる方法は、菜食主義など“食べる”こと以外にもさまざま。そのひとつがファッション。

最近のトピックとしては、6月1日にスコットランドのエディンバラでオープンした「Treen」に注目。動物性の素材を使用していないファッションアイテムを集めたヴィーガン向けのセレクトショップです。

下に並べたショップのインスタグラムでチェックすると、素材が「ヴィーガンだから」という以前に、色合いやスタイルのかわいいアイテムが揃っているので、普通に着てみたい!というのが素直な感想。日本にも上陸してくれるのを期待しちゃいます。

ひとつの店舗の話だけでなく、今年2月にLAで初めて「ヴィーガン・ファッションウィーク」が開催されるほど、ファッションの分野では一般化が進むヴィーガニズムなんです。

Top image: © 2019 Treen Ltd
6月中旬にスコットランドでオープンした「Saorsa 1875」。客室内はもちろんのこと、部屋の掃除の際に使用されるプロダクトもヴィーガン。供給される電気...
「Social Bite Village」と名付けられたこの村は、ホームレスの人たちが経験しているネガティブサイクルを断ち切るのを目的にしている。
Hellmann'sのマヨネーズがフレーバーになったアイスクリームが登場しました。
この夏ロンドンでは、今年で2回目となる「Bare Fashion」が開催されます。メインとなるのはファッションショー。ランウェイの上を、ヴィーガンの洋服を...
北欧を中心に洋服を販売しているWEBサイト「Carlings」が、「Neo-Ex」というファッションブランドを立ち上げました。実際に洋服を買うことはできな...
毎年アメリカで行われている「Sexiest Vegan Next Door Contest」。エントリーしたヴィーガンの人の中から最もセクシーな人を選出す...
生理用品を手に入れることができないという問題は、発展途上国だけの問題ではない。スコットランドも同じ。自治政府は、問題に直面している女性を救おうと、7月より...
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
2018年のRIBA House of the Yearに輝いたのは、スコットランドの湖のほとりにある「Lochside House」。オフグリッドでソー...
トレンドの洋服をリアルタイムで、しかもお手頃価格で販売する「Choosy」。ファッション好きにはたまらない新サービスです!
アーティストLibby Oliverさんは、複数の人に持っているすべての洋服を身にまとってもらい、シャッターを切りました。
日本各地を走る豪華列車は、ここ数年で急激に増加。列車が単なる移動手段ではなく、旅の目的そのものになりつつあることが分かります。こうした豪華な列車旅、その本...
映画『ウイスキーと2人の花嫁』は、5万ケースものウイスキーを積んだ貨物船SSポリティシャン号が座礁した事件の実話をベースにした物語。ナチス・ドイツによる空...
毎年8月に、スコットランドの首都エディンバラで行なわれるフェス「Royal Edinburgh Military Tattoo 2015」。1950年から...
現在、ノルウェーのみで提供されているヴィーガン向けの「マックナゲット」。ヒヨコマメや人参、じゃかいもやカリフラワー、コーンや玉ねぎが使用されているとのこと...
スコットランドの美しい自然に囲まれて、爽やかな風を感じながら過ごす休日…なんて、考えるだけでうっとりしてしまいそうです。そんなロケーションを、自分のモノに...
スコットランド生まれの、タータン。マフラー、シャツ、スカートなどにも採用される人気の柄ですが、そこには私たちが知らないストーリーがありました。色にまつわる...
ロサンゼルスの学校がヴィーガン給食の提供を予定しています。
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
「Hilton London Bankside」に誕生した、ヴィーガンの人のためのスイートルーム。ヘッドボードやクッション、椅子にはパイナップルの葉の繊維...