退屈な生き方よグッバイ!「自分らしく生きてこそ」な10の理由

世の中を動かすのは、いつだって個性的な変人たちだ。他人の意見に耳を傾けてばかりで、その度に自分の体幹が崩れるようでは、真の「自分らしさ」なんて出せっこない!

こうまで豪語するのは、「Elite Daily」でも多くの支持を集める女性ライターGigi Engle氏。一皮むけたい…そう感じている人には、意外に腹落ちできる内容かも。

01.
流れに逆らえる人は、
リーダーとしての資質アリ!

他人の言動に流されながら行動した結果、トップにまで登りつめた偉人が未だかつていただろうか?人の上に立つ人物とは、たとえ彼らの信念が前衛的すぎたり、賛同を得られなかったとしても、意見を広めることを諦めない人。アイデアを持っている人間は、つねに何かを変える力を持っているのです。

02.
個性のない人生は、
時間とエネルギーの浪費

自分史上最高の私。どんな時もそう思い続けるためには、個性を変えたりしないこと。だって「自分らしくいる」ことほど、ハッピーでワクワクさせることはないはずだから。別人格でいることは、時間とエネルギーをただムダにするだけのこと。その時間とエネルギーを人生で成功するために使う方が、よっぽど建設的でしょ?

03.
ルールは
自分でつくってこそ!

期待される通りに行動していたら、誰かを驚かせることはできません。モノクロの世界に足を運んで、そこをたくさんの色で染めるくらいでなきゃ。

いくら個性的な「お洒落」をしても、それが誰かの猿マネだったら、結局際立つことはできません。それと同じように、誰かが決めたルールに従っていたら自分のルールなんて絶対に決められない。

04.
他人からどう思わるか、
それの何が重要なの?

他人の評価を気にしていたのは、従来的なモノの考え方。「自分らしさ」こそが現代に求められているスタイルです。社会が決めた“小さな箱”に収まる必要なんてない。他人が考えていることを気にしていては、本領発揮はあり得ませんよ。

05.
成功への唯一の道は、
自分を犠牲にしないこと

仮面の裏に本心を隠していては、成功への道を見失うだけ。「こうあらねばならない」なんて思う人物を演じながら、どうやって大切なものに心血を注ぐことができるのだろう。何かにフィットしようと、自分を犠牲にしないこと。

06.
性格を偽り続けることは不可能

自分じゃない自分を演じるだけでは、いつかあなたを受け入れてくれる友人は一人もいなくなってしまいます。なぜなら人間には、猟犬のように他人の嘘を嗅ぎ分ける力があるからです。一度でも「嘘つき」という評判が流れてしまったら、仲間たちからの敬意を勝ち取ることなんてできません。

07.
“生涯の友”を
見極めることができる

もしも仮に、偽りの自分が通用したとしても、そんな人と一緒にいたいと思いますか?これは友人を見極める、ある意味テストみたいなものかもしれません。あなたらしくいる時でも、かたわらにいてくれる人こそ真の友。都合のいい時にだけ、ひょこひょことやって来るような友人とはおさらば。

08.
「自分じゃない自分」
を演じるのは疲れる

違う誰かに自分を演じ続けることは、想像以上に体力を消耗するはずです。周囲に合わせるだけでは、人生は楽になんてなりはしないのと一緒。だったらもっと、自分の思うままに生きてみませんか?

09.
全員から好かれたい。
そもそもこれが間違い  

誰かに嫌われること、評価されることを怖れて多くの人が本当の自分を隠してしまうのです。トラブルを避けるために個性にフタをする。

でも、どんなに隠すことが上手くたって、あなたのことをキライな人は世の中一人や二人いるものです。だったら、どうしてわざわざ自分でない自分を装う必要があるの?みんなから好かれる必要なんて、そもそもある?

10.
結局、私になれるのは
ただ一人、私だけ!

