店員はホスト。いま最も注目すべき書店が、歌舞伎町にある。

全国で12,526店舗あるという書店(2017年5月1日現在)。お酒を飲みながら本を読むことができたり泊まれたりするなど、購入前でも1冊の本と向き合える場所が増えていると感じる。

去る10月7日、大型書店がひしめく新宿に、異色の輝きを放つ書店がオープンした。歌舞伎町のラブホ街のど真ん中。すぐ真下にホストクラブがあるビルの1階部分。これほどまでに本とかけ離れたイメージを持つ場所に、書店が開いたというのは聞いたことがない。

歌舞伎町にオープンしたのは、「LOVE」をテーマにした本が400冊以上置かれている歌舞伎町ブックセンター。外観はグラフィティで彩られていて、味気ない色のビルが立ち並ぶストリートに立つ姿は、コンクリートに一滴だけこぼれた鮮やかなペンキのよう。

店名からは想像できないが、本物のホストが書店員となって接客してくれる店として、オープン前から注目されていた。

ドアがなく通りに面したその場所は、知らずに通りかかったとしてもふらっと立ち寄ってしまいそう。まるで、カフェのような雰囲気があるからだろうか。

薄暗い入り口で「いらっしゃいませ」と声をかけられ、踏み入れたこともない“ホストの世界”へ導かれるのかも…と勝手に想像していた私は、拍子抜け。と同時に、少し安心した。

3種類のLOVEがある本棚で
愛を深掘り

店内に足を踏み入れると、まず壁一面に置かれた本棚が目に入った。「黒」「赤」「ピンク」の3種類にカテゴリー分けされている。

案内してくれたホスト書店員、霖太郎さんの話によると、「黒いLOVE」の棚には、想像通りドロドロとした内容の本が多いという。

「エロスや愛について書いた哲学書もあります」

見渡してみると、他にも又吉直樹著『劇場』や村上春樹著『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』など、広く世に知られた作品も。

次に、情熱や純愛に関する本が並べられているという「赤いLOVE」の本棚を覗いてみた。

青春小説の古典的名作とも言われている『ライ麦畑でつかまえて』や『むずかしい愛』と題された本が目に入る。

愛と聞いて「男女愛」を真っ先に思い浮かべたが、「家族愛」など様々なカタチの愛に触れる本が配列されていていた。どうやら、広い意味での愛について伝える書店のよう。

最後に「ピンクのLOVE」ももちろんチェック。比較的ピュアで爽やかな読み物を集めたというこの棚には、小説以外の漫画や写真集が目立っていた。

どの本を手に取ろうか目移りしていると、「蓋を開けてみたら純愛という作品もあるので、カテゴリーは目安として見ていただければ」という霖太郎さんの声が。

結局、難しいことを考えず手にとったのは、映画にもなった詩集だった。

都会を好きになった瞬間、
自殺したようなものだよ。

塗った爪の色を、
きみの体の内側に探したってみつかりやしない。

夜空はいつでも最高密度の青色だ。
ー『夜空はいつでも最高密度の青空だ』「青色の詩」より抜粋

ふと、開け放たれた店舗の出入り口の方へ目をやった。あと少しで暗くなろうとしている空が、ビルとビルの隙間から覗いて見える。巷によく聞く、愛や欲望にまみれた歌舞伎町の街。そしてそれを包み込むような空。両方見えるここからの景色も私は好きだ。

「今の自分に必要な本」が
見つかる場所

気になる書店員だが、まずは、立候補した3人のホストとエプロンをつけた“ホステス書店員”が中心となって接客してくれる。

ただ本を薦めるだけではなく、訪れた人のニーズに合った本を紹介してくれる。例えば、悩み事がある人には「似ている境遇を体験している主人公が登場する本」、考えが行き詰まっている人には「その人とは違う見方で愛について語っている本」

なんと恋愛相談もアリみたい。「いいんですか?」と口走ると、「他の本屋では絶対ありえないので、それもここの付加価値だと思います」と、霖太郎さんが笑顔で返してくれた。

書店にはカフェが併設されていて、食事をしながらゆったり楽しめる。

立ち上げに携わった草彅洋平さん、手塚マキさん、柳下恭平さん。

帰り際、店を出るのが惜しくなった。まだ読みたい本はたくさんあるし、何よりも想像以上に居心地が良かったから。

近日公開予定のインタビュー記事は、本書店についてより深く知れる内容となっている。オーナー手塚マキさんやプロデューサー草彅洋平さんに、立ち上げの裏話などについて語ってもらった。

