3000円以内のクリスマス用プチギフトだったら、絶対これ

弊社、引っ越しすることになったんです。代官山から池尻大橋に。
それで一番私が後ろ髪を引かれる思いなのは、代官山 蔦屋書店におさんぽに行けなくなることなんですね。徒歩7分くらいのところにあって、原稿が行き詰まったりするとよく行ったものです。でもこれからもお世話になるのでよろしくお願いします。

というのはさておき、先々週おさんぽに行って、常設の「旅の道具棚」という棚を見ていると、以前TABI LABOでも紹介したhibiというお香スティック(過去記事はこちら)が置かれていて、「あ、hibiだ」なんて思ったわけです。

ちょうど、年末に地元の友人と久々に会うことが決まって、まあクリスマスより数日遅くなってしまうんですが、久々の再会に何かお土産を!と思っていたところでーーありましたよ、クリスマス限定ギフトパッケージ。即買いでした。

特別な日に贈るhibi -クリスマス限定ギフトパッケージ-
(8本入り×3/専用マット/ギフト用ペーパーバッグ付/チャーム付) 2500円(税別)

お香をプレゼントするなら

私は普段、hibiのゼラニウム、無印良品の桂皮の香り、lisnのLUCYを気分によって使いわけています。もちろんどれもお気に入りなのですが、プレゼント、特にこの冬のギフトに選ぶなら、断然hibiです。

その理由は3つ。ご説明します。

ひとつめ、価格帯
自分が普段使いすると考えると、私にはhibiってちょっと高めなんです。以下、1本あたりの価格。

hibi(ラージボックス30本入り2000円):66.6円
無印良品(15本入り370円):24.6円
lisn(10本入り300円):30円

というわけで、自分が家で使うときは「あああああ!!」ってくらいの精神状態になってやっと使ったりします(笑)。

でも、裏を返せば、贈り物には最適な値段だと思っています。特にクリスマス限定ギフトパッケージでいうと、3種のお香のアソートに専用マットが付いて2500円。ちゃんと特別感がありつつ、でも相手に気を遣わせない。そういう価格帯でプレゼントを見つけるのは、案外手こずったりするので、ありがたいなあと感じています。

ふたつめ、手軽

hibiの最大の特徴=「着火剤がいらない」というメリットが活きるのは、贈り物のシーンだと信じています。

お香を焚くのに必要なものって、案外あるんですよね。

1. ホルダー(お香立て)
2. トレイ(ホルダーを置く小さいお皿)
3. 着火剤(ライターorマッチ)

お香を焚かない人は、これだけの準備が必要になってくる。ホルダー付きのアソートはいろんなところから出ていますが、じゃあ2と3はどうすんだっていうね。一人暮らしで喫煙者でもなければ、ライターもマッチもないんです、案外。

だけど、hibiはこのパッケージに全部入っているから、開けて、そのまま楽しんでもらえます。これって実は結構すごいこと。せっかくのプレゼントなら、ストレスなく気軽に使ってもらいたいじゃないですか。

そして最後、これが決定打でした。
アソートに冬季限定の「ゆず」が入っていること。

普通、クリスマスアソートだったら、シナモンやチェリー、ウッディな香りなんかを入れてきそうなものを、「ゆず」を入れたという事実に、私は「おお!」と思ったんです。

というのも、hibiを製造しているのは、ふたつの老舗です。

ひとつは、1929年創業の神戸マッチ株式会社。マッチを使うということが生活から失われつつあるなか、「マッチが主役でなくても、マッチのルーツを語り継ぐことができれば」と、商品開発や他業種とのコラボレーションに意欲的に取り組んできた老舗です。

もうひとつは、1936年創業の淡路島のお香製造会社、株式会社大発。「香りを楽しむ心で日本と世界をつなぐ」という願いのもと、「香を炊く」という東洋の文化を大切にしながら、革新的なものづくりを続けてきた老舗です。

そこに、デザイン事務所TRUNK DESIGNがプロデュースとして携わり、3年以上のときを経て完成したのがhibiでした。

hibiは、彼らが「日本のものづくり文化のコラボレーションで、暮らしに豊かさを与える」というミッションに挑んだ商品であると同時に、日本のものづくりの可能性を背負った作品でもあるのです。

