代官山 蔦屋書店はいま、奈良の木だらけ。

今年の夏、私はひと足先にその情報をつかんでいた。11月、代官山 蔦屋書店でとんでもないことが起きるということを。

代官山 蔦屋書店
全館でやります!

旅行棚担当の片本さんにそれを聞いたとたん、「えっ?」と思った。それは代官山 蔦屋書店が全館あげて一斉に行うフェアだっだ。

代官山 蔦屋書店に行ったことがある人なら想像がつくと思うが、全館を上げてのフェアはめずらしい。たいていは、関連カテゴリーの棚(もしくはその近く)に、フェア用スペースが作られるからだ。今でいうと、1号館1階(=「自然科学」のブックフロア)で『小さな図鑑特集』というフェアが行われている、といった具合。館内では、同時多発的に各ジャンルの企画棚が進行している——というのが、私の代官山 蔦屋書店のイメージだった。それが、全館をあげてというのだから!

「何をするんですか!?」と、前のめりに尋ねる私。すると、こんな答えが返ってきた。

「奈良の木だらけになります。」

このフェア、その名も『「奈良の木」のあるくらし ~森からの贈り物~』。

奈良・吉野地方は、日本最古の植林の歴史をもつ地域だ。ここで育てられたスギやヒノキは吉野材と呼ばれ、豊臣秀吉が大阪城や伏見城の城郭にも使ったほど。今でも日本屈指の良質な木材として、全国各地から買い手がついている。

しかし、和室の減少や木材価格の下落、後継者不足など、吉野林業は今多くの問題を抱えている。500年の歴史を現代に活かすべく、吉野材には、新たな活用法が求められている。

一方、蔦屋書店のテーマは「ライフスタイルを提案する場を作ること」だ。

ライフスタイルの提案とは、どういうことだろう? それは、本や映画、音楽を通じて新たな選択肢に出会うことで、人生の「豊かさ」を知ることではないだろうか。

そして、そんな蔦屋書店が「奈良の木」フェアを行うということは、どういうことだろう? それは、「奈良の木」のある暮らしは、私たちの人生を少しだけ豊かになるかもしれない——そんな可能性を信じているからではないだろうか。

たとえば、山サクラのバターナイフ。
バターナイフなんて100円均一でも買えてしまうけれど、あえて2,700円出して、購入してみたとする。結果、何も感じない人もいるかもしれないけれど、使い込むごとに木が手になじんでくる感覚や、時間をかけて深い色に変化していく様子に、誰かは「豊かさ」を見るかもしれない。それは、ライフスタイルの提案のひとつなのだ。

アート、料理、建築
……を、奈良の木で!

「奈良の木」でライフスタイルを提案する。

そんなテーマを掲げた代官山 蔦屋書店では、コンシェルジュと、日本を代表するデザイナーや作家、職人がタッグを組み、新プロダクトを製作。アート、料理、人文、文具、建築・デザイン、そして映像フロアで、各ジャンルに特化した商品を展示・販売している。その一部をご紹介!

●2号館1階 アートフロア
アートフロアは、伝統工芸「静岡挽物」を継承するHOMEWAREブランド「SEE SEE」とコラボレーション。ふだんはアメリカの木材を使用しているが、今回は特別に吉野ヒノキでプロダクトを製作した。

左上・Lampshade 42,000円/SEE SEE
右上・snowman 8,800円/SEE SEE
左下・nirinzashi 16,800円/SEE SEE
右下・60sk8 38,000円/SEE SEE


●3号館1階 料理フロア

毎日の生活に使いたい木製品は、奈良県川上村にある工房アップルジャックが製作。吉野スギの断熱効果、抗菌効果といった特徴を活かしたプロダクトも。

左上・杉のブレッドケース 20,000円~/アップルジャック
右上・杉のカップ 4,200円~/アップルジャック
左下・杉のバターケース 8,500円/アップルジャック
右下・杉の皿 2,200円/アップルジャック


●1号館1階 人文フロア

人文フロアでは、木と金属の融合をテーマに、生活になじむアイテムを提案。金属のカトラリーや木のチェスト、キルトなど様々な素材であふれている生活を前提に、異なる素材同士でも違和感なく共存できるよう考慮されている。

左上・干菓子皿 18,000円/紀平 佳丈
右上・木の茶碗 5,800円/小林 清孝
左下・癒しのリンゴ 4,500円~/山本 直美
右下・お箸 スネークウッド 11,600円/小林 清孝


●3号館1階 文具フロア
吉野杉や吉野桜を使ったステーショナリーを中心に展開。吉野杉の旱魃材(=間伐材。立木を間引く際に、伐採された木材のこと)から紙を作り、横糸として織物に仕上げた「紙布(しふ)」や、吉野桜から作られた「桜鉛筆」など。

上・ダイアリーセット TODAY 紙布 6,000円~/TOUCH & FLOW
左下・桜鉛筆 30,000円/五反田製作所
右下・ティッシュウェイト サクラ 60,000円/五反田製作所


