大航海時代のイギリス。王の権力の象徴は「本」だったらしい。

もし自分が一国の王なら、何を使って権力を示すだろうか。

金やダイヤモンドを使ったジュエリー。とてつもなく大きな城。いや、マヤ文明の出土品のコレクション、なんてものもいいかもしれない。

1660年にイギリスで王政復古を果たしたチャールズ2世は、「本」によって自らの力を誇示したらしい。

この大きさこそ
「博識の証」

もちろん、ただの本ではない。

大人の人間よりも大きなこの「Klencke Atlas」は、オランダ人学者Joannes Klencke氏によって作られ、チャールズ2世に献上されたもの。見開いた時の大きさは、なんと176x231cm

内容は、チャールズ2世が大好きだったという地図。世界各所を描いたそれは、護衛をつけるほど気に入ったようだ。ちなみに、この大きさが知識の広さ・深さを示すものだと考えられていたらしい。

 現代でも違和感を感じない
地図の正確さ

中身を見ると現代のものと比べて遜色無いように見える。これが1600年代に作られたものだと考えると非常に興味深い。

ちなみに、伊能忠敬が中心となって作製した『大日本沿海輿地全図』の完成は1821年。

ヨーロッパ・アフリカは、特に正確だ。アメリカ大陸の国々やオーストラリア、日本と地理的に遠い場所も幅広く描かれている。

現在、この「Klencke Atlas」は「British Library」で共有財産として保管されている。内容は電子化されているのでウェブサイトからもチェック可能だ。下の動画を見るかぎり、かなり大変な撮影だったんだろうな。

Licensed material used with permission by The British Library
イギリスの書店のあるツイートが驚異的に拡散され話題になりました。1991年からずっと売れ残っていた本が、ついに売れたんだとか!
シリア出身のペインターAbdalla Al Omariさんは、最近ベルギーで難民として認定されたという。そして始めたのが「The Vulnerabilit...
なぜこんな現象が起きるのかは、まだ科学的に解明されていないようですが、動画を提供してくれた消防署によると……。
ニュージーランド政府観光局は、全ての世界地図にニュージーランドを掲載することを推進するキャンペーン「#getNZonthemap」の第2弾となる動画を公開...
イギリスでこのコーラルピンクのカードを持っていれば、若者は「あっMonzo(モンゾ)を使ってるんだね。どんな感じ?」と声をかけてくるはずです。
元々ビスケット工場だった、アイスランドの世界最北の首都レイキャビクにあるホステル「KEX」。随所に当時の面影が残っています。レトロな雰囲気を味わえる空間が素敵!
本を選ぶ時、書評欄や書店員さんなど誰かのオススメから選ぶ方は多いでしょう。しかし、今や本もAIがオススメしてくれる時代なんです。ということで話題のAI書店...
書籍『現役官僚の滞英日記』(PLANETS)の著者である現役官僚の橘宏樹氏が、自身が名門大学で過ごした2年間の滞英経験をもとに、英国社会の"性格"に迫りま...
7月6日に、イギリスの電力会社Ecotricityの供給する電気がヴィーガン製品として認定されました。
多くの課題を抱えながらも、英国の経済状況はここ20年間は右肩上がりです。人口や資源において優位とは言えないはずのこの国が、なぜ国際社会においてこれほど高い...
シンプルなアイデアですが、予想以上の人気っぷりで、クリスマスまでのストックが既になくなっているこちらのチョコレート。ホットミルクの中に入れると、中から出て...
「Incredible Edible」はイギリスの田舎町トッドモーデンから始まり、今では同国のいたるところで行われているフードプロジェクトです。
50人分の手描きの「TOKYO」の地図が収められている『TOKYO 35°N』。「Romantic Geographic Archive」シリーズ第一弾書...
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
絵を売りながら旅をしていたMaxwell Tileseさん。イギリスへ行った時に、ロンドン市内にあった歴史あるパブに魅せられ、パブの絵を描いた。ロンドンへ...
ヨーロッパの小国「ルクセンブルク」が、2019年の夏までに公共交通機関をすべてタダにすると発表しました。
料理教室やウォーキングクラブに行くことを処方箋に書けるようです。
使わないときには路上に隠れている電気自動車用の充電スタンドを、イギリス企業Urban Electricが開発した。この「UEone」はアプリで操作をしたら...
文学作品は世界各国の言語や文化、美意識や歴史が反映されたその国の鏡のようなもの。どんな作品が好まれているのかを知ることは、その国を知るための重要な一歩にな...
ビル・ゲイツは年に数回、<Think Week(考える週)>を設けている。その間は本を読んだり、同僚が時代に取り残されないように、と選んでくれた資料に目を...
ウォッカと言えば、一般的に原料としてイモ類や穀物が使用されることが多いですよね。でも「Black Cow」ウォッカの原料となるのは牛乳です。
連休になると街中にあふれる旅行の広告。ついつい見てしまう素敵な写真と一緒に、目的地に向かいたくなる誘い文句が飛び交うのだけど「お金があれば行ってるよー!」...
突然ですが、「イギリス英語」と聞いて、どんなことが頭に浮かびますか?ハリー・ポッター?ベネディクト・カンバーバッチ?それとも、何となく「紳士・淑女」っぽい...
リビングにいても、キッチンにいても、本を開いた途端、そこが図書館になる。それならば、もういっそのこと、どっぷり本の世界に浸ることができる家具をつくりたい。