「Uber」が「Drizly」の買収を発表!お酒を配達するサービスも展開

2月2日、「Uber Techonologies」「Drizly」をおよそ11億ドル(約1150億円)で買収することを発表した。

Drizlyは2012年創業のボストンの会社。ビール、ワイン、スピリッツなどのアルコール飲料のデリバリーサービスを1400以上のアメリカの都市で展開している。

つまり、この買収後には「Uber Eats」のアプリでもアルコール飲料が頼めるようになるということ!

食事、日用品、処方箋......と、巣ごもり生活で高まる数々のニーズにUberは着々と応えていっている。

そしてついに、アルコールの出番がやってきたということだ。まずはアメリカでサービスを開始し、今後はグローバルに展開していくそう。

日本にもやってきたら、多くの居酒屋などのUber参入にもつながりそうだ。

Top image: © iStock.com/tomorca
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事