なぜ、直感に従って生きるべきなのか?──ホストから宮司へ導かれた彼の答え

 

やりたいことがたくさんあったはずなのに、
時間がたつほど『やらない理由』を集めてしまうようになる。

僕は意志が強いほうではないから、
そうなってしまうともう動けないんですよね。

だから、『やらない理由』が生まれる前に動き出すことにしているんです──。

“直感に従う生き方”を、
貫き通した40年

直感は、神様がカンニングペーパーをチラ見せしてくれた状態だと思うんです。答えが見えるのは一瞬だけ。

そう語るのは、玉置 彰彦(たまき あきひこ)さん。

20歳の時に歌舞伎町ホストとして活躍し、その後は旅人になり世界中を旅する10年間。旅中に違和感を抱き続けてきたのは、「なぜ海外で、自国のことを誇る日本人が少ないのだろう?」ということだった。そもそも、日本とはどういう国なのかを、心底理解出来ているのだろうか?

文化や思想、日本という国をつくっている“根幹の部分”を、自分の言葉で語れるようになりたい。そんな想いが生まれた瞬間をキャッチして、彼は帰国してから神道にまつわる仕事に就くことを決意した。明治神宮で奉職に就き10年勤めた後、2年前から北海道ニセコ町に移り、現在は狩太神社の宮司を勤めている。

直感を頼りに、<ホストから旅人、そして神主>の道を歩んで「自由奔放と言われることも多いけれど、紆余曲折の連続ばかりだった」と言う彼が、人生に迷いを抱える20代に向けて、こんな話を聞かせてくれた。

職を変えても生き方を変えても
「自由になる」わけじゃない

会社員が窮屈だから、パン屋になる。東京が疲れるから、北海道に行く。そうすることで、『自由』を手に入れられるかというと、実はそうでもない。

何をどう変えても、責任や義務は付きまとう。しがらみがなくなるのではなくて、責任や自由の形が変わるだけ。

「神社に手を合わせても願いが叶わないから、もう来ない」って声を聞くことがあるんです。厄年も同じで、「お祓いしたのに、全然良い1年じゃなかったぞ」って。

それと似ているなと思っていて、手を合わせて神様にお祈りするだけでどんな希望も叶えられる、なんてことはやっぱりないんです。

厄年とは、
自分の“役まわり”を考える年

厄年の“やく”は、災いのことだとばかり思ってしまうけれど、“役”だと考えてみてほしいんです。

厄年は、神様から役職をもらっているんだと思います。人は生きていると、どうしても自分本位に物事を考えてしまいがち。だからこの1年は、社会がもっとより良くなるために、周りの人がもっと幸せになるために、考え抜いて生きてみる。

この世界における、自分の役割ってなんだろう?って改めて向き合って、役まわりを見つける機会を与えられているのだと。

神社に来て、お参りをすることがなぜ大切なのかと言うと、神様の前で目を閉じて、手を合わせることで、今の自分が望んでいること、感謝すべきことと向き合う時間になるからだと思うんです。

Photo by ARISAK

まずこの場に立って、手を合わせられていることに、感謝してみる。毎日、いいことも悪いこともあって、苦しい時期かもしれないけれど、まずは何事にも感謝する気持ちをつくることができる。

そういう柔らかい心で、謙虚に、過ごしていける人には自然と、“運”がついてくるものです。祈ることは、「感謝すること」。

神社というのは、自分に気付きを与えてくれる場所で、鏡のように今の自分を映してくれる存在が、神様というものだと思っています。

決断するってことは、
「なにを断つか」を決めること。

自分の心とできる限りで向き合った後に、今の自分や属している環境を何か変えなくてはいけないと思うのであれば、まずは『なにを断つか』を決めましょう。

時間は誰にとっても有限で、今この時に自分にしかできない役まわりを掴み取る自分でいるために。神様が見せてくれた一瞬の答えを、逃さない準備をするということは、決断するってこと。

