我が家にも取り入れたい!「CASACOR Miami」が展示したインテリア

今年も開催された「マイアミ・アート・ウィーク」。期間中、世界中からギャラリーやアーティストが集まり、多数の展示会が行われました。

中でも注目された展示のひとつが、今回で2回目の参加となった「CASACOR Miami」。12月16日までマイアミのBrickell City Centreに20以上ものスペースを設けていました。

その一部を紹介すると、家具やインスタレーションが展示されていたり、高級家具✕インタラクティブアートをかけ合わせたインテリアデザインなどを披露。CASACOR Miamiによれば、一般の人が自宅でも真似できるようなデザインにしたということ。どれも写真映えする色使いも巧みな空間です。

©Casacor Miami 2018 (@Casacormiami) / Kris Tamburello (@kris_tamburello) / Space by XXX
©Casacor Miami 2018 (@Casacormiami) / Kris Tamburello (@kris_tamburello) / Space by XXX
©Casacor Miami 2018 (@Casacormiami) / Kris Tamburello (@kris_tamburello) / Space by XXX
©Casacor Miami 2018 (@Casacormiami) / Kris Tamburello (@kris_tamburello) / Space by XXX
©Casacor Miami 2018 (@Casacormiami) / Kris Tamburello (@kris_tamburello) / Space by XXX

期間中、2万5000人を超える人々が訪れ大盛況だったCASACOR Miamiの様子はInstagramで確認することができます。

自宅の家具のレイアウトやカラーコーディネートの参考にもなると思うので、気になる方はチェックしてみて!

Top image: © Casacor Miami 2018 (@Casacormiami) / Kris Tamburello (@kris_tamburello) / Space by XXX
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第六弾はマイアミ編です。何でもあり!なマイアミのミレニアルズの毎日をお届けします...
アメリカンダイナー風のポップなインテリアにパステルカラーを組み合わせた室内がかわいい部屋。「The McFly」と呼ばれていて、アメリカ・テキサス州ダラス...
「フロリダ・マン(フロリダ州の男)が……」で始まるニュースのヘッドラインは、日本ではありえないようなおかしい内容のことが多いです。今回はそれについて紹介します。
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
テーブルウェアブランド「KINTO(キント)」から、キャンドルで温めるアロマディフューザー「AROMA OIL WARMER」発売。
ストリートカルチャーの4大要素としても知られるグラフィティアートに特化した美術館「Museum of Graffiti」がフロリダ州マイアミに誕生!
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
「ecoBirdy」はゴミになってしまう“プラスチックおもちゃ”を回収して、新しいキッズ用インテリアを製造しています。
現在、「ディーゼル」はフロリダ州マイアミにマンションを建設している。12月3日、彼らはその設立記念として「史上最高額のTシャツ」を売り出すと発表した。
ソウルのデザインスタジオ「orijeen」が手がけたこのキャビネットは、見る角度によって七色に変化します。部屋の中にあったら圧倒的な存在感を誇ること間違いなし。
ビル・ゲイツ氏による毎年恒例の企画「夏に読むべき5冊の本」が今年も発表。今回紹介された5冊のうち4冊は邦訳が出版されているので、気になったものはぜひ読んで...
フロリダ州南部に直撃したハリケーン「イルマ」。日本のテレビでもその脅威が報道されていたので、覚えている人もいるかもしれません。そんな危険も伴う状況下でフロ...
テキサス州の犬を連れ込めるバーを中心に、フロリダ州やノースカロライナ州でも提供されている「Good Boy Dog Beer」の紹介です。
アメリカ・ルイジアナ州ニューオーリンズの1860年代に建てられた教会が、ホテル「Hotel Peter & Paul」として生まれ変わりました。
宿泊客同士のコミュニケーションを重視するソーシャルホテルのなかでも、アメリカ・マイアミに2ヵ所ある『Life House』のシステムはとくにおもしろいです。
「メイン州 観光」とネットで検索すれば、たくさん良いポイントがヒットするのですが、メイン州政府はまだまだ満足していない様子。
表参道交差点に6月27日にオープンした「RAIZIN R番地 OMOTESANDO PARK」。都会のど真ん中に突如現れた公園って、どーなんよ?
江戸時代の終わり頃、世界遺産・石見銀山で鉱夫たちが使っていた「福面」は、日本最古のマスクといわれている。鉱山病を防ぐために使用していたこの防塵マスクの素材...
北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズ...
トラックのタープ(幌)で作られたFREITAGの「F52 MIAMI VICE」。よくある紙の買い物袋に着想を得た、定番モデルのショッピングバッグです。
0時から6時にかけて“しぼみ”、6時から12時にかけて“ひらく”。「Solstice Clock」は、まるで花が呼吸しているかのような壁かけ時計です。
商業施設の壁面緑化や植栽など、プロ仕様の花材だった「フェイクグリーン」。それをインテリアを彩る「グリーン雑貨」として室内に持ち込んだ、フェイクの仕掛け人・...
インテリアや料理好きの間で、ビーカーやフラスコなどの理化学製品が“理系インテリア”として人気を博しています。このムーブメントの発信源は、清澄白河にあるその...
ひと昔前に比べて、だいぶオシャレさを増した室内用のフィットネス機器。それでも機能優先で、どうしたって“ギア”感がついてまわる。そこで、こんなエアロバイクの...