今度はアイルランドで
82年ぶりに本が返却

昨年、米ルイジアナ州の図書館で84年ぶりに本が返却されたという話がありましたが、似たような話が今度はアイルランドから。

1937年、アイルランド北部のグウィドーにある図書館が貸し出した『The White Owl』という本。これが、82年ぶりに返ってきました。返却したのは借りた本人ではなくその親戚。部屋の片付けをしていたときに見つかったということ。

そして、この本なんですが、どうやら「珍しい本」らしくインターネットでの販売価格は日本円で約3万4000円の値がついている貴重品。300ページほどしかない本にしては高い……。82年って時間の経過が生んだ価値ってことでしょうね。

図書館の広報は「遅くても返ってこないよりはマシ」とコメントしています。

心当たりがある人は、後ろめたい気持ちを抑えて、今度の週末にでもすぐ返却しに行きましょう。どれだけ長い時間が経っても返ってくるのを待っているようですから。

Reference: Irish Mirror
Top image: © iStock.com/CSA-Archive
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

図書館で借りた本が、うっかり返却期限を過ぎてしまった…。誰しも一度は経験したことがある過ちではないでしょうか。アメリカ・コネチカット州にあるハートフォード...
アイルランド国内で初めての「ノンアルコール・パブ」がオープン。その名も「Virgin Mary」。アルコール0%のビールやワインを飲めるとはいえ、全てのメ...
ここで紹介するのはアイルランドのキュートな農夫カレンダー。社会貢献が目的で製作されました。ちなみに、2019年は10作目の発表なんだとか。(知らなかった!)
「あなたがいちばん感動した本を、ください」。そんな呼びかけをして関東地方のとある森のなかに「青空図書館」を作ろうというプロジェクトが始動した。本の寄贈は、...
バイクギアメーカー「KUSHITANI」とサステイナブルブランド「SEAL」がコラボした廃タイヤチューブをアップサイクルしたバッグギア2製品が発売。
9月27日のアイルランド・ダブリン空港では、驚くべきことをした男性がいました。
イギリスの書店のあるツイートが驚異的に拡散され話題になりました。1991年からずっと売れ残っていた本が、ついに売れたんだとか!

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
PBM(プラントベースドミート)の未来型レストラン「The Vegetarian Butcher」の、世界初コンセプトストアにおいて、都市型農園「アーバン...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...