【店舗情報】
歌舞伎町ブックセンター
・住所:東京都新宿区歌舞伎町2-28-14
・営業時間:11~17時
・定休日:なし

Photo by Koki Yamasaki(TABI LABO)
ホストが書店員ということで、オープン前から話題を集めていた「歌舞伎町ブックセンター」。その裏にある熱い思いについて手塚マキが、この書店でしか提供できない価...
今回は歌舞伎町にある「アインソフリプル」。ヴィーガンハンバーガーが食べられるこちらのお店。なのにハンバーガーのお肉が本物みたい!と口コミで人気やねん。気になる!
直感を頼りに、<ホストから旅人、そして神主>の道を歩んで「自由奔放と言われることも多いけれど、紆余曲折の連続だった」と言う玉置 彰彦さんが、人生に迷いを抱...
「東京アイスクリームランド」に続く第2弾。今回は「東京ドーナッツランド」です。場所は新宿区歌舞伎町。開催期間は11月1日〜18日です。
少量の野菜に特化した「ぬか床キット」が登場。これ、一人暮らしにはうってつけかも。
イギリスの書店のあるツイートが驚異的に拡散され話題になりました。1991年からずっと売れ残っていた本が、ついに売れたんだとか!
『007』に『ミッション:インポッシブル』、アジア発なら『インファナル・アフェア』も…映画のなかのスパイって本当に魅力的。男性なら一度は憧れます。さて、そ...
毎年この時期になると、世界各地で国際的なブックフェアが開催される。なかでも『NY Art Book Fair』はアメリカを代表するブックフェアで、アーティ...
2016年1月10日(日)、京都・岡崎に国内6店舗目となる「蔦屋書店」がオープン。西日本では「梅田 蔦屋書店」に次ぐ2店舗目。主に関西人から熱い視線が注が...
本を選ぶ時、書評欄や書店員さんなど誰かのオススメから選ぶ方は多いでしょう。しかし、今や本もAIがオススメしてくれる時代なんです。ということで話題のAI書店...
わざわざペーパーカップの型から作り、長崎県の伝統工芸「波佐見焼」で仕上げた「ペーパーカップタンブラー」。“コーヒーを飲む以外でも楽しむ”をコンセプトに掲げ...
代官山 蔦屋書店で2017年11月19日(日)まで行われている『「奈良の木」のあるくらし ~森からの贈り物~』。蔦屋書店のコンシェルジュと、日本を代表する...
今月12日(火)、売れっ子ホストや人気スナックママと1対1で語り合えるオンライン通話サービス「fumfum(フムフム)」がデビュー。まずはbeta版での運...
ジョバンニ・ボッカチオの作品「デカメロン」をモチーフにした、BookCafe&Bar「デカメロン」がオープン。店内では、お酒を中心としたメニューの提供やア...
ブックバスのプロジェクトを立ち上げたのは、インターネットを中心に古本の買取販売を行っている「バリューブックス」。古本の買取と寄付によって本を集め、それを販...
「KAIDO books & coffee」は、旧東海道品川宿地区の北品川商店街にあるブックカフェ。今も昔も「旅」の玄関口である品川らしく、2階席には旅を...
歯ブラシの機能向上は日進月歩。ただの電動歯ブラシでは、もう満足できないアナタにおくる「かしこい歯ブラシ」をまとめてみました。
「VANTERTAINMENT FES vol.0」は、滞在場所もエンタメブースも、車中泊仕様のバンで完結する完全移動式テーマパーク。
「銀座 蔦屋書店」がオンラインならではの魅力が詰まった「銀座 蔦屋書店の陶器市」を開催。厳選された4ブランド&6名の作家の共演は6月27日(土)まで。
ひとくちに「本屋さん」と言っても、いろいろあります。セレクトが魅力的な小さな書店に、品揃え豊富な大型店舗、なかにはお酒が飲めたり、泊まれたりする場所もあっ...
これさえあれば夏の引きこもり生活が捗ること間違いなし!寝っ転がった状態でも、両手を離した状態でも本が読めるアームスタンドをご紹介。アームは360度動き、ス...
本を選ぶ基準は何でしょう?まずは、装丁のデザインを見て、本のタイトル、著者などなど、いくつかチェックしていく要素がありますよね。オーストラリア国内に7店舗...
入場料(1500円)を払って入店したら、何時間でも滞在できる。文学、雑誌、漫画など3万冊の本があり、喫茶店もあり、本好きにはたまらない空間です。もちろん本...