時代を象徴する紙幣に……「アラン・チューリング」がイギリスの新50ポンド札の肖像

イングランド銀行は、イギリスの新しい50ポンド紙幣の肖像に暗号解読者のアラン・チューリングを選定。

「人工知能の父」と呼ばれるアラン・チューリングは、第二次世界大戦中に活躍したコンピューター科学の先駆者。ナチス・ドイツの暗号通信「エニグマ」の解読に成功するなど、連合国側の勝利に貢献した人物だ。一方で、当時違法とされていた同性愛を理由に有罪判決を受けたバックグラウンドも。近年、イギリスでは紙幣の肖像についても多様性を求める動きが盛んになっており、この決定は時代の変化を象徴するものとなった。

イギリス出身のTABI LABOキュレーター・ベンによると、「時代に認められなかった偉人」が選ばれたことに意味があるとのこと。

「50ポンド札はほとんど見ない」と語るベン。キャッシュレス先進国であるイギリスでは高額紙幣はおろか現金すらあまり使うことも目にすることもないらしい。そんな時代に新たなお札を造る必要性はあるのか……今回の決定でいえることは、紙幣としての価値よりも、紙幣の刷新が意味することの価値が重視されたのだろう。新50ポンド札は、2021年末までに流通する予定だ。

Top image: © Christopher Furlong/Getty Images
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

イギリスで2016年9月13日より始まった、新5ポンド札の流通。紙幣に変わるプラスチック製の(合成樹脂幣)ということでも話題になっているけれど、その記念す...
「Change.org」で、あるキャンペーンが始まった。発起人Simon Mitchell氏の主張はこうだ。「来る新しい20ポンド紙幣の顔は、デヴィッド・...
アメリカでいま、初めて女性が紙幣に起用されようとしています。ジェンダーの平等では、日本よりも意識が高いはずのアメリカですが、意外にもこれまで紙幣になった女...
映画『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』を見て暗号解読に挑戦してみたいという人がいるならば、ぜひイギリス・チェルシーにあるバー「The ...
明治大学で微生物学を研究する村上周一郎教授が、熟成肉を製造するレストラン経営者と協力し開発した「エイジングシート」
米国バイデン政権が、20ドル紙幣に印刷される新しい顔として、19世紀の奴隷解放運動活動家であるハリエット・タブマン氏の採用を検討していることを発表。もし今...
「Hemsley Conservation Centre」というイギリスの動物園が手がけた、「1.5ポンド(約200円)を払えばゴキブリに名前をつけられる...
イギリス在住のとある女性。彼女は20年前、旅行用の本を古本屋で購入しました。たった1ポンドだったその本は、『ハリー・ポッターと賢者の石』の初版。競売人を自...
写真をアップロードするだけで10種類のタッチのオリジナル肖像画が作れるサービス「AI画伯」が海外で話題!
新元号の「令和」が発表された直後、多くの人が「REIWA(西オーストラリア不動産研究所)」に注目。4月1日、REIWAのWEBサイトのトラフィックは、7割...
高級ホテルチェーン「ローズウッドホテルズ&リゾーツ」が日本初進出となる「ローズウッド 宮古島」を2024年に開業すると発表した。
イギリスのヒースロー空港が乗客の手荷物検査の効率化を検討中。2022年までに、手荷物の中身を3D分析できる新装置を導入する方針を発表しました。
インドネシアの富裕層の間で、花束に紙幣を混ぜたり、お札で花をかたどった「Money Bouquet」が人気急上昇。
イギリス空軍には“UFO部門”が存在していたが「潜在的な脅威」である証拠を得られずに2009年に閉鎖。今回、閉鎖されるまで50年間にわたって調査資料がイン...
とある先生が教壇に立ち、きれいな20ドル紙幣を掲げてこう問いかけました。「これが欲しい人は?」。生徒たちは一斉に手を挙げます。先生は小さく紙幣を折りたたみ...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
コービー・ブライアントの肖像を「NBA」の“新しいロゴ”にするという署名活動。ジャスティン・ビーバーやスヌープ・ドッグら著名人の拡散もあり、同署名は1月3...
2021年の夏から、イギリスで新しい献血の規則が適用される。
イギリスのInstagramでムーブメントとなっている「Run 5 Donate 5 Nominate 5」の紹介。
「The World's 50 Best Bars 2020」が発表され、日本からは10位に「The SG Club」、40位に「Bar Benfiddi...
茨城県ひたちなか市が発祥の「サザコーヒー」が、今月末まで提供している特別なコーヒーがある。そのお値段、仰天の1杯50万円━━。
ハロウィンが終わると、ほとんど日を置かずにクリスマスの気配が漂い始めます。お店にはクリスマスのための新商品が並び、食品陳列棚もクリスマスの食べ物、至るとこ...
寒い季節、イギリスのスムージーに被せられる“ニット帽”。すべて手作りで、帽子、ダイナソー、ユニコーンなど種類は様々。高齢者支援の一環ですが、お土産として買...
2019年は、伝説のロックフェス「ウッドストック」が1969年に開催されてから50周年。それを祝うフェス「Bethel Woods Music and C...
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
スウェーデンのバーガーキングは、バーガーのパテが本物の肉かどうかを見分ける新メニュー「50/50」を発売。注文したお客に、フェイクミートと本物をランダムに...
イギリスの「ロングウッド・プライマリー・アカデミー」という小学校は、敷地内に瞑想スペースを設置しました。
英ガーディアンによると、イギリス政府が9月から女子学生(11歳〜18歳)に対して、生理用品を無料配布する予定だと言いいます。
五百田達成さんによる実用エンタメ小説『アラン先生と不幸な8人』は、日本中から集められた不幸な高校生が、『幸福論』の著者・アランの化身である亜蘭幸男(あらん...
7月から9月にかけて、イギリスでは風力や太陽光、水力などの「再生可能エネルギー」による発電量が化石燃料による発電量を上回った。