もしも、誰かが私になろうとしたところで、同じくらいに面白いか、誠実か、魅力的か、興味を引く人物でしかないはずです。それって、そもそものあなた自身。けれど、何もしなくたってあなたは100%の自分自身からスタートできる。つまり、ちょっとの努力で120%にも200%にもなれる。

結局、自分らしくあり続けることに、他人がどう思うかなんて関係ないんですよ。

Licensed material used with permission by Elite Daily
イラストレーターのRobin Eisenbergが描くのは、サイケデリックな女性たちの日常。現実にはあり得ないシーンなんだけど、こんな生き方ができたら退屈...
キャリアウーマンだった女性が、出産を機に「退屈」の中に溺れてしまう……。よくある話です。BBCニュース記者であったアメリカ人のマヌーシュ・ゾモロディさんも...
リトアニア出身の男性Jacob Laukaitisさんは、タイを旅行中に飲酒運転の車に跳ねられる大きな事故に巻き込まれてしまいました。生還した彼は、痛々し...
ブルーチーズと発酵バターのソフトクリームが楽しめるフランス生まれのチーズ&バター専門店beillevaire〒106-0046 東京都港区元麻布3丁目11...
スパイシーなコロッケ×8種の野菜×ピタパン中目黒にオープンした、ファラフェルサンド専門店Ballon〒153-0061 東京都目黒区中目黒3丁目2-19 ...
一生忘れない旅を君はしたことはあるだろうか?「ある」と答えた人はきっと、この先の人生は大丈夫なはず。「ない」と答えた人には、「絶対にそんなことはないはずだ...
『7つのステップでスマホを手放す 退屈すれば脳はひらめく』(NHK出版)の著者であるマヌーシュ・ゾモロディさんは、バリバリ仕事をこなすBBCのニュース記者...
ブレない強さを持っている人の特徴を5つまとめた記事。これに当てはまるあなたはきっと、人生で達成したいことが決まっていて、それに辿り着くにはどうしたら良いか...
「だって~」「でも~」「どうせ~」「〜だから」…このようにDがつく言葉が口癖だというアナタは注意してください。なぜなら、この前後につく言葉は決まって「言い...
「Helios Touch」は、一つひとつは小さな六角形のライトですが、それらを組み合わせて、自分が好きなカタチにできるというのが特徴。要するに、モジュー...
「強烈な原体験」は人を支え、人生を正しくデザインしてくれる。自分の内なる原体験を軸にしている人は、さまざまな制約から「自由になれて、シンプルに生きられる」...
「人生なんてそんなもんだよ。」なんて聞きたくないし、絶対言いたくない!そんなあなたならもうやってるかも?ここでは、毎日自分の心に問いかけたい7つの質問を紹...
どんなに辛いことがあっても「やはり前向きに生きることが大切」なのだと実感させてくれる記事を紹介。ここにある17のことを、ひとつづつ取り入れていくと、人生へ...
「人間は、自分が幸福であるということを知らないから、不幸なのである」とは、 ドストエフスキーの言葉。幸せは、何気ない日常の中にあります。普段気づいていない...
保護性もデザイン性も機能性も大事だけど、カスタムして遊ぶっていう感覚もアリだと思います。
周囲から決して嫌われてはないのは確か、でも多くの人から理解してもらっていると思えない…。このように感じている人は、あまりに強い個性をもっているからかもしれ...
「しあわせ」が、どこか遠くにあるものだと思っていませんか?大切なのは、まず考え方を変えることです。「Elite Daily」の人気ライターPaul Hud...
何かに流されながら、なんとなく生きていませんか? 面倒だから今この流れに乗ってしまおう…なんて考えていると、表面上は取り繕えていても、後でつらい思いをする...
ビューティプロデューサーとして、これまで14万人もの女性にアドバイスを実践してきた平野宏枝さん。そんな彼女が、LAと日本を行き来するなかで見つけた「自分も...
直感を頼りに、<ホストから旅人、そして神主>の道を歩んで「自由奔放と言われることも多いけれど、紆余曲折の連続だった」と言う玉置 彰彦さんが、人生に迷いを抱...
「ほめ日記」を知っていますか?読んで字のごとく、日記を書くときに自分を「褒める」というものです。これをすることで、現代人が抱えやすいストレスが解消され、今...
ユニークで個性豊かな人を見ると、自分もあんなふうになってみたいなと思うことがあると思います。個性的な人といっても、いったいどんな特徴を持っている人が個性的...
マイナス思考は、人生をつまらなくします。ネガティブなことに振り回されずに生きていけたら、人生は今より楽しくなるに違いありません。でも、どうすれば自信が持て...