大航海時代のイギリス。王の権力の象徴は「本」だったらしい。

もし自分が一国の王なら、何を使って権力を示すだろうか。

金やダイヤモンドを使ったジュエリー。とてつもなく大きな城。いや、マヤ文明の出土品のコレクション、なんてものもいいかもしれない。

1660年にイギリスで王政復古を果たしたチャールズ2世は、「本」によって自らの力を誇示したらしい。

この大きさこそ
「博識の証」

B768668774ef3390a35a7d026604ba051b4bf3b3

もちろん、ただの本ではない。

大人の人間よりも大きなこの「Klencke Atlas」は、オランダ人学者Joannes Klencke氏によって作られ、チャールズ2世に献上されたもの。見開いた時の大きさは、なんと176x231cm

内容は、チャールズ2世が大好きだったという地図。世界各所を描いたそれは、護衛をつけるほど気に入ったようだ。ちなみに、この大きさが知識の広さ・深さを示すものだと考えられていたらしい。

 現代でも違和感を感じない
地図の正確さ

77d21d2568843a2d33c820530d0c683924b208c171c5fd834e75e1304ff25be2ea19c0bb0474eed8

中身を見ると現代のものと比べて遜色無いように見える。これが1600年代に作られたものだと考えると非常に興味深い。

ちなみに、伊能忠敬が中心となって作製した『大日本沿海輿地全図』の完成は1821年。

F1cc3ebd32eef9659d35f53fb1e6b7877f9f0c9d5dae5f4d905f590fd7eea0ccd5f5a7e085c1ae02261406c8aac8c27a74db73cdf7ed4ddb71c89efb

ヨーロッパ・アフリカは、特に正確だ。アメリカ大陸の国々やオーストラリア、日本と地理的に遠い場所も幅広く描かれている。

4be8abe782d32b98899f4b10c999a535fa121dcf180091c138e301852c1961f7ffc6296e3d260a93D757367d10eac2131e776e0db4f78a967fdd50e0

現在、この「Klencke Atlas」は「British Library」で共有財産として保管されている。内容は電子化されているのでウェブサイトからもチェック可能だ。下の動画を見るかぎり、かなり大変な撮影だったんだろうな。

Licensed material used with permission by The British Library
シリア出身のペインターAbdalla Al Omariさんは、最近ベルギーで難民として認定されたという。そして始めたのが「The Vulnerabilit...
本を選ぶ時、書評欄や書店員さんなど誰かのオススメから選ぶ方は多いでしょう。しかし、今や本もAIがオススメしてくれる時代なんです。ということで話題のAI書店...
50人分の手描きの「TOKYO」の地図が収められている『TOKYO 35°N』。「Romantic Geographic Archive」シリーズ第一弾書...
7月6日に、イギリスの電力会社Ecotricityの供給する電気がヴィーガン製品として認定されました。
ブッダは悟りを開く前に、数年にわたり生死の境を行き来するような苦行を続け、その後、苦行のみでは悟りを得ることができないということを理解したそう。苦行の一つ...
「麦茶」と「ベーコン」という、意外な組み合わせに驚くでしょうが、その味も驚きです。
絵を売りながら旅をしていたMaxwell Tileseさん。イギリスへ行った時に、ロンドン市内にあった歴史あるパブに魅せられ、パブの絵を描いた。ロンドンへ...
文学作品は世界各国の言語や文化、美意識や歴史が反映されたその国の鏡のようなもの。どんな作品が好まれているのかを知ることは、その国を知るための重要な一歩にな...
多くの課題を抱えながらも、英国の経済状況はここ20年間は右肩上がりです。人口や資源において優位とは言えないはずのこの国が、なぜ国際社会においてこれほど高い...
ビル・ゲイツは年に数回、<Think Week(考える週)>を設けている。その間は本を読んだり、同僚が時代に取り残されないように、と選んでくれた資料に目を...
最近見つけたストーブ「Aquaforno Ⅱ」。これ、とっても多機能なんです!肉を焼くのはもちろん、ピザもつくれる焼き窯もあるんですよ。他にも便利な機能が...
連休になると街中にあふれる旅行の広告。ついつい見てしまう素敵な写真と一緒に、目的地に向かいたくなる誘い文句が飛び交うのだけど「お金があれば行ってるよー!」...
「お気に入りの本を友だちにオススメしたいですか?」という質問に対して、先生も予想しなかっただろう答えを書いています。
突然ですが、「イギリス英語」と聞いて、どんなことが頭に浮かびますか?ハリー・ポッター?ベネディクト・カンバーバッチ?それとも、何となく「紳士・淑女」っぽい...
リビングにいても、キッチンにいても、本を開いた途端、そこが図書館になる。それならば、もういっそのこと、どっぷり本の世界に浸ることができる家具をつくりたい。
旅と食べ物をこよなく愛するふたり組のアーティスト、Caitlin LevinとHenry Hargraves。彼らが作り上げた世界地図は、その国の特産品や...
書籍『現役官僚の滞英日記』(PLANETS)の著者である現役官僚の橘宏樹氏が、自身が名門大学で過ごした2年間の滞英経験をもとに、英国社会の"性格"に迫りま...
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
「Contexts」は“音楽”と“本”をテーマにしたイベントで、粋なミュージシャンがライブパフォーマンスと共にお気に入りの本をリコメンドするという内容。こ...
ニューヨークの夫婦の要望に応え、デザイナーがリノベーションした物件。シャイで好奇心旺盛な愛猫のために、専用通路や仕掛け扉を設けたうえ、たくさんの本を収納で...
いま、Instagramでブレイク中のこのお皿。なんでも、盛りつけるだけで料理写真が誰でも“かわいらしく”撮れるんだそう。しかもこれ、日本の「かわいい文化...
使わないときには路上に隠れている電気自動車用の充電スタンドを、イギリス企業Urban Electricが開発した。この「UEone」はアプリで操作をしたら...
『Context=文脈』をテーマにした、音楽と本のイベント。素敵な音を奏でるアーティストのライブと、彼ら自身が推薦する本を“音楽家の本棚”に並べて展開しま...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...