イギリスの書店で約28年間「売れなかった本」に感動する声が殺到

イギリスにある書店「Broadhursts Bookshop」のツイートが驚異的に拡散され話題になりました。1991年からずっと売れ残っていた本が、ついに売れたんだとか。その報告が、まさかの1万5000以上のリツイート、14万ライクをオーバー。(11月20日現在)

「1991年の5月から在庫に残ってた本が売れた。いつかはこの日がやってくるとわかってた」と記されたツイート。

一体なんでそこまで拡散されることに?と不思議だったのですが、この投稿に「心に残っている本」のことを話す本好きが集まったのが理由のひとつ。

同じように10年間在庫に残っていた本が売れたときは悲しかったと共感する声や、1969年以来読まれていなかった本を見たなんて人も現れ、スレッドは大盛り上がり。

なかには、本を手に取った人の人生まで伝わってきて、じーんとくるものも。いくつか紹介します。

私が働いていた書店には、ピアーズ・モーガン自叙伝のコピーがあって、4年の間に2度働いたことがあるんだけど、1ポンド(約140円)に値下げしても売れなかった!まだそこにあるんじゃないかなあ。

Reference: Robs

『The Larger Moths of Warwickshire』という本が10年売れずに残ってたんですが、誰かが買ったときには、かなり悲しかったのを覚えています。

Reference: Tamsin Rosewell

去年、図書館間貸し出しで受け取った本は、最後の貸出が1969年と書かれていました。図書カードに借りた人の名前が書いてあったので。Facebookで検索してみました。80歳くらいの人で、子供に孫に……、もうリタイアした人でした。いい49年だったんでしょうね。

ちなみに、約28年ぶりに売れた本の正体は、征服王とも呼ばれたイングランド王、ウィリアム1世の子ども用伝記だったそうです。どんな人が買っていったんでしょうね〜。

Top image: © iStock.com/Halfpoint
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「ASA(英国広告基準局)」は、化粧品の誇大広告を踏まえ、製品の効果などについてSNSに写真や動画をアップする際の加工フィルター使用を制限することを決定した。
「あなたがいちばん感動した本を、ください」。そんな呼びかけをして関東地方のとある森のなかに「青空図書館」を作ろうというプロジェクトが始動した。本の寄贈は、...
「Hemsley Conservation Centre」というイギリスの動物園が手がけた、「1.5ポンド(約200円)を払えばゴキブリに名前をつけられる...
本を模したライト「Book Light」。色は5種類で、“本”の開閉により変えることができます。本が好きな家族、友人、恋人に送ってみては?
発酵食品仕込み教室「神楽坂発酵美⼈堂」が、天然のヒト型セラミド配合した「オーガニック セラミド甘酒」をリニューアル発売。
本を選ぶ時、書評欄や書店員さんなど誰かのオススメから選ぶ方は多いでしょう。しかし、今や本もAIがオススメしてくれる時代なんです。ということで話題のAI書店...
イギリスの「ロングウッド・プライマリー・アカデミー」という小学校は、敷地内に瞑想スペースを設置しました。
イギリス在住のとある女性。彼女は20年前、旅行用の本を古本屋で購入しました。たった1ポンドだったその本は、『ハリー・ポッターと賢者の石』の初版。競売人を自...
英ガーディアンによると、イギリス政府が9月から女子学生(11歳〜18歳)に対して、生理用品を無料配布する予定だと言いいます。
書籍『現役官僚の滞英日記』(PLANETS)の著者である現役官僚の橘宏樹氏が、自身が名門大学で過ごした2年間の滞英経験をもとに、英国社会の"性格"に迫りま...
ファッションブランド「KoH T」より、サッと取り出しクシャッとしまう、身に付けるエコバッグ「Pebble」が登場。
寒い季節、イギリスのスムージーに被せられる“ニット帽”。すべて手作りで、帽子、ダイナソー、ユニコーンなど種類は様々。高齢者支援の一環ですが、お土産として買...
イギリスで、ケロッグがブリュワリーとコラボしました。生まれたのは、「Throw Away IPA」と名付けられたビールです。廃棄されるはずだったコーンフレ...
ウォッカと言えば、一般的に原料としてイモ類や穀物が使用されることが多いですよね。でも「Black Cow」ウォッカの原料となるのは牛乳です。
イギリスのヒースロー空港が乗客の手荷物検査の効率化を検討中。2022年までに、手荷物の中身を3D分析できる新装置を導入する方針を発表しました。
ホストが書店員として接客し、且つそれぞれの客に合う本をおすすめしてくれる。「LOVE」をテーマとしていて、「黒いLOVE」「赤いLOVE」「ピンクのLOV...
2019年8月からイギリスのロンドン・ガトウィック空港で試験運用が決まった、ロボットが駐車場にクルマを停めるサービス。クルマの下にアームを入れて、特定の駐...
「Kent Fire and Rescue Service」というイギリスの救助隊が公開した事故現場が、インスタレーションみたい!
2021年の夏から、イギリスで新しい献血の規則が適用される。
本物のアイスを「付録」にしたマルチメディア本が期間限定販売。
これまでもさまざまなタトゥーが話題となってきましたが、今注目されているのは、「刺繍みたい」と言われているソレ。柄を描く一本一本のラインがまるで糸で編まれて...
ハロウィンが終わると、ほとんど日を置かずにクリスマスの気配が漂い始めます。お店にはクリスマスのための新商品が並び、食品陳列棚もクリスマスの食べ物、至るとこ...
イギリスでは小さなカクテル(マイクロカクテル)が流行っているのだとか。つまり、ショットグラスに注がれるカクテルってことです。
料理教室やウォーキングクラブに行くことを処方箋に書けるようです。
7月6日に、イギリスの電力会社Ecotricityの供給する電気がヴィーガン製品として認定されました。
裕福なイギリスの家族が、自分たちの専用フォトグラファーを募集中。仕事内容は、旅行に付き添いひたすら彼らの「思い出写真」を撮るというもの!旅費はすべて負担さ...
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
「Incredible Edible」はイギリスの田舎町トッドモーデンから始まり、今では同国のいたるところで行われているフードプロジェクトです。
多くの課題を抱えながらも、英国の経済状況はここ20年間は右肩上がりです。人口や資源において優位とは言えないはずのこの国が、なぜ国際社会においてこれほど高い...
イギリスでこのコーラルピンクのカードを持っていれば、若者は「あっMonzo(モンゾ)を使ってるんだね。どんな感じ?」と声をかけてくるはずです。