「人間をだめにするブックアームスタンド」で夏の引きこもりが捗る〜!

外出を控えて家で過ごす時間が増えるなか、快適な読書ライフを過ごすためのアイテムをご紹介。

その名も「人間をだめにするブックアームスタンド」

このブックアームスタンドがあれば、どんな体勢でも本が読める。寝っ転がった状態でも、両手を離した状態でも、これさえあれば夏の“引きこもり生活”が捗ること間違いなしだ。

アームは360度、どの向きにでも動き、ストッパーと紐でしっかり本を固定できるので、前面に傾けても、仰向けに寝た状態で本を顔の真上にセットしても本が落ちることはない。取り付けられるサイズも小説から雑誌スマホタブレットまで幅広く対応可能だ。

さらに至れり尽くせりなのは、ライトが付いていて夜中日当たりの悪い場所でも読書ができること。さぁ諸君、このブックアームスタンドをゲットして、手や腕、首、肩に負担をかけることなく読書を楽しもうではないか!

©2020 ROUNDS
©2020 ROUNDS
©2020 ROUNDS

人間をだめにするブックアームスタンド』

【公式サイト】https://rounds.stores.jp/items/5ece6eb772b91178fbb452d3

Top image: © 2020 ROUNDS
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO」が新業態のカフェ「STAND by bookandbedtokyo」を、8月26日より、JR高田馬場駅...
「KAIDO books & coffee」は、旧東海道品川宿地区の北品川商店街にあるブックカフェ。今も昔も「旅」の玄関口である品川らしく、2階席には旅を...
アップサイクルプロダクトブランド「アマリノ-Amarino-」がバッグや革小物を作る際に発生する本革の残反を再利用した「リユース本革ブックカバー」を販売中。
ブックバスのプロジェクトを立ち上げたのは、インターネットを中心に古本の買取販売を行っている「バリューブックス」。古本の買取と寄付によって本を集め、それを販...
環境にやさしく長期的に使える。「スノーピーク」が先月26日から老舗「京屋染物店」とタッグを組んでつくった手ぬぐい生地のマスクを発売中。
自転車を縦にして飾れるサイクルスタンド、「Vertik」の紹介です。
「スタンドアップコメディは絶対に日本で流行る」と言い切る「おコメディ焼き」代表BJ Foxがスタンドコメディのあれこれ。観客インタビューや注目のスタンドア...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
カンボジア発のエシカルシューズブランド「KINGDOM OF WOW!」が日本上陸。第一弾として、欧米で話題のルームシューズを販売開始。
イスラエルのバイオ食品スタートアップ「Aleph Farms」が「イスラエル工科大学」と共同で、3Dバイオプリンティング技術を利用した培養リブアイステーキ...
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。