Airbnbなのに「未来の家」を建てる!?

Airbnbのサービスやアイデアを開発することで、人々が持つ旅の概念に大きな影響を与えてきたデザインスタジオSamara(サマラ)。新たに発表したプロジェクト「Backyard」で、今度は家の建築に関連する事業に着手するみたいです。

このプロジェクトでは、スマートホームや緻密な建築デザインなど、様々なスタイルのベースとなる“プロトタイプの家”が提供されます。これらを利用してもらうことで、変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査していこうというのです。

プロトタイプユニットの一部は2019年に公開される予定。詳しい情報は明かされていませんが、今後調査が進めば、同社の民泊サービスの満足度もさらに高まっていくことでしょう。

Reference: Samara, Fast Company
Top image: © sommart sombutwanitkul/Shutterstock.com
他の記事を見る
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。
北モンゴルのタイガの森で暮らすトナカイの遊牧民「ツァータン」の家に宿泊できるAirbnbプラン。ローカルフードも食べられてカルチャー体験もできる濃いプラン。
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。
Airbnbが2016年11月にローンチした新サービス「トリップ」の一環として話題を集めている「体験」。宿泊だけではなく、旅そのものをユニークなものにする...
テクノロジー×伝統。聞き慣れたフレーズかもしれませんが、「Airbnb×吉野杉」の組み合わせと聞いたら、素通りするわけにいきません。この2つがタッグを組ん...
グラフィックやテキスタイル、ファッションのための色見本帳を提供している、PANTONE。そのPANTONEが発表した、2017年のカラーは「緑」です。自然...
Airbnbが新たに始めた取り組み「Airbnb Kitchens of Asia」。旅先で、ローカルの食材や料理法を楽しみながらステイしてほしいと、アジ...
スウェーデンが福祉大国で、しかも平等主義であることは知っていました。だとしても、今回の発表には「まさかここまで…」と驚かされたのと同時に、またひとつ、この...
新宿にできた、新しいAirbnb東京オフィスのワークスペースが発表されました。同社といえば、サンフランシスコ本社の倉庫を使った4階建吹き抜けオフィスが話題...
青い空と、エメラルドグリーンの海。最高に決まってる。それだけで「今年の夏も、いい思い出ができたな」なんて思ってしまいます。もちろん、海外旅行で特別な時間を...
「旅行のスタイルが変わってきた」と肌で感じた経験が、2回ある。ひとつは、かつて勤めていた旅行会社で、2011年に「長期滞在型ツアー」を大々的に打ち出して、...
米・大統領に就任したドナルド・トランプは先日、イスラム圏7カ国からの渡航者を、米国内に入国させない、という大統領令に署名しました。指定された7カ国の旅行者...
旅先の宿の選択肢として、今や欠かせない存在になったAirbnb。個人宅に泊まる体験も魅力ですが、すでにアメリカのミレニアル世代の間では、これのアウトドア版...
「earnest」が2年間分のユーザー(匿名)のデータをみて、9種類のサービスの月収を、ランキング形式でまとめているのを発見。あくまでアメリカでの話で、日...
3月にオークションで落札されていたトランプの生家、Airbnbを通して宿泊できることになり話題を集めている。場所はニューヨーク州のクイーンズ区。家の中は幼...
7月30日から、デザイナー・原研哉氏がディレクターを務める展示「HOUSE VISION 2016 TOKYO EXHIBITION」が開催されています。...
マイケルさんとデビーさんのキャンベル夫妻は「The Senior Nomads(シニアノマド)」というネーミングで、アメリカではちょっと知られた存在です。
ドイツの古城やメキシコの遺跡を目の前にして、こんなことを考えたことってありませんか?「一度でいいから住んでみたい」と。そんなとき「Airbnb」を使えば、...
1960年代から、化石燃料や電力網などのインフラを必要としないオフグリッドハウスを研究、建設し続けているアメリカ人建築家がイベントを開催です。