年収約2000万円!「うんこパトロール」

霧に包まれたゴールデンゲートブリッジや街中を走るケーブルカー。サンフランシスコに対して、SNS映えするようなイメージを抱く人は多いはず。でも実はこの街にはある深刻な問題があるのです。

それは、人糞。

ホームレスが多いサンフランシスコでは、この街で育ったロンドン・ブリード市長も「ここまで酷いことは今までなかった」と言うほど、道端にたくさんの人糞が落ちていて人々を悩ませています。

そこで、「San Francisco Public Works」はある策を講じることを決めました。街中にある人糞を探し、清掃してくれる人、つまり“うんこパトロール”をしてくれる人を雇うこと。

しかもこの仕事、手当を含めると年に184,678ドル(約2000万円)ももらえるんだとか!かなりの高給でビックリ。たしかに大変な仕事ではありますが……。

Top image: © TABI LABO
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
物価の高いサンフランシスコで、駆け出しのフリーランサーには垂涎のコワーキングスペースが誕生しました。その名も「WePark」。
世界には年収1000万円以上稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行、「自分の時給はいくらか、...
世界には年収1000万円以上を稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。vol.5はライターで...
世界には年収1000万以上稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。起業した時、手持ちの資金は...
「Everytable」は誰でも簡単にヘルシーな食べ物を食べられるようにするのが目標。そこで、彼らは平均年収によって価格を決める制度を導入しました。
「Below The Surface」は、70万ものゴミがいつの時代に製造されたのかを記録しているサイトです。
全世界のウンカー(うんこを出す人々)に、うんこを通じた新しい体験を提供する「うんこミュージアムYOKOHAMA」。8月1日からは、絵が動くARアプリ「pi...
彼女に殺されかけた男が、なんとその彼女に法廷でプロポーズしたという話。しかも、どうしても彼女と結婚したいからという理由で、裁判官に情状酌量を求めたとのこと。
「Plastic Whale」が開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多...
NASAのHPによると宇宙飛行士の給料は約1,100万円に対して、惑星保護官の年収は最高約2,000万円。内容を調べてみると、高額の給料にも納得できる理由...
約400万円から購入できてしまう「Plús Hús」。現在はアメリカ国内のみの展開ですが、今後日本でも販売されればマイホームを手にするハードルがぐっと下が...
8月20日からアメリカ・カリフォルニア州のサンフランシスコ国際空港で、ペットボトルに入った飲料水の販売が禁止された。販売禁止に先駆けて、空港内には約100...
世界には年収1000万円以上を稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。フツーのキャリアから始...
Tacroは、サンフランシスコのベイエリア「Ferry Building Marketplace」にあるカフェ「Vive la Tarte」で販売。これ、...
サンフランシスコ市議会は、「ロンバード・ストリート」を通る車に通行料を課すことを検討中。ここは、急な勾配と曲がりくねった坂道がマニアックなサンフランシスコ...
サンフランシスコの観光スポットでオススメしたい「Musée Mécanique」。年代モノのアンティークゲームマシンが200機以上も並ぶミュージアム。コイ...
アメリカ・オクラホマ州タルサでは、そんな彼らを好待遇で受け入れているんです。例えば、移住をすれば約110万円(10万ドル)が支給されるそう。さらに、月に約...
7社を渡り歩き、マーケッターとして成長していく中で夢であったコピーライターの道を選んで独立。業界経験は十分だった彼女が直面した問題、フリーとなって気づいた...
フランス・マルセイユでは、ゴミ拾いとカヤックを融合させたアクティビティが誕生し、5月30日にはコンテストが開催される予定です。
2019年1月1日より、韓国政府は大型のスーパーマーケットでの使い捨てレジ袋の配布を禁止にしました。約2000店舗がこの条例の対象になります。