自分自身で決めて動くことの、繰り返しを恐れないこと。

心と向き合いつづけることも、感謝しつづけることも、とても難しい。だから人は手を合わせて祈る、つまり、神様を通して自分をみる時間が必要なのだと思うんです。

Photo by Mami Higuchi (TABI LABO)
ホストが書店員ということで、オープン前から話題を集めていた「歌舞伎町ブックセンター」。その裏にある熱い思いについて手塚マキが、この書店でしか提供できない価...
ホストが書店員として接客し、且つそれぞれの客に合う本をおすすめしてくれる。「LOVE」をテーマとしていて、「黒いLOVE」「赤いLOVE」「ピンクのLOV...
リトアニア出身の男性Jacob Laukaitisさんは、タイを旅行中に飲酒運転の車に跳ねられる大きな事故に巻き込まれてしまいました。生還した彼は、痛々し...
Jess Livelyさんは、コーチングや自己啓発のエキスパート。そのJessさんが大事にしているのは、頭で考えるだけではなく、自分の直感を信じて決断して...
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。
久しぶりに訪れた兵庫県・神戸市で、地元の人に案内してもらった老舗洋食店が忘れられません。三宮・生田ロードにある「欧風料理 もん」。昭和11年創業の老舗洋食...
ポーランド出身のアーティストであるMariusz Kedzierskiは、25年前に手を持たずに生まれてきました。手のない彼が、人々の顔を描いて「諦めずに...
ホラー映画や心霊現象映像など、とにかく苦手な私。ありきたりな答えだけど、「怖い」のだ。ただ、フォトグラファーのFrank Machalowskiによる心霊...
生きていれば人との付き合い方や、そもそもの生き方など、考えさせられることは多いはず。人生に迷ったとき、私たちは何を信じて生きていけばいいのでしょうか?ここ...
「人生80年」とはよく耳にする言葉ですが、となると40歳はちょうど中間地点です。まさに今!というあなた(特に男性)はぜひこの記事を読んでみてください。男性...
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
ノマド(遊牧民)神主であり、ラッパーとしても活躍するシシドヒロユキさんの著書『シン・ヤマトコトバ学』(光文社新書)は、漢字が伝来される前よりあった日本のネ...
人生は、なかなか自分の思い通りにはいかないもの。生きることは、楽じゃないのが当たり前で、うまくいかずに苦難ばかり多いことが普通なのです。でも、「楽じゃない...
生きていればいろいろなことが起こります。辛いことも、悲しいこともありますが、ちょっと視点を変えれば、その出来事は人生の大切な教訓になるかもしれません。「T...
誰もがずっと若くいたいと思って、長生きをする。それは医療の発展で無理に長生きする方法だってある。できれば長く生きたいが、その一方で、命限りある人生に一定の...
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
「生きるために食べよ、食べるために生きるな」これは、古代ギリシャの哲学者ソクラテスの有名な言葉。忙しい毎日を過ごしている、現代人に響くものではないでしょう...
哲学、教育、政治、アインシュタインは何を感じながら生きていたのか。人生論というよりは、社会をみていた彼の観点から、ハッとさせられる名言を「I Heart ...
海外に行きたいけどお金がないって、多くの人がぶち当たる問題だと思います。どういう旅にしたいか、にもよりますが、何か人生を大きく変えるための手段として、お金...
「強烈な原体験」は人を支え、人生を正しくデザインしてくれる。自分の内なる原体験を軸にしている人は、さまざまな制約から「自由になれて、シンプルに生きられる」...
「予感」「第六感」「虫の知らせ」なんていう言葉はたくさんありますが、そもそも直感はどこまで信じられるものなのでしょうか。なんだか不思議な力が働いているので...
生きる目的や意味を探し続ける、人生なんてそんなものなのかもしれません。ふとした瞬間に思う「生きる意味」。それを歴史に基づいて分かりやすく説明したコンテンツ...
「自分の人生は、自分のもの」。当たり前のことのように思うかもしれませんが、日々忙しくしているうちに、自分で自分の人生をコントロールできなくなってしまうもの...
なんせボウイは時代時代で、めまぐるしく変化するタイプのミュージシャンだ。捉えどころがないと言えばその通り。