「佐川急便」の制服は約1000万本のPETボトルからできていた!?

「佐川急便」と同社のユニフォームを製造を手掛けている「ミズノ」は、2007年から2018年までの間に、約213万着のエコユニフォームを製作するため約1000万本のペットボトルを再利用したことを発表した。

©佐川急便

宅配企業大手の「佐川急便」は、環境負荷の少ない製品を選択する「グリーン購入」を積極的に進め、様々なエコ関連商品の購入を行なっている。

なかでも配達を担当するセールスドライバーが着用している制服は、原料にペットボトルをリサイクルした再生ポリエステルが使用された「エコマーク認定商品」。

製作にあたって半袖で6本、長袖で8本の500mlペットボトルが再利用され、リユースの困難な使用済のユニフォームは製鉄用の燃料としてリサイクルされているという。

製造を担当している国内のスポーツブランド「ミズノ」も地球環境に配慮された素材を用いて商品開発を行うなど、エコロジーな活動を1991年より展開。同社の製作する快適性にも優れた制服を求めて委託する企業も、現在では非常に多くなっているそうだ。

Top image: © Teerasak Ladnongkhun/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事