3つのトピックから読み取る「信仰の変化」。スコットランド、アメリカ、アイルランド・・・

2015年5月、スコットランド政府が「学校の科学の授業で天地創造論を教えるべきではない」と公式に発表し話題になった。天地創造論とは、神が万物を創造したという考え方だ。しかし、このニュースを見た時に、「そもそも今まで科学の授業で創造論が教えられていたの?」と不思議に思う人も多いのではないだろうか。日本では一般的にダーウィンの進化論が教えられており、宗教的な視点を持つことがあまりない。

しかし、世界的にみれば学校で創造論が教えられていることは珍しい話ではない。日本ではなかなか感じることが出来ないが、とても興味深い違いが海外にはある。

85singo_shutterstock_286427324

アメリカでは
「天地創造説」が多数派?

知っている人も多いかもしれないが、アメリカでは創造論が科学や生物の授業の一環として教えられている。一部の州では、生物の授業で「進化論」と「創造論」のどちらを教えるのが正しいのかを巡って裁判が繰り返されたことも。今でも州によってその方針はまちまちで、教師の裁量に任されている部分もあるようだ。

ちなみに以前、「rrrather」という投票サイトで行われた「何が世界を創造したのか」という質問の結果には多くの注目が集まった。回答の選択肢には「神」と「ビッグバン」の2つが用意されていた。

日本はというと合計2,426票が集まり、その84%が「ビッグバン」と答えている。一方、アメリカでは452,055票が集まり、その58%が「神」と答える結果となった。クリスチャンの多いアメリカでは「天地創造論」は、決して珍しい考え方ではないのだ。

保守的なアイルランドでは
離婚が認められていなかった

85singo_shutterstock_281783237

さらに、宗教が大きな役割を持っているのは学問だけではない。結婚や性別に対する意識についても同じようなことが言える。

2015年5月22日、アイルランドでは国民投票が行われ同性婚が憲法で認められた。同国は保守派のカトリック教会が大きな影響力を持っていることもあり、1993年まで同性愛は違法だった。さらに、1995年までは離婚さえも認められていなかったほどだから驚きだ。そんな保守的な国でこれまでの常識が覆るような法律や憲法が認められたことは、世界的に見ても大きな変化と言える。

近年海外の宗教観も大きく変わりつつある。クリスチャンの比率が高いスコットランドで、政府が創造論を科学で教えるべきでないと判断したように、特に若い世代に関しては、顕著のようだ。

Reference:IFLScience! , CNN , rrrather

アイルランドで同性婚の権利が正式に認められた。5月22日に同国で行われた国民投票は、同性婚を認めるための憲法改正について、その是非を問うものだった。現地メ...
同性愛について、個人の考えや宗教、または政治的、社会的な見解を混ぜてしまうと議論は終わらない。しかし遺伝子的にみるとどうだろう?と説明するのがこの動画。こ...
6月26日、アメリカ合衆国最高裁判所が、同性婚の権利を正式に認めた。今後全ての州で同棲婚が認められ、結婚で得られる税控除などの権利を所有できるようになる。...
ある意味、好きな人にだけとどけばいい。
いまやコーヒースタイルの定番になりつつある「コールドブリュー」。じっくり時間をかけて抽出するわけですが、これをもっと美味しく飲む方法がありました。
海外の人気動画サイト「CUT」。彼らの人気シリーズ「もしも◯◯と××が一緒にマリファナを吸ったら…」。今回集まったのは、この3人。左:ジム(ユダヤ教の指導...
アメリカでは、2004年から2015年に同性婚を合法化した32州のデータを分析したところ、性的少数者の自殺率が14%減少していることがわかりました。同性愛...
結婚式は一生に一度の素敵な時間……と思いきや、24カ国で、24回も結婚式を挙げることにしたカップルがいました。いったいどうして? そこにはちょっぴり深い理...
同性愛者同士が結婚することを法的に認める国が徐々に増えてきている今、一番動きが活発なのはオーストラリアだ。現在、同性婚の合法化の賛否を問う国民投票が行われ...
アメリカ国内では、同性婚の合法化が進んでいる。2014年の10月7日、アメリカにおいて新たに6つの州で同性婚が合法化することが決まった。新たに加わったのは...
デザイン、サイズ、店舗を通して、本当の自分を表現したい全ての人を応援するアパレルブランド「The Phluid Project」。
オーストラリアで同性婚に反対する団体は、IT'S OK TO SAY “NO” (ノーという意見表明をしてもいいのですよ)という意見広告を掲げた。それに対...
1940年代のアイルランド。そこは宗教的圧力と古く保守的な風習によって女性たちが虐げられてきた歴史を持つ。この物語の主人公ローズは、美しいという理由だけで...
2015年6月、アメリカ全州で同性婚が認められたことは大きな話題になりましたが、そこに至るまでは長く険しい道のりがありました。1月30日に公開された『ジェ...
アイルランド憲法が命に危険性がある場合を除いて中絶を禁止していることに対し、女性たちは「妊娠することも中絶することも私たちの人権」というメッセージを伝えて...
先日パートナーと同性婚をした私は、ゲイ業界でここ10年ほど、台湾ブームが来ていたことを肌で感じていた。理由は安直なところで「日本人は台湾人にモテる」という...
ゲイの兵士が逮捕されたり、大統領選の候補者たちが同性愛に対して否定的な発言をするなど、同性愛者にとっては厳しい状況が続く韓国社会。そんな中、各地の大学で、...
花一輪をプレゼント……はキザでも、ワイン1本ならプレゼントできちゃうかも。
そんな簡単な贈り物にするのだっていい、エチケットの花一輪が可憐で愛らしいアルゼ...
動画に写っているのは、ジャクソン5の『サンタが街にやってくる』を、まるで踊るかのようにして手話で歌う3人の女性。見ているだけで笑顔にさせられる動画は、Fa...
同性愛者であると両親に告げるのは、かなりのエネルギーが必要だということは、想像に難くありません。米ニュージャージーに住むKinsey Ratzmanさんも...
東京大学・東洋文化研究所の教授である安冨歩さん。大学卒業直後は住友銀行に就職。働いているうちに「自分自身でないもののフリ」をし続けて生きていることに気づき...
女性ライターのZara Barrieさんが人気を集めている理由は、その赤裸々な語り口調がとてもリアルだから。とくにセックスやLGBTについての記事は、米メ...
一昔前とは比べ物にならないほど、様々な形の家族がある今。「Gays With Kids」と名付けられたウェブサイトがある。ここには、ゲイの家族の幸せそうな...