「国産ネオンサイン」の価値再考と復活

トップの画像は、インテリア照明ブランド「NO VACANCY」が、処分されるスケートデッキを土台にしてつくった作品『deck neon tokyo』。

よく行く街。よく行く店。どんなに慣れ親しんだ場所でも、目を凝らして見ると、何かが少し新しくなっていることに気づく。

素材提供:NO VACANCY

ブランドを立ち上げたグラフィックデザイナーの森山 桂(もりやま けい)さんは、今から5年ほど前に、どうやったらネオンサインを自分の手でつくれるのか?という好奇心に駆られ、東京都大田区にあるネオン工場に遊びに行った。

ところが、訪問してみるとそこにいた職人さんはひとり。70年代からバブルにかけての全盛時代から比べると、業界の規模が縮小の一途を辿っていた。国産ネオンサインのつくり手は、今では稀有な存在になっているようだった。

3月6日(火)まで開催されている、伊勢丹新宿店メンズ館8階=イセタンメンズレジデンスの展示で、森山さんにお話を聞いた。

森山「もともとはグラフィックデザイナーでした。ネオンもグラフィックですよね。つくりかたを知りたくなって、どこでつくられているのかを調べはじめました。なかなか情報は見つかりませんでした。職人の名前が照明に書かれているわけではないので、業界の人づてに聞くしか方法がありませんでした。

なんとかネオンを製作している株式会社シマダネオンにたどり着いて、働かせてほしいとお願いしたのですが、ひとりで切り盛りしていて、自分が担当できるほど余分に仕事があるわけではありませんでした。ただ、どうしてもつくりかたを学びたかったので、まずは営業として働かせてもらい、休日をつかってネオンのつくりかたを教えていただくことになりました」

素材提供:NO VACANCY

森山さんが調べ始めた頃は、ネットで検索しても、つくり手までたどり着けなかった。だから、まずはWEBサイトやInstagramアカウントをつくり、情報にアクセスできるよう“入り口”をつくった。

ネオン制作には大きく分けて2種類の仕事が存在するという。ビルの屋上や壁にあるような大規模なものと、屋内にも設置できるような小さなものだ。

大規模な製作依頼は今ではめっきり減ってしまった。だったら、小規模なネオンサインの仕事を増やそうということで、若者をターゲットにスケートボードと組み合わせた作品や、Tシャツをつくり、試行錯誤しながら営業していった。

地道な活動のかいもあって、ハイブランドからの制作依頼や、ショップやオフィスのインテリア、有名アーティストの舞台照明など、活躍する場は増えた。オーダーメイドで自分好みにデザインできる。贈りものとして依頼をする人も増えた。知人のお店にプレゼントするために友人同士でカンパする人もいる。最近は、美大生が卒業制作の作品をつくるために毎年やってくるようにもなった。

そのきっかけをつくったのが森山さんだ。今はかなりバタバタしていて、順調に依頼が増えているとのこと。

素材提供:NO VACANCY

ネオンサインはよくLEDと比較される。LEDは発光ダイオードだから、光が直線的に届く。対してネオン管は、光の届きかたがぼんやりと丸みを帯びていて、拡がるような印象を感じられる。無理に曲げられない分、味のある歪みもある。

「NO VACANCY」の作品は、どれも株式会社シマダネオンの職人によるお手製のもの。ちなみに、ブランド名は海外のモーテルやレストランなど、どこに行っても目に入ってくるグラフィックということで決まった。

Instagramを見たらまさにその通りで、見覚えのある場所が多かった。え、ここもそうなの?って驚く可能性、大です。

取材協力:NO VACANCY, 伊勢丹新宿店
「Neon Muzeum」は、その時々の時代を反映したネオンサインが集まるミュージアム。混迷の時代のプロパガンダや戦後のポーランド繁栄を感じられるものなど...
日本ではまだまだ知られていない博物館「The Neon Museum Las Vegas」。ここはラスベガスのダウンタウンから北に10kmほど離れた場所に...
2018年度決算では通期売上高281億円、営業利益136億円──。今もっとも勢いのある企業のひとつである「株式会社アカツキ」のCEO塩田元規氏にインタビュー。
照明からスピーカーまで、これまでさまざまな“雲”を世に送り出し、その度に注目を集めてきた「Richard Clarkson Studio」。そんな彼らが最...
ただの照明器具?それとも、便利な機械?たぶん、もっと新しい、友だちのような存在。
マサチューセッツ工科大学(MIT)は、ナノテクノロジーとバイオテクノロジーを組み合わせ、まるで照明器具のようにクレソンを光らせる技術を開発しました。未来の...
日本でも80'sカルチャーが見直されていますが、それはヨーロッパでも同じ。エリオ・フィオルッチによって1967年に設立されたブランド「FIORUCCI(フ...
大正7年創業というぶんぶく株式会社のロングセラー商品で、旧名は「普及型屑入れ」。学校やオフィス、一般家庭で長年使われてきたこれ以上ないぐらいフツーの屑入れ...
長い脚、青白く光る複数の目。UMAなインテリア。
Twitterのツイートを額に入れてアート作品として販売する会社がある。売れ筋の作品は、Donaldo Trump氏やKanye West氏のウィットに富...
このLEDネオンライト。80年代のレトロな雰囲気も演出できるし、かわいくて手頃です。送料込みのアンダー1万円で手に入っちゃう。スモールサーズもあるから、プ...
インテリアや料理好きの間で、ビーカーやフラスコなどの理化学製品が“理系インテリア”として人気を博しています。このムーブメントの発信源は、清澄白河にあるその...
heyのオフィスは広い! もったいないぐらい(笑)。
お値段199ドル、日本円にしておよそ2万2,000円。あえて価格から紹介するのも、この手の海外モノの照明にしては、かなりコストパフォーマンスが高い方だと思...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
外国人から見ると、東京の路地裏に広がるネオン街は「まるでゲームの世界に飛び込んだ」ような気持ちにさせてくれるとか。撮影したのは、アートとゲームをこよなく愛...
大阪の紙製収納用品専門メーカー「バンドー株式会社」が作ったのは、Tシャツを同じ大きさで簡単にたため、本棚に収納できる「TATEMU」。いわば、“彼ら”に新...
非日常体験イベント創造集団の「Holiday Jack 株式会社」は、超人気コンテンツでありながら過去唯一の大赤字イベントである「珍怪魚フェス」を、多くの...
「マステ」は、株式会社マークスのマスキングテープブランド。現在、これを使ったアート展が東京・表参道ヒルズで開催中。色鮮やかでカワイイ作品に対して...