3つのトピックから読み取る「信仰の変化」。スコットランド、アメリカ、アイルランド・・・

2015年5月、スコットランド政府が「学校の科学の授業で天地創造論を教えるべきではない」と公式に発表し話題になった。天地創造論とは、神が万物を創造したという考え方だ。しかし、このニュースを見た時に、「そもそも今まで科学の授業で創造論が教えられていたの?」と不思議に思う人も多いのではないだろうか。日本では一般的にダーウィンの進化論が教えられており、宗教的な視点を持つことがあまりない。

しかし、世界的にみれば学校で創造論が教えられていることは珍しい話ではない。日本ではなかなか感じることが出来ないが、とても興味深い違いが海外にはある。

85singo_shutterstock_286427324

アメリカでは
「天地創造説」が多数派?

知っている人も多いかもしれないが、アメリカでは創造論が科学や生物の授業の一環として教えられている。一部の州では、生物の授業で「進化論」と「創造論」のどちらを教えるのが正しいのかを巡って裁判が繰り返されたことも。今でも州によってその方針はまちまちで、教師の裁量に任されている部分もあるようだ。

ちなみに以前、「rrrather」という投票サイトで行われた「何が世界を創造したのか」という質問の結果には多くの注目が集まった。回答の選択肢には「神」と「ビッグバン」の2つが用意されていた。

日本はというと合計2,426票が集まり、その84%が「ビッグバン」と答えている。一方、アメリカでは452,055票が集まり、その58%が「神」と答える結果となった。クリスチャンの多いアメリカでは「天地創造論」は、決して珍しい考え方ではないのだ。

保守的なアイルランドでは
離婚が認められていなかった

85singo_shutterstock_281783237

さらに、宗教が大きな役割を持っているのは学問だけではない。結婚や性別に対する意識についても同じようなことが言える。

2015年5月22日、アイルランドでは国民投票が行われ同性婚が憲法で認められた。同国は保守派のカトリック教会が大きな影響力を持っていることもあり、1993年まで同性愛は違法だった。さらに、1995年までは離婚さえも認められていなかったほどだから驚きだ。そんな保守的な国でこれまでの常識が覆るような法律や憲法が認められたことは、世界的に見ても大きな変化と言える。

近年海外の宗教観も大きく変わりつつある。クリスチャンの比率が高いスコットランドで、政府が創造論を科学で教えるべきでないと判断したように、特に若い世代に関しては、顕著のようだ。

Reference:IFLScience! , CNN , rrrather

関連する記事

アイルランドで同性婚の権利が正式に認められた。5月22日に同国で行われた国民投票は、同性婚を認めるための憲法改正について、その是非を問うものだった。現地メ...
同性愛について、個人の考えや宗教、または政治的、社会的な見解を混ぜてしまうと議論は終わらない。しかし遺伝子的にみるとどうだろう?と説明するのがこの動画。こ...
6月26日、アメリカ合衆国最高裁判所が、同性婚の権利を正式に認めた。今後全ての州で同棲婚が認められ、結婚で得られる税控除などの権利を所有できるようになる。...
アイルランド国内で初めての「ノンアルコール・パブ」がオープン。その名も「Virgin Mary」。アルコール0%のビールやワインを飲めるとはいえ、全てのメ...
シングルオリジンのカカオ豆とオーガニックのきび糖だけでつくる、Bean to Barチョコレートの専門店「ダンデライオン・チョコレート」が新たに開発したプ...
北アイルランド議会は今月13日より「同性婚」を認める法律を施行した。初めて認められる見込みの同性婚カップルは、バレンタインデーあたりで結婚式を挙げる予定だ...
1937年、アイルランド北部のグウィドーにある図書館が貸し出した『The White Owl』という本が、82年ぶりに返却されました。借りた本人ではなく親...
アメリカでは、2004年から2015年に同性婚を合法化した32州のデータを分析したところ、性的少数者の自殺率が14%減少していることがわかりました。同性愛...
9月27日のアイルランド・ダブリン空港では、驚くべきことをした男性がいました。
スイスの2月9日の国民投票で、性的指向を理由とする差別を刑罰の対象とする法案が可決された。
4月5日、「Starbucks Coffee Korea(スターバックス コーヒー コリア)」は、2025年までに全店で使い捨てカップを廃止すると発表。使...
ロサンゼルスにあるゲイポルノ専門店「サーカス・オブ・ブックス」。30年以上前から同性愛者コミュニティの居場所を作ってきた本店を通して、LGBTQの歴史を紐解く。
同性愛者同士が結婚することを法的に認める国が徐々に増えてきている今、一番動きが活発なのはオーストラリアだ。現在、同性婚の合法化の賛否を問う国民投票が行われ...
オーストラリアで同性婚に反対する団体は、IT'S OK TO SAY “NO” (ノーという意見表明をしてもいいのですよ)という意見広告を掲げた。それに対...
アメリカ国内では、同性婚の合法化が進んでいる。2014年の10月7日、アメリカにおいて新たに6つの州で同性婚が合法化することが決まった。新たに加わったのは...
結婚式は一生に一度の素敵な時間……と思いきや、24カ国で、24回も結婚式を挙げることにしたカップルがいました。いったいどうして? そこにはちょっぴり深い理...
ここで紹介するのはアイルランドのキュートな農夫カレンダー。社会貢献が目的で製作されました。ちなみに、2019年は10作目の発表なんだとか。(知らなかった!)
LGBTに関する法整備で世界に大きく遅れをとる日本。そんな状況でも、企業が婚姻の平等に賛同するメッセージを発信することは、社会を変える大きな力になるという。
アイルランドには、神々と妖精たちが棲むと言われているが、フォトグラファーPeter Mellerさんの作品を見ていると、それが決して言い過ぎではないことに...
1940年代のアイルランド。そこは宗教的圧力と古く保守的な風習によって女性たちが虐げられてきた歴史を持つ。この物語の主人公ローズは、美しいという理由だけで...

おすすめ記事

3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
前編に続き、ソフトバンク孫社長の元右腕として手腕を振るってきた、プレゼンテーションクリエーターで書家の前田鎌利さんに、「勝つプレゼン」の極意を伺います。前...
平野 宏枝1981年生まれ、ビューティプロデューサー。これまでのキャリアで美容アドバイスをしてきた女性は14万人を超える。顧客の悩みに合わせた「オーダーメ...
「Elite Daily」ライター、Eitan Levine氏による働く母親を持つ娘は、成功しやすいという記事が公開され話題になっています。記事内で取り上...
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
シアトルに拠点を構える広告代理店の創業者にしてCEO、Jayson DeMers氏が、成功するために20代のうちに知っておくべきコトを「Inc.com」に...
20代を振り返って反省したり、将来のことが心配にもなってくる30代。「本当にこのままでいいのか?」と不安が襲ってくるのは、アナタだけではありません。そんな...