「世界中に家を」。アメリカ入国禁止令を受けた人たちへ、Airbnbが支援

米・大統領に就任したドナルド・トランプは先日、イスラム圏7カ国からの渡航者を、米国内に入国させない、という大統領令に署名しました。指定された7カ国の旅行者は航空機に搭乗できないなど、混乱が続いていると各所で報じられていることはご存知の方も多いでしょう。

実際、この大統領令に対する反応はさまざまです。Googleは海外出張中の社員へ帰国を促し、Facebookも懸念を表明。スターバックスは難民の積極的な雇用を行うとし、Amazonも指定7カ国の国籍を持つ社員を支援する、と明かしました。

無償で住居を提供

そんななか、旅プラットフォームのAirbnbが行った取り組みは、大統領令で影響を受けた難民や入国を拒否された人たちに無償で住居を提供する、というもの。

Airbnb共同創業者のBrian Chesky氏は、Twitterで次のようにコメント。

「特定の国の人や難民をアメリカに入国させない、というのは正しくない。この影響を受けた人のために立ち上がらなくてはならない」

「開かれたドアは、アメリカをひとつにする。閉ざされたドアはアメリカをバラバラにする。人々を切り離すのではなく、繋げる方法をみんなで考えよう」

世界は分断されるのか
繋がるのか

Airbnbはこのサービスの提供開始に伴い、難民とアメリカへの入国を拒否された人たちをホスティングする人を募集しています。

インターネットやSNSの普及で急速にグローバル化し、ひとつに繋がりつつあった世界が再び分断されるのではないかと危惧される今、情報技術を背景に登場した多くの企業が反発の意を表明しているのも自然なことなのでしょう。ドナルド・トランプの当選とその政策がインターネットが作り出した社会への反動だとしたら、それに対抗できるのもまた、グローバルなウェブサービス企業なのかもしれません。

Licensed material used with permission by Airbnb
シリア・スーダン・ソマリア・リビア・イエメン・イラン出身の6人のミュージシャンたちによる楽曲が、7月6日にSpotifyにて配信。彼らが歌ったのは、曲を作...
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
アメリカンダイナー風のポップなインテリアにパステルカラーを組み合わせた室内がかわいい部屋。「The McFly」と呼ばれていて、アメリカ・テキサス州ダラス...
3月にオークションで落札されていたトランプの生家、Airbnbを通して宿泊できることになり話題を集めている。場所はニューヨーク州のクイーンズ区。家の中は幼...
施行されたのは1回限りで捨てられてしまう可能性の高いレジ袋やフォーク、ナイフなどのプラスチック製品の使用を禁止する制度です。
アメリカ国務省は、ビザ申請を行う際に「ソーシャルメディアアカウント」の申告を義務化。アメリカに入国するほぼ全ての人が対象です。
北モンゴルのタイガの森で暮らすトナカイの遊牧民「ツァータン」の家に宿泊できるAirbnbプラン。ローカルフードも食べられてカルチャー体験もできる濃いプラン。
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。
ブリュッセル在住のEric Lafforgueが撮影したのは、何かと謎の多い“北朝鮮の日常”。彼が捉えるのは、日々の何気ない光景のように思います。しかし、...
2019年1月1日より、アメリカ・ワシントンD.C.で使い捨てプラスチックストローの提供を禁止する条例が施行されました。
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。
カナダが使い捨てプラスチックの禁止を発表。早ければ2021年にも実施予定です。まずは、レジ袋やストローなどの禁止から検討。今後、具体案を広げていきます。
Airbnbと国際オリンピック委員会(IOC)が共同で新たな体験カテゴリ「オリンピアンによる体験」を提供開始する。
トランプ大統領の入国禁止令に反対するために、制作された一つの動画。主人公となるLaylaとその家族は難民となり、“安全な暮らし”を求めて国を渡り歩きます。...
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。
11月11日、「Airbnb」はインド・ジャイプール市内にあるお城「シティパレス」の一室に泊まれるようになると発表した。ここはケネディ大統領夫人やチャール...
「Airbnb」の新しい体験カテゴリー「アニマル体験」のローンチに合わせ、KISSがホホジロザメのためにコンサートを開催!
トランプ政権を揶揄したアメリカンなジョークグッズと思いきや、その逆。トランプ支持者が作ったものだそうです。
カリフォルニア州で、9月20日にストローの提供を禁じる法案が可決されました。
新しい情報に出会うというのは、記憶を掘り起こしたり、全く考えもしなかったことを考えさせる力があるんだと思います。