これを取り入れられるのは、相当なインテリアセンスの持ち主だけ。

普通のインテリアじゃ満足できない、日々にもっと変化がほしいという方、ちょっと変わったキャビネットを部屋のアクセントとして加えてみるのはいかがでしょうか。

ソウルのデザインスタジオ「orijeen」が手がけたこのキャビネットは、見る角度によって七色に変化します。部屋の中にあったら圧倒的な存在感を誇ること間違いなし。

左から見ると赤
右から見ると青

3bb6bfeacff6e4091170c1d17e1c6fb6f64df145

これは外面に施された特殊な加工によるもの。見る角度によって絵が変わるカードを子供の頃に持っていたという人も少なくないと思いますが、要はあれと同じ仕組み。

46671ad987fc8ca8dce65354233d6aabf1b50f8a

コンセプトは「物と人の相互作用をもたらす家具」だそうで、確かに置く場所や使い方によってまったく違う表情を見せてくれます。

05f4c3584c9b7878c8dae81729ce0e57a4bd8193687b213ff88ad4cbc9803410892aa43e896a9c6a

見た目はインパクト抜群ですが、中は至って普通の収納家具。

Bfc37c659e4d85e1955c2bb9145c13c28eeace72

はっきりいって、これを部屋に取り入れるには、かなりのインテリアセンスが必要になりそうです。誰にも負けない強い個性の持ち主は、ぜひColor Flowを取り入れた部屋を見せていただきたいところ!

Licensed material used with permission by orijeen
「このキャビネットには、ある『仕掛け』が隠されています。それは一体なんでしょうか?」
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
一般的な学習机って、棚や引き出しがゴテゴテ付いてて「いかにも子供用」って感じ。正直リビングにはあまり置きたくない存在。だけどこの「familia」なら、イ...
「人間を超越した美しさ」と賞賛されるロシア人ドールアーティストによる作品です。
お土産としてもおなじみ「油みそ」は、ウチナーンチュの常備菜として愛される家庭の味。これを自宅でかんたんに再現したレシピをどうぞ。
一見何の変哲もない、オシャレな調度品が揃った部屋。じつはこの部屋の家具には、隠された秘密があるんです。キャビネットの上のオブジェを隣に置いて、おもむろに取...
インテリアや料理好きの間で、ビーカーやフラスコなどの理化学製品が“理系インテリア”として人気を博しています。このムーブメントの発信源は、清澄白河にあるその...
北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズ...
「ミレニアルピンク」と呼ばれる、淡くて少しグレーがかった優しいピンク。ファッションから始まったトレンドが今、インテリアでも注目を集めています。心がはずむよ...
キャビンアテンダントが機内食や飲み物を運んでくる際に使用する、あの「機内用トロリー」が、意外に使い勝手がいいらしい。タフな外見をオシャレにカスタマイズでき...
サイズは23.5センチ、色はホワイトシルバー。一足いかが?
サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...
ひと昔前に比べて、だいぶオシャレさを増した室内用のフィットネス機器。それでも機能優先で、どうしたって“ギア”感がついてまわる。そこで、こんなエアロバイクの...
仕事や勉強で使うデスクは、ある意味「親友」のようなもの。長い時間、苦楽を共に過ごしていくわけだし、自分にとってのベストであって欲しいですよね。だけど、日本...
アパレルショップが食器をセレクトし、書店がアウトドアグッズを推す現代。店側が特定分野のモノだけを売る時代はとうに過ぎ去り、衣食住トータルのライフスタイルを...
木目が特徴的なこちらのアイテム。実は「割り箸」からできています。年々増えている使い捨て箸への問題意識から生まれたプロダクトです。アジアン料理のブームが巻き...
ご存知の通り、「本の虫」とは読書が好きで好きでたまらない人を指す言葉。コレ、てっきり日本独特の言い回しだと思っていたけれど、調べてみたら英語でも「book...
花一輪をプレゼント……はキザでも、ワイン1本ならプレゼントできちゃうかも。
そんな簡単な贈り物にするのだっていい、エチケットの花一輪が可憐で愛らしいアルゼ...
気になったことを忘れないように書き留めておく。そんな本来の役割を全うするだけなら、何もこんなサイズである必要がない。だからこれは、インテリアとして飾るため...
スウェーデンには「lagom(ラーゴム)」と呼ばれる概念があります。「多すぎず少なすぎず、ちょうどよい」という意味で、物質主義や消費主義とは反対の、適度で...
自転車を室内に持ち込むわけだから、結局のところインテリアとどれだけ調和できるかがすべて。だけど、スチールものやハンガータイプはさもありなんで、どうしても部...
広い庭を持てない都心のマンション暮らしの人が、家庭菜園を営む。ベランダでは言わずもがな、LEDを利用して屋内でも野菜やハーブを栽培するようなライフスタイル...
仕事や家事に追われていて、身近にゆっくりとくつろげる癒しの空間をつくりたいと感じているあなた。ぜひ、「ウッドトピアリー」に注目してみませんか?ほとんど手間...
「あなたが好きなもの」=「センスが良いもの」。非常に理想的なことですよね。しかし現実ではそうはいきません。好みのものが世の中的には流行に合わないと思われた...