●2号館1階 建築・デザインフロア
ブルートゥーススピーカーを設置すればどこでもDJプレイが可能な「マイクロDJラック」も奈良の木で! フロアには「ヒップホップ マイクロ茶室」をテーマに、書道家 万美によるHIP HOP掛け軸なども展示。

マイクロDJラック 50,000円 TALKY/菊谷木工所


●3号館2階 映像フロア

映画好きの空間に使える「DVDラック」「リモコンラック」も奈良の木で。製作は、小ロットの木製品製造加工にも対応しているダイワ産業。

左上・ダイワヒノキ リモコンラック 2,800円/ダイワ産業
右上・ダイワヒノキ DVDラック 2,800円/ダイワ産業
左下・ダイワヒノキ トレー 4,000円/ダイワ産業
右下・ダイワヒノキ スマホスタンド 780円/ダイワ産業

500年の歴史をもつ吉野材と、そこにライフスタイルの一端を見出した蔦屋書店。奈良の木だらけの館内をぐるりと巡りながら、「豊かさ」に満ちあふれた空間を楽しんでみてほしい。開催期間は2017年11月19日(日)まで。

Licensed material used with permission by カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社
2016年1月10日(日)、京都・岡崎に国内6店舗目となる「蔦屋書店」がオープン。西日本では「梅田 蔦屋書店」に次ぐ2店舗目。主に関西人から熱い視線が注が...
昨年の夏、蔦屋書店がカネジュウ農園とタッグを組んで開発・発売したお茶、その名も『本を読むときのお茶』。試飲会に参加すると、そこにはカネジュウ農園のTEA ...
代官山・中目黒で働くファッション業界人にファンが多いこともあり、発売間も無くSNSで拡散されていました。問い合わせの電話も殺到したとか(スタッフ談)。
ちょっとしたプレゼントって、実は結構難しいもの。ちゃんと使ってもらえるものがいいし、そこにちょっとした特別感もほしいし、でも相手には気を遣わせない価格帯に...
キャンドルが溶ければ顔のカタチをしたスタンドから、“鼻血”がタラーっと垂れるようになっています。
「Spiritual as Fuck(めっちゃスピリチュアル)」というメッセージが書かれたヨガマットです。
貝ボタンと言ったら、平たくて丸い洋服についているボタンを思い浮かべますよね?でも、私の持っている貝ボタンは、いわゆるボタンの形をしていません。全体的に細長...
奈良県の「奈良漬け」は、白瓜やきゅうり、生姜などの野菜を酒粕で漬け込んだ漬物のこと。その歴史は西暦700年代、奈良に都があった平城京の時代にまで遡ります。...
ホストが書店員として接客し、且つそれぞれの客に合う本をおすすめしてくれる。「LOVE」をテーマとしていて、「黒いLOVE」「赤いLOVE」「ピンクのLOV...
2014年に文京区にオープンした『WALLS TOKYO』は、アートのセレクトショップだ。日本国内には数多くのギャラリーが存在し、そのほとんどで作品購入は...
北モンゴルのタイガの森で暮らすトナカイの遊牧民「ツァータン」の家に宿泊できるAirbnbプラン。ローカルフードも食べられてカルチャー体験もできる濃いプラン。
代官山の隠れた人気スポット天然氷で作る、本格的なかき氷URARA〒150-0033 東京都渋谷区 猿楽町20-10http://www.hrm.co.jp...
著名なミュージシャンやハリウッドスター、政治家を魅了し続ける 代官山にあるNY・ブルックリン発のバーバーサロンLUDLOW BLUNT〒150-0034 ...
代官山、表参道ヒルズ、GINZASIXにも出店中!今、注目のオランダ発のデニムブランドDENHAM〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町25−8https...
50人分の手描きの「TOKYO」の地図が収められている『TOKYO 35°N』。「Romantic Geographic Archive」シリーズ第一弾書...
モデルの鈴木えみさんのほか、「幸也飯」で話題になった料理研究家・寺井幸也さんのケータリングや、生演奏も。
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
静岡県熱海市の建具屋、西島木工所で作られている「face two face」は、片面はウッドプレート、もう片面はまな板として使える便利アイテムです。素材は...
北海道札幌市の隣町、当別町。『家具工房旅する木』の須田修司さんは、この町にある廃校になった小学校の校舎で、オーダーメイドの家具を作っている。
無肥料・無農薬のお茶づくりを営む健一自然農園。代表の伊川健一さんは、16歳のときに人生の道を決めたといいます。茶畑を受け継ぎ、地域の人々と栽培・加工に励み...
ショートフィルム『パン屋のビリー』を観ていると、今すぐにこのパン屋に行きたくなる!
ホストが書店員ということで、オープン前から話題を集めていた「歌舞伎町ブックセンター」。その裏にある熱い思いについて手塚マキが、この書店でしか提供できない価...
エネルギッシュな街には、うまいラーメン屋が多い。ビジネスと交通の中心地「品川」もそんな街のひとつだと思う。昼も夜も、多くの人が行き交うこの街で、それぞれ五...
確かに、ボディの一部に木を用いたヘッドホンはこれまでにもありました。が、ここで紹介する「Konohazuk H3」は、ボディ全体が国産ブナ材で形作られたも...