大航海時代のイギリス。王の権力の象徴は「本」だったらしい。

もし自分が一国の王なら、何を使って権力を示すだろうか。

金やダイヤモンドを使ったジュエリー。とてつもなく大きな城。いや、マヤ文明の出土品のコレクション、なんてものもいいかもしれない。

1660年にイギリスで王政復古を果たしたチャールズ2世は、「本」によって自らの力を誇示したらしい。

この大きさこそ
「博識の証」

もちろん、ただの本ではない。

大人の人間よりも大きなこの「Klencke Atlas」は、オランダ人学者Joannes Klencke氏によって作られ、チャールズ2世に献上されたもの。見開いた時の大きさは、なんと176x231cm

内容は、チャールズ2世が大好きだったという地図。世界各所を描いたそれは、護衛をつけるほど気に入ったようだ。ちなみに、この大きさが知識の広さ・深さを示すものだと考えられていたらしい。

 現代でも違和感を感じない
地図の正確さ

中身を見ると現代のものと比べて遜色無いように見える。これが1600年代に作られたものだと考えると非常に興味深い。

ちなみに、伊能忠敬が中心となって作製した『大日本沿海輿地全図』の完成は1821年。

ヨーロッパ・アフリカは、特に正確だ。アメリカ大陸の国々やオーストラリア、日本と地理的に遠い場所も幅広く描かれている。

現在、この「Klencke Atlas」は「British Library」で共有財産として保管されている。内容は電子化されているのでWEBサイトからもチェック可能だ。下の動画を見るかぎり、かなり大変な撮影だったんだろうな。

Licensed material used with permission by The British Library
イギリスの書店のあるツイートが驚異的に拡散され話題になりました。1991年からずっと売れ残っていた本が、ついに売れたんだとか!
天井まで届く棚に1300本以上のウィスキー 特別な空間を満喫できる表参道のバーラウンジTOKYO Whisky Library〒107-0062 東京都港...
シリア出身のペインターAbdalla Al Omariさんは、最近ベルギーで難民として認定されたという。そして始めたのが「The Vulnerabilit...
本を模したライト「Book Light」。色は5種類で、“本”の開閉により変えることができます。本が好きな家族、友人、恋人に送ってみては?
「土屋鞄製造所」から、初となるインテリアシリーズが登場。ナチュラルな風合いのヌメ革で仕上がった暮らしに彩りを添えるアイテムを紹介。
ニュージーランド政府観光局は、全ての世界地図にニュージーランドを掲載することを推進するキャンペーン「#getNZonthemap」の第2弾となる動画を公開...
なぜこんな現象が起きるのかは、まだ科学的に解明されていないようですが、動画を提供してくれた消防署によると……。
寒い季節、イギリスのスムージーに被せられる“ニット帽”。すべて手作りで、帽子、ダイナソー、ユニコーンなど種類は様々。高齢者支援の一環ですが、お土産として買...
「Hemsley Conservation Centre」というイギリスの動物園が手がけた、「1.5ポンド(約200円)を払えばゴキブリに名前をつけられる...
イギリスの「ロングウッド・プライマリー・アカデミー」という小学校は、敷地内に瞑想スペースを設置しました。
寒いときに恋しくなるのは、身体を芯から温めてくれる「ホットドリンク」!今回紹介するホットドリンクは、身体に良くて、自宅で手軽にできるものばかりです。冷えは...
本を選ぶ時、書評欄や書店員さんなど誰かのオススメから選ぶ方は多いでしょう。しかし、今や本もAIがオススメしてくれる時代なんです。ということで話題のAI書店...
書籍『現役官僚の滞英日記』(PLANETS)の著者である現役官僚の橘宏樹氏が、自身が名門大学で過ごした2年間の滞英経験をもとに、英国社会の"性格"に迫りま...
英ガーディアンによると、イギリス政府が9月から女子学生(11歳〜18歳)に対して、生理用品を無料配布する予定だと言いいます。
7月から9月にかけて、イギリスでは風力や太陽光、水力などの「再生可能エネルギー」による発電量が化石燃料による発電量を上回った。
多くの課題を抱えながらも、英国の経済状況はここ20年間は右肩上がりです。人口や資源において優位とは言えないはずのこの国が、なぜ国際社会においてこれほど高い...
墓石に使われることの多い「みかげ石」の蓄熱効果を活かした保温力抜群のお皿が登場。1分レンジでチンすれば15分間も温かさを持続!
コンパクトな財布ならではの問題を解決してくれる「進化系三つ折り財布」。
本物のアイスを「付録」にしたマルチメディア本が期間限定販売。
ハロウィンが終わると、ほとんど日を置かずにクリスマスの気配が漂い始めます。お店にはクリスマスのための新商品が並び、食品陳列棚もクリスマスの食べ物、至るとこ...
イギリス在住のとある女性。彼女は20年前、旅行用の本を古本屋で購入しました。たった1ポンドだったその本は、『ハリー・ポッターと賢者の石』の初版。競売人を自...
「Kent Fire and Rescue Service」というイギリスの救助隊が公開した事故現場が、インスタレーションみたい!
使わないときには路上に隠れている電気自動車用の充電スタンドを、イギリス企業Urban Electricが開発した。この「UEone」はアプリで操作をしたら...
イギリスでは小さなカクテル(マイクロカクテル)が流行っているのだとか。つまり、ショットグラスに注がれるカクテルってことです。