インドの王様がホスト。「Airbnb」でお城の一室に宿泊可能に

11月11日、「Airbnb」はインド・ジャイプール市内にあるお城「シティパレス」の一室に泊まれるようになると発表した。ここはケネディ大統領夫人やチャールズ皇太子を歓待したこともある約300年の歴史を誇る王宮だ。

宿泊できるのは、王族とその賓客のみ立ち入ることを許されていた月の主殿「チャンドラ・マハル」に位置する「グディヤ・スイート」。ラウンジやキッチンはもちろんのこと、ゲスト専用屋内プールまで付いているという。

滞在中は専属の執事がお買い物ツアーや市内のウォーキングツアーなどを手配してくれ、最高のおもてなしを提供してくれるのも魅力のひとつ。

ちなみに、ホストとなる第11代の藩王パドマナーバ・シングさんは、Airbnbで初めての王族ホストだ。

宿泊受付は11月23日〜。王宮は過去に一度も一般旅行者の宿泊予約を受け付けたことはないというので、ほとんどの人が経験したことのない特別な場所に泊まれるチャンスでもある。

©Airbnb

ホストのパドマナーバ・シングさん

©Airbnb
©Airbnb
©Airbnb
Top image: © Airbnb
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事