AirbnbやUberで、月にいくら稼げるのか?

欧米を中心に、シェアリングエコノミーが急成長してから約10年。部屋や車など、空いたスペースを有効活用してお金を稼ぐ人も増えているけれど、本当のところどれくらい稼げるんだろう?

会社勤めを辞めて、本業としている人もきっと世界のどこかにはいるはず。6月に2年間分のユーザーデータ(匿名)をもとに、「Earnest」が割り出した月収予想を見てみよう。

題して、アメリカ人は"シェアサービス"でいくら稼いでいるのかリサーチ!

【Airbnb】

平均値:約102,000円 
中央値:約48,000円

1万円〜5万円が38%、5万円〜10万円が22%、20万円以上が10%という結果。部屋の価格や、何日間貸し出すかにもよるけれど、月に4万円ならあくまで副業(お小遣い稼ぎ?)の感覚であって、ホスト1本で生活していくのは思った以上に厳しそう。

【Uber】

平均値:約53,000円
中央値:約17,000円

人を乗せて運転するリスクを考えると、思ったよりも厳しい額に感じてしまった。アメリカではもう当たり前のように利用されているけれど、日本ではまだカーシェアリングは「白タク行為」と見なされてしまい、実現出来ずにいる(Uber専用、または一般タクシーの配送サービスは導入済み)。たとえ合法と認められたとしても、警戒心から利用者はあまり見込めなそうな気もするが…。

【Etsy】

平均値:約16,000円
中央値:約4,000円

0円〜10万円が全体の7割と言うから、副業とするのはかなり難しそう。けれど、日本で知名度の高いハンドメイド販売サイト「minne」では、月に10万以上売り上げている人が、およそ1,200人以上いるという話も。サービスの種類によっては、もう少し稼げる可能性もアリ。

ラクして稼ぐ道はなし?

この調査では、Airbnbのホストは約3倍の稼ぎがあるという結果になった。あくまでアメリカでの話だから、日本にもぴったり当てはまるワケでない、ということだけは付け加えておく。

それにしても、フタを開けてみれば「簡単に稼げる」とは、なかなか言えないのが現実のように感じてしまう。本気でシェアサービスで収入を得たいと思ったら、うまく利用している人のスケジュールや、販売・利用価格をリサーチしたり、自分にとって何が一番効果的かを見極めるスキルが肝になるだろう。

無論、それが上手な人は、どんな仕事においても成功しているだろうけど。他のサービスの月収予想は、こちらからドウゾ

Licensed material used with permission by Catherine New, Earnest
Uberが、米デンバーでアプリを介し、バスや電車の時間、乗車料金、さらにはチケットを購入できるサービスを開始。人々の「移動」を最大限快適にしようというもの。
Uberがムンバイの交通渋滞を緩和するための施策を発表しました。それが「Uber Boat」です。
タクシーやライドシェア、便利な宅配サービスなどで知られるUberが、サブスクリプション型の月間パスの試験導入を開始したようだ。Uberが仕掛ける「サブスク...
ミネソタ州ミネアポリスに暮らすNaCole Schutzさんは、息子さんが学校に行くのにUberを使っていると言います。予定通りにスクールバスが来ないから...
価格競争が激しくなっている現代社会において、安さだけでなく利便性という軸をプラスオンすることで、圧倒的な地位を築いたUber。タクシーとのさらなる差別化を...
「Uber」が開発を進めている空飛ぶタクシーサービス「Uber Elevate」。プロジェクトのパートナーである「Bell Helicopter 」が、先...
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
タクシー配車サービスを運営するUberが大胆な発表をしました。優秀なドライバーの大学授業料を肩代わりするとのこと。
配車アプリのUberが今月大規模なリブランディングを実行。新しいロゴや独自のタイポグラフィやアイコンの開発など本気度が伺えます。
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。
「Airbnb」の新しい体験カテゴリー「アニマル体験」のローンチに合わせ、KISSがホホジロザメのためにコンサートを開催!
先月18日、デトロイトでおこなわれた「Forbes 30 under 30 Summit」にて発表されたのは、「Uber Eats」向け配達用ドローンのデ...
自動運転の技術は日進月歩。以前にも、自動で動くゴミ収集車やスーパーマーケットを紹介しました。ここでテーマになるのは、Uberによって進められる自動運転技術...
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。
「The Wall Street Journal」によると、2016年1月17日に開催された「Digital Life Design」において、ヨーロッパ...
2016年8月、ついにアメリカのカリフォルニア州ピッツバーグで、自動運転の車が実際に公道を走り始めました。走っているのはUberが運営するもので、車種はボ...
Airbnbが2016年11月にローンチした新サービス「トリップ」の一環として話題を集めている「体験」。宿泊だけではなく、旅そのものをユニークなものにする...
Airbnbが遺伝子検査会社の「23andMe」とコラボして新たなサービス展開を発表。23andMeを介して得た自分のルーツについての結果から、Airbn...
ここで紹介する『アイカサ』は、傘のシェアリングサービス。ゲリラ豪雨でも、台風でも、ビニール傘を買わなくて大丈夫なんです。