時代を象徴する紙幣に……「アラン・チューリング」がイギリスの新50ポンド札の肖像

イングランド銀行は、イギリスの新しい50ポンド紙幣の肖像に暗号解読者のアラン・チューリングを選定。

「人工知能の父」と呼ばれるアラン・チューリングは、第二次世界大戦中に活躍したコンピューター科学の先駆者。ナチス・ドイツの暗号通信「エニグマ」の解読に成功するなど、連合国側の勝利に貢献した人物だ。一方で、当時違法とされていた同性愛を理由に有罪判決を受けたバックグラウンドも。近年、イギリスでは紙幣の肖像についても多様性を求める動きが盛んになっており、この決定は時代の変化を象徴するものとなった。

イギリス出身のTABI LABOキュレーター・ベンによると、「時代に認められなかった偉人」が選ばれたことに意味があるとのこと。

「50ポンド札はほとんど見ない」と語るベン。キャッシュレス先進国であるイギリスでは高額紙幣はおろか現金すらあまり使うことも目にすることもないらしい。そんな時代に新たなお札を造る必要性はあるのか……今回の決定でいえることは、紙幣としての価値よりも、紙幣の刷新が意味することの価値が重視されたのだろう。新50ポンド札は、2021年末までに流通する予定だ。

Top image: © Christopher Furlong/Getty Images
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

イギリスで2016年9月13日より始まった、新5ポンド札の流通。紙幣に変わるプラスチック製の(合成樹脂幣)ということでも話題になっているけれど、その記念す...
「Change.org」で、あるキャンペーンが始まった。発起人Simon Mitchell氏の主張はこうだ。「来る新しい20ポンド紙幣の顔は、デヴィッド・...
アメリカでいま、初めて女性が紙幣に起用されようとしています。ジェンダーの平等では、日本よりも意識が高いはずのアメリカですが、意外にもこれまで紙幣になった女...
映画『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』を見て暗号解読に挑戦してみたいという人がいるならば、ぜひイギリス・チェルシーにあるバー「The ...
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
米国バイデン政権が、20ドル紙幣に印刷される新しい顔として、19世紀の奴隷解放運動活動家であるハリエット・タブマン氏の採用を検討していることを発表。もし今...
「Hemsley Conservation Centre」というイギリスの動物園が手がけた、「1.5ポンド(約200円)を払えばゴキブリに名前をつけられる...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
近年注目を集めた雪駄×スニーカー「unda-雲駄-」からアップデートモデル「unda 2.0」が登場。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...