【ビーカーやフラスコが大人気】理系インテリアの発信源は、「清澄白河」だった

インテリアや料理好きの間で、ビーカーやフラスコなどの理化学製品が“理系インテリア”として人気を博しています。

このムーブメントの発信源は、清澄白河にあるその名も『リカシツ』というショップ。昭和8年に理化医療用ガラスの卸業としてスタートし、現在も大学や研究機関への理化学ガラス製品や機器製品を供給する、関谷理化株式会社によって運営されているアンテナショップで、ここに揃うアイテムはプロ仕様。今でこそ人気の“理系インテリア”ですが、なぜ研究用の製品を一般向けに売りだしたのか? 

関谷理化株式会社のハウスウエア営業部の猪野和雄部長にお話を伺いました。

2014年4月にオープンした清澄白河のFukadaso内にあるアンテナショップ『リカシツ』。海外でも人気のインダストリアルテイストを活かした外観になっている。

シンプルなだけでなく、素材も安心安全。とにかく使い勝手がいい!

――大学や研究機関向けの製品をなぜインテリアとして提案したのですか?

「2年ほど前に弊社の試験管を『一輪挿しにしたい』という問い合わせが立て続けに数件きたことがあり、それをきっかけに社内でもインテリアとしての提案ができないかということを考えはじめたんです」

――新しいチャレンジへの抵抗は?

「理化学製品の特徴として安心安全な素材を使用していること、耐熱性が高く熱衝撃にも強いこと、透過性に優れていることなどがあげられます。ゆえに、調理器具としてオーブンやレンジでの使用や、長期保存容器としての使用にも適しているんです。デザインに関しても、機能性を追求したシンプルなフォルムなので、長くインテリアとしてお使いいただける飽きのこない商品だと考えました。

さらに、取っ手をつけたり、穴を開けたり、開口を広げたり、加工性が高いのも利点のひとつです。ベースのデザインはそのままに、オーダーを受ける事も可能ですよ」

堅牢性と安全性を兼ね添えているため、あらゆるライフシーンで自由度の高い使い方ができるのが、理系インテリアの魅力だ。

清澄白河周辺は、コーヒータウンになる以前から、ガラス工房が多く存在している。

――オープンするにあたり、清澄白河を選んだ理由は?

「候補地はいくつかありました。しかし、たまたま深田荘(現:fukadaso)に一部屋空きが出るということ、近隣で話題のコーヒーショップがオープンするなど、清澄白河が注目を集めはじめていること、さらに、近隣の江東区や墨田区にはガラス工房が数多くあったことなど、いろいろな要素やタイミングが重なって、決定しました」

――今の売れ筋は?

ビーカーやフラスコは定番で売れていますね。あとは、コーヒー関連の商品も人気があります。使い方は様々で、コルク付き試験管を調味料入れにされる方、万能壺でピクルスを作られる方もいらっしゃるようです。

10代後半から70代の方まで幅広い年齢層の方にご購入いただいていますが、お客様の8割が女性というのも特徴だと思います。清澄白河は美術館やギャラリー、清澄庭園などがありますので、散歩がてら立ち寄ってくださるお客様も多いですね」

定番のビーカー。手を出しやすい価格も魅力だ。SEKIYA ビーカー 100ML ¥410(税込み)

調味料入れに、小物入れに、と使い方の想像が膨らむガラス製の入れ物。万能ツボ 白 500ML  ¥1,620(税込み)

実際の使用例。サイズ違いで揃えても便利。並べると、それだけで“見せる”インテリアとしても機能するのもうれしい。

ユーザーの声を反映した、ショップオリジナル商品やワークショップにも注目!

――プロ用とは違った、オリジナル商品もあるんですね?

「はい。我々が思いもしなかった使い方や新しいアイディアをお客様からいただくことも多いです。例えば、人気商品のひとつである『取手付きビーカーBK-7』は、ビーカーに取っ手をつけてカップとして使いたいというお客様の声からうまれた商品です」

こちらがショップオリジナルのビーカー。SEKIYA BK-7 ビーカー 300ML 取手付き ¥1,112(税込み)

――ワークショップを行っているとのことですが、内容はどのようなものですか?

「1Fは店舗なんですが、2Fはワークショップなどが行えるスペースになっています。テーマは、花、飲み物、苔、テラリウム、アクアリウムなど、さまざまです。特にテラリウムやアクアリウムなどのワークショップで作った作品は、容器ごとお持ち帰りいただけるので、ご好評いただいています」

植物の鉢にしたり、ちょっとしたテラリウムを楽しむことも可能。園芸用としても愛されている。

――今後、どのような展開を考えていますか?

