「Amazon」が「MGM」を買収!“囲い込み合戦”の幕開けか

5月26日、映画業界に衝撃のニュースが。

「Amazon」が、ハリウッドの映画会社大手「MGM(メトロ・ゴールドウィン・メイヤー)」の買収を発表したのだ!

これにより、「Amazon Prime Video」に4000本以上のMGMの作品が独占的に提供されるとのこと。......つまり、ジェームズ・ボンドのファンにとってはこの上ない朗報。『007』シリーズ全作がPrime Videoで観れるようになるということ!

また、競合の「Netflix」ほどオリジナル作品のヒットに恵まれていないPrime Videoにとって、制作に映画スタジオが加わることは大きな力になるといえる。

実際に、Amazon StudiosでPrime Videoの統括をしているマイク・ホプキンス氏は今回の買収の真価は「MGMが保有するIP(知的価値)にある」と述べており、新たにIPの開発をおこなうことも示唆しているそう。

『ロッキー』『007』をはじめ数々の名作を保有するMGMの買収は、拡大する動画ストリーミング市場を新たな段階へと引き上げるかもしれない。

それは、ストリーミング会社による映画スタジオの「買収合戦」。映画スタジオが保有する作品を囲い込んで独占配信することで、コア層の継続的な獲得を狙う動きだ。

現に、昨年には巨大スタジオ「20世紀フォックス」が買収され、その歴史ある社名が変更になるという事態が発生したが、幸いAmazonは本業が映画ではない分、MGMにスタジオの方針変更を迫ることはないと考えられている。

ともかく、MGMが制作するPrime Videoのオリジナル作品が生まれること、そしてPrime Video内で過去の名作たちが輝く日が待ちきれない。

そして、ストリーミングと映画業界との生き残りをかけた合戦に注目だ。

Top image: © Tada Images/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事