大航海時代のイギリス。王の権力の象徴は「本」だったらしい。

もし自分が一国の王なら、何を使って権力を示すだろうか。

金やダイヤモンドを使ったジュエリー。とてつもなく大きな城。いや、マヤ文明の出土品のコレクション、なんてものもいいかもしれない。

1660年にイギリスで王政復古を果たしたチャールズ2世は、「本」によって自らの力を誇示したらしい。

この大きさこそ
「博識の証」

B768668774ef3390a35a7d026604ba051b4bf3b3

もちろん、ただの本ではない。

大人の人間よりも大きなこの「Klencke Atlas」は、オランダ人学者Joannes Klencke氏によって作られ、チャールズ2世に献上されたもの。見開いた時の大きさは、なんと176x231cm

内容は、チャールズ2世が大好きだったという地図。世界各所を描いたそれは、護衛をつけるほど気に入ったようだ。ちなみに、この大きさが知識の広さ・深さを示すものだと考えられていたらしい。

 現代でも違和感を感じない
地図の正確さ

77d21d2568843a2d33c820530d0c683924b208c171c5fd834e75e1304ff25be2ea19c0bb0474eed8

中身を見ると現代のものと比べて遜色無いように見える。これが1600年代に作られたものだと考えると非常に興味深い。

ちなみに、伊能忠敬が中心となって作製した『大日本沿海輿地全図』の完成は1821年。

F1cc3ebd32eef9659d35f53fb1e6b7877f9f0c9d5dae5f4d905f590fd7eea0ccd5f5a7e085c1ae02261406c8aac8c27a74db73cdf7ed4ddb71c89efb

ヨーロッパ・アフリカは、特に正確だ。アメリカ大陸の国々やオーストラリア、日本と地理的に遠い場所も幅広く描かれている。

4be8abe782d32b98899f4b10c999a535fa121dcf180091c138e301852c1961f7ffc6296e3d260a93D757367d10eac2131e776e0db4f78a967fdd50e0

現在、この「Klencke Atlas」は「British Library」で共有財産として保管されている。内容は電子化されているのでウェブサイトからもチェック可能だ。下の動画を見るかぎり、かなり大変な撮影だったんだろうな。

Licensed material used with permission by The British Library
シリア出身のペインターAbdalla Al Omariさんは、最近ベルギーで難民として認定されたという。そして始めたのが「The Vulnerabilit...
50人分の手描きの「TOKYO」の地図が収められている『TOKYO 35°N』。「Romantic Geographic Archive」シリーズ第一弾書...
文学作品は世界各国の言語や文化、美意識や歴史が反映されたその国の鏡のようなもの。どんな作品が好まれているのかを知ることは、その国を知るための重要な一歩にな...
ビル・ゲイツは年に数回、<Think Week(考える週)>を設けている。その間は本を読んだり、同僚が時代に取り残されないように、と選んでくれた資料に目を...
絵を売りながら旅をしていたMaxwell Tileseさん。イギリスへ行った時に、ロンドン市内にあった歴史あるパブに魅せられ、パブの絵を描いた。ロンドンへ...
連休になると街中にあふれる旅行の広告。ついつい見てしまう素敵な写真と一緒に、目的地に向かいたくなる誘い文句が飛び交うのだけど「お金があれば行ってるよー!」...
突然ですが、「イギリス英語」と聞いて、どんなことが頭に浮かびますか?ハリー・ポッター?ベネディクト・カンバーバッチ?それとも、何となく「紳士・淑女」っぽい...
旅と食べ物をこよなく愛するふたり組のアーティスト、Caitlin LevinとHenry Hargraves。彼らが作り上げた世界地図は、その国の特産品や...
「Contexts」は“音楽”と“本”をテーマにしたイベントで、粋なミュージシャンがライブパフォーマンスと共にお気に入りの本をリコメンドするという内容。こ...
いま、Instagramでブレイク中のこのお皿。なんでも、盛りつけるだけで料理写真が誰でも“かわいらしく”撮れるんだそう。しかもこれ、日本の「かわいい文化...
ニューヨークの夫婦の要望に応え、デザイナーがリノベーションした物件。シャイで好奇心旺盛な愛猫のために、専用通路や仕掛け扉を設けたうえ、たくさんの本を収納で...
『Context=文脈』をテーマにした、音楽と本のイベント。素敵な音を奏でるアーティストのライブと、彼ら自身が推薦する本を“音楽家の本棚”に並べて展開しま...
「使える」かどうかは分からないけど、イギリスの不思議なスラングを紹介しましょう。英語の勉強に疲れたとき、少しでも役に立てばいいのですが…。ちょっぴり皮肉屋...
親に「目が悪くなるよ」と言われながらも、布団のなかで夢中になって本を読んだ子どもの頃。あとちょっと、と思いながらも止まらなくなって、結局朝を迎えてしまった...
イギリスの〈Royal Mail(ロイヤルメール)〉、つまり日本でいうところの郵便局のレターバッグ。手紙の仕分け用です。A4サイズの書類を入れても余裕があ...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
アメリカ人女優メーガン・マークルとイギリス王室のヘンリー王子の婚約は、様々穴てんで実は歴史的なものといえる。その4つのポイントを紹介。メーガンが英国王室で...
2013年に稼働終了した「Shepton Mallet Prison」。最近になり、重い扉がまた開かれた。17世紀に建てられたこの古い刑務所では、現在ゴー...
ブックバスのプロジェクトを立ち上げたのは、インターネットを中心に古本の買取販売を行っている「バリューブックス」。古本の買取と寄付によって本を集め、それを販...
モンティ・パイソンは、60〜70年代にイギリスで活躍した伝説的なお笑いグループ。革命的な笑いは、アメリカの「サタデー・ナイト・ライブ」をはじめとして様々な...