2017年の流行色「緑」を取り入れた、ロンドンのAirbnb

グラフィックやテキスタイル、ファッションのための色見本帳を提供している、PANTONE。そのPANTONEが発表した、2017年のカラーは「緑」です。自然いっぱいの景色をイメージさせてくれますし、とてもリラックス効果が期待できますよね。

そんなPANTONEとAirbnbがコラボしてつくったのが、緑いっぱいの宿。イギリス・ロンドンの中心部クラーケンウェルにあります。

ドアを開けるとそこは...
緑いっぱいの森!?

「色見本」をイメージしたドアを開けると、そこには緑がいっぱい。まるで、異世界への入り口のようで、家の内側と外側が逆転したようなインテリアです。

リビングは温室で
ベッドは芝生!?

さらに部屋の奥へと進んでいくと、ありとあらゆる種類の緑に囲まれた「温室」のような空間が広がっています。

ベッドルームでは、丁寧に手入れされた「芝生」がお出迎え。気持ち良さそう!

バスルームにも植物がいっぱいで、まるで熱帯雨林の中みたい。

グラスも緑、マグカップも緑、棚に置かれた野菜も緑。

緑に囲まれ、身も心もリラックスできそうなこの宿は、1月27日〜30日までの期間限定キャンペーンで登場したもの。しかもAirbnbの新サービス「トリップ」の個人ワークショップが受けられたそう。

ガーデニング講座から自然を楽しみながらランニングする講座まで、緑にちなんだ「体験」もいっぱいでした。

すでに期間は終了していますが、宿には泊まれないまでも、写真を参考にしてファッションやインテリアに今年の流行色「緑」を取り入れてみるのもいいかも?

Licensed material used with permission by Airbnb
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
「その年の色」が、あるんです。JAFCAが選定した2018年の色は、時代を象徴する3つの理由から選ばれた「ビジョナリーミント」。
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
アメリカンダイナー風のポップなインテリアにパステルカラーを組み合わせた室内がかわいい部屋。「The McFly」と呼ばれていて、アメリカ・テキサス州ダラス...
表参道ヒルズの真裏にたたずむ キャンピングトレーラーをカスタムしたコーヒースタンドthe AIRSTREAM GARDEN〒150-0001 東京都渋谷区...
オックスフォード大学が運営をしている「Pitt Rivers Museum(ピットリバース博物館)」は、異なる文化に対する理解を深めるために、25人の難民...
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。
北モンゴルのタイガの森で暮らすトナカイの遊牧民「ツァータン」の家に宿泊できるAirbnbプラン。ローカルフードも食べられてカルチャー体験もできる濃いプラン。
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。
「ミレニアルピンク」と呼ばれる、淡くて少しグレーがかった優しいピンク。ファッションから始まったトレンドが今、インテリアでも注目を集めています。心がはずむよ...
キャンドルが溶ければ顔のカタチをしたスタンドから、“鼻血”がタラーっと垂れるようになっています。
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
青い空と、エメラルドグリーンの海。最高に決まってる。それだけで「今年の夏も、いい思い出ができたな」なんて思ってしまいます。もちろん、海外旅行で特別な時間を...
Airbnbが2016年11月にローンチした新サービス「トリップ」の一環として話題を集めている「体験」。宿泊だけではなく、旅そのものをユニークなものにする...
「Girls Don’t Cry」「Wasted Youth」のデザイナー・VERDY氏が原宿の新名所「ONE」で開催した裏ポップアップを緊急レポート&直...
新宿にできた、新しいAirbnb東京オフィスのワークスペースが発表されました。同社といえば、サンフランシスコ本社の倉庫を使った4階建吹き抜けオフィスが話題...
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
今年9月に行われたロンドンファッションウィークに先駆けてロンドンの中心街ゲリラ的に行われたファッションショーがありました。主催は下着ブランド「Bluebe...
ハイドパークやヴィクトリア・アンド・アルバート博物館、サイエンス・ミュージアムからも近い好立地。1泊11万円ほどで、ベッドルームはふたつあり、最大6名まで...
ロンドンで最先端のクリエイターが集る場所と聞けば、多くの人はソーホーを思い浮かべるかもしれません。でも、僕ならサウス・ロンドンの郊外にあるペッカムを推します。
旅先の宿の選択肢として、今や欠かせない存在になったAirbnb。個人宅に泊まる体験も魅力ですが、すでにアメリカのミレニアル世代の間では、これのアウトドア版...
Daisy Chausséeさんのインスタグラムには旅の思い出が色ごとに分けられている。全体でアカウントを見ればグラデーションになっていてとっても綺麗。そ...