「ゆず」は、日本料理では調味料に、冬至には柚子湯に、俳句では秋の季語に使われているほど日本文化と深い関わりのあるものです。その香りをクリスマスの限定ボックスに入れると決めた事実に、私は彼らの日本文化への誇りを感じずにはいられませんでした。そういう背景を知ってこの限定ボックスを見ると、もう即買いだったんです。

でも、知らなくてもいいんです、そんなこと。だって、いい商品だから。だけど、いざその背景を知ったときにグッと心をつかまれてしまう、それこそが本当にいいものづくりなのではないか、と思っています。

ふと気づいたときにもう一度感動できる、ちょっとしたプレゼント。私は、大切な人にはそういうものを贈りたいと思うので、「絶対これ」と思いました。

※表示価格はすべて税抜き価格です。

Licensed material used with permission by 神戸マッチ株式会社
代官山 蔦屋書店で2017年11月19日(日)まで行われている『「奈良の木」のあるくらし ~森からの贈り物~』。蔦屋書店のコンシェルジュと、日本を代表する...
2016年1月10日(日)、京都・岡崎に国内6店舗目となる「蔦屋書店」がオープン。西日本では「梅田 蔦屋書店」に次ぐ2店舗目。主に関西人から熱い視線が注が...
母親って、どんな時にも見返りを求めない。でも、だからこそ、クリスマスには最高のプレゼントを贈りたくなる。今年は、ちょっとユニークなプレゼントはどうだろう。...
モデルの鈴木えみさんのほか、「幸也飯」で話題になった料理研究家・寺井幸也さんのケータリングや、生演奏も。
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
クリスマスシーズンには4万本以上売れるという、兵庫県・神戸市にある「フロインドリーブ」の絶品シトーレン。教会のパン屋さんが作るシュトレンはたっぷりバターを...
マッチを擦るように火をつけて、立ちのぼる自然の香りに身をゆだねる。ここで紹介する「hibi」は、着火具がなくても手軽に使えるお香スティックです。「hibi...
Elite Daily」のライターJasmine Vaughn-Hallによれば、この地球上にいるほぼ誰にでも贈ることのできる最高のプレゼントというのは、...
昨年の夏、蔦屋書店がカネジュウ農園とタッグを組んで開発・発売したお茶、その名も『本を読むときのお茶』。試飲会に参加すると、そこにはカネジュウ農園のTEA ...
前菜からデザートまでウニづくし! 六本木にあるバルスタイルのウニ料理専門店 UNIHOLIC〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14-5 大和ビル1...
heyのオフィスは広い! もったいないぐらい(笑)。
山形県の鶴岡市立加茂水族館から登場した「あるお土産」が、若い女性を中心に人気を集めています。というのも、美味しいうえに見た目がなんとも印象的。
今、全世界的に話題になっている「ASMR」。ここで紹介するのは、それのクリスマスバージョンです。音を聞いていると目を閉じたくなるのですが、この動画は最後(...
「Elite Daily」のAlexa Mellardoさんの紹介する5つの場所を見て、私は一気に“クリスマス気分”になってしまった。観光名所でもある場所...
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
めがねの街・福井県鯖江市の株式会社キッソオのロングセラー「鯖江ミミカキ」。2013年にグッドデザイン賞を受賞したこの耳かきは、鯖江の町工場だからこそ生み出...
クリスマスなのに金欠、恋人もいない。そんな人でもいつかの無邪気なクリスマスを再現することで、お金をかけずに、友達と最高に楽しい思い出を作ることができるはず...
大阪の紙製収納用品専門メーカー「バンドー株式会社」が作ったのは、Tシャツを同じ大きさで簡単にたため、本棚に収納できる「TATEMU」。いわば、“彼ら”に新...
クリスマスはもう直ぐそこ。恋人へのプレゼントの準備はできていますか?モノよりも心が重要!なんてここで言う必要もないでしょうが、「LittleThings」...
10月11日に東京地下鉄株式会社(東京メトロ)が丸ノ内線の新型車両「2000系」をお披露目しました。
このLEDネオンライト。80年代のレトロな雰囲気も演出できるし、かわいくて手頃です。送料込みのアンダー1万円で手に入っちゃう。スモールサーズもあるから、プ...
神戸ブランドの〈JIB〉。ヨットのセイルクロスを使った丈夫な生地と豊富なラインナップ、加えて文字入れサービスがあるのもうれしいポイント。
国内外に5つの法人を抱える岩佐大輝氏。同時にそれだけの会社を回すことは不可能ではないかと考えてしまうが、複数の会社を運営することは、逆にプラスの効果を生み...