AirbnbやUberで、月にいくら稼げるのか?

欧米を中心に、シェアリングエコノミーが急成長してから約10年。部屋や車など、空いたスペースを有効活用してお金を稼ぐ人も増えているけれど、本当のところどれくらい稼げるんだろう?

会社勤めを辞めて、本業としている人もきっと世界のどこかにはいるはず。6月に2年間分のユーザーデータ(匿名)をもとに、「Earnest」が割り出した月収予想を見てみよう。

題して、アメリカ人は"シェアサービス"でいくら稼いでいるのかリサーチ!

【Airbnb】

B4236d7cdc6dfac4e6d6cf3860914d25556bf65b

平均値:約102,000円 
中央値:約48,000円

1万円〜5万円が38%、5万円〜10万円が22%、20万円以上が10%という結果。部屋の価格や、何日間貸し出すかにもよるけれど、月に4万円ならあくまで副業(お小遣い稼ぎ?)の感覚であって、ホスト1本で生活していくのは思った以上に厳しそう。

【Uber】

E6e1073cf69898b30cd03c9a9a602d856d7f4d58

平均値:約53,000円
中央値:約17,000円

人を乗せて運転するリスクを考えると、思ったよりも厳しい額に感じてしまった。アメリカではもう当たり前のように利用されているけれど、日本ではまだカーシェアリングは「白タク行為」と見なされてしまい、実現出来ずにいる(Uber専用、または一般タクシーの配送サービスは導入済み)。たとえ合法と認められたとしても、警戒心から利用者はあまり見込めなそうな気もするが…。

【Etsy】

E819f97c98480cc83f685d24c5ac0c17306ae303

平均値:約16,000円
中央値:約4,000円

0円〜10万円が全体の7割と言うから、副業とするのはかなり難しそう。けれど、日本で知名度の高いハンドメイド販売サイト「minne」では、月に10万以上売り上げている人が、およそ1,200人以上いるという話も。サービスの種類によっては、もう少し稼げる可能性もアリ。

ラクして稼ぐ道はなし?

この調査では、Airbnbのホストは約3倍の稼ぎがあるという結果になった。あくまでアメリカでの話だから、日本にもぴったり当てはまるワケでない、ということだけは付け加えておく。

それにしても、フタを開けてみれば「簡単に稼げる」とは、なかなか言えないのが現実のように感じてしまう。本気でシェアサービスで収入を得たいと思ったら、うまく利用している人のスケジュールや、販売・利用価格をリサーチしたり、自分にとって何が一番効果的かを見極めるスキルが肝になるだろう。

無論、それが上手な人は、どんな仕事においても成功しているだろうけど。他のサービスの月収予想は、こちらからドウゾ

Licensed material used with permission by Catherine New, Earnest
自動運転の技術は日進月歩。以前にも、自動で動くゴミ収集車やスーパーマーケットを紹介しました。ここでテーマになるのは、Uberによって進められる自動運転技術...
「The Wall Street Journal」によると、2016年1月17日に開催された「Digital Life Design」において、ヨーロッパ...
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。
2016年8月、ついにアメリカのカリフォルニア州ピッツバーグで、自動運転の車が実際に公道を走り始めました。走っているのはUberが運営するもので、車種はボ...
サンフランシスコに拠点をおくメンズアパレルブランド「Eison Triple Thread」は、先日テクノロジーを最大限に活用したサービス「Fits」を始...
南半球の島国にある“小さな村”に行くと、まるでホビットになったかのような気分に浸れます。いや、冒険に出るような気持ちになるのかも。
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。
Airbnbが2016年11月にローンチした新サービス「トリップ」の一環として話題を集めている「体験」。宿泊だけではなく、旅そのものをユニークなものにする...
都市生活に、多くの変化をもたらしている配車サービス、Uber。先日、大幅なアップデートが発表され、使い心地がガラッと変わるそうです。シンプルになったインタ...
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
少し前にリリースされた「空飛ぶタクシーで時間をかけずに出勤できる!」なんていう、SFのようなニュース。アメリカの配車アプリを運営する「Uber」は、空飛ぶ...
海外ではすっかり身近な存在になってきたUberのタクシーサービス。誰でもドライバーになれるから、いろいろな人との出会いがあります。でも、アプリで颯爽とUb...
シンガポールでβテストが行われているシェアリングキックスケーター「Scootbee」の紹介です。
グラフィックやテキスタイル、ファッションのための色見本帳を提供している、PANTONE。そのPANTONEが発表した、2017年のカラーは「緑」です。自然...
「大きな災害がきた時のために備えましょう」。この言葉が心からピンとくる人は、どれくらいいるでしょうか。備災を自分ごととして捉えやすくなるアイテムに、美味し...
「仕事が忙しすぎて、部屋の掃除や洗濯ができない…」「大きな本棚を買ったんだけど、思ったより組み立てが難しくて…」普段の生活で、こういった“ちょっとした困り...
スウェーデンが福祉大国で、しかも平等主義であることは知っていました。だとしても、今回の発表には「まさかここまで…」と驚かされたのと同時に、またひとつ、この...
新宿にできた、新しいAirbnb東京オフィスのワークスペースが発表されました。同社といえば、サンフランシスコ本社の倉庫を使った4階建吹き抜けオフィスが話題...
Airbnbが新たに始めた取り組み「Airbnb Kitchens of Asia」。旅先で、ローカルの食材や料理法を楽しみながらステイしてほしいと、アジ...
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
アメリカでは、大物アーティストがドライブをしながら熱唱する番組「カープールカラオケ」が流行っていますが、一般人も負けていません。ここでは、見ているほうまで...
中国の都市部では自転車のシェアリングがみるみる広がっています。今夏、日本国内でも札幌でローンチされ話題となった『Mobike』のオレンジ自転車をはじめとし...
テクノロジー×伝統。聞き慣れたフレーズかもしれませんが、「Airbnb×吉野杉」の組み合わせと聞いたら、素通りするわけにいきません。この2つがタッグを組ん...