「今まで通り安心安全なもの、そしてお客様に望まれているものをお届けするというのは変わりません。新しいところでは、地域の小学生の皆さんにもっと理化学を楽しんで学んでもらえるような取り組みをしていきたいと思っています。

また、技術をもった硝子職人さんたちを守っていくこともわれわれの役目のひとつです。『リカシツ』を起点に地域と連携して理化学製品を広めていくことが目標ですね」

【店舗情報】
リカシツ
・住所:東京都江東区平野1-9-7 深田荘102
・TEL:03-3641-8891
・営業時間:平日(13:30~18:00) 土曜、日曜、祝日(13:00~18:00)
・HP:http://www.rikashitsu.jp/

Licensed material used with permission by 関谷理化株式会社
材木倉庫をリノベーションした清澄白河にあるロースタリーカフェAllpress Espresso〒135-0023 東京都江東区平野3丁目7-2https:...
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
「ecoBirdy」はゴミになってしまう“プラスチックおもちゃ”を回収して、新しいキッズ用インテリアを製造しています。
アパレル業界の廃棄課題に取り組むブランド「Rename(リネーム)」がおこなうアップサイクルプロジェクト「Rename X(リネームクロス)」から、リラッ...
「Urban Outfitters(アーバン・アウトフィッターズ)」の日本語版サイトでおすすめの「思わずポチっちゃうアイテム」を3つ紹介。バスケットゴール...
「マイアミ・アート・ウィーク」で大盛況だった展示会「CASACOR Miami」。今年で2回目の参加でしたが、来場者は2万5000人以上。Instagra...
商業施設の壁面緑化や植栽など、プロ仕様の花材だった「フェイクグリーン」。それをインテリアを彩る「グリーン雑貨」として室内に持ち込んだ、フェイクの仕掛け人・...
北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズ...
「Urban Outfitters(アーバン・アウトフィッターズ)」の日本語版サイトでおすすめの「本棚で飾るために欲しい洋書」を3冊紹介。とはいえ、内容に...
炭酸水で割って楽しむもよし、ミルクで割ってチャイラテとして楽しむもよし!スペシャルティコーヒー専門店「LIGHT UP COFFEE」から、コーヒーのクラ...
インテリアとして長く味わえる、植物標本「ハーバリウム」。
0時から6時にかけて“しぼみ”、6時から12時にかけて“ひらく”。「Solstice Clock」は、まるで花が呼吸しているかのような壁かけ時計です。
人気キャラクターやアート作品をブロックにした「大人のためのレゴ」が登場。組み立て時には、リラックスした趣味の時間が楽しめ、飾れば部屋に彩りを与えるインテリアに!
無印良品の「インテリアフレグランスセット」は、250mlと60mlの2サイズ展開。ラタンスティックとセット(後者には磁器ホルダーも!)でそれぞれ2990円...
11月29日、オランダ発のインテリアブランド「EICHHOLTZ(アイホールツ)」が、国内初のオンラインショップ&ショールームを神戸北野坂にオープンする。
着用型ロボット、パワードスーツ「ATOUN MODEL Y + kote」は、腰と腕を同時にアシストし、重いものをカンタンに持ち運ぶことが可能。腰への負担...
「Yahoo! JAPAN」トップページより、甲子園の全試合の生中継に簡単アクセス。5Gを駆使したVR映像や多視点映像、見逃し配信も無料で視聴可能!
〈Seria〉のスクエアボックスは、インテリアだけでなくアウトドアシンーンでも大活躍。ロープやカラピナなど細々したものを入れるのに重宝します。
ご存知の通り、「本の虫」とは読書が好きで好きでたまらない人を指す言葉。コレ、てっきり日本独特の言い回しだと思っていたけれど、調べてみたら英語でも「book...
インテリアに関するワガママは考え始めるとキリがないですが、それを叶えてくれる家具は意外と形になっているものです。
ソウルのデザインスタジオ「orijeen」が手がけたこのキャビネットは、見る角度によって七色に変化します。部屋の中にあったら圧倒的な存在感を誇ること間違いなし。
シンプルで個性的なヒーターに出会いました。
一見、落ち着いたナチュラルスタイルのインテリアに見えて、実は斬新なアイデアが反映されているインド・ムンバイのレストラン「Cardboard」。実は、テーブ...