幸せの象徴ではない「黄色」のもうひとつの顔を知っていますか?

一番好きな色を聞かれて「黄色」と答える人は、どのくらいいるでしょうか?爽やかなイメージ、レモンやバナナといった新鮮なフルーツ、もしくはお気に入りの戦隊モノやアイドルをイメージする人も多いかもしれません。

書籍『色で巡る日本と世界 くらしの色・春夏秋冬』では、さまざまな色に関する歴史やトピックについてまとめられていました。

その中でも黄色は「時代や環境によって、こうもイメージ変わるのか…」と思わされるほど、数奇な運命をたどっているのです。

東洋ではポジティブな
「黄色」

1d08e7d49a5a1df0650454bf183d2fc4122eb567

黄色は、明るい希望の色、喜びと幸せにあふれる色だとされています。映画『幸福の黄色いハンカチ』では困難を乗り越える愛情を、ビートルズの名曲『イエロー・サブマリン』では理想的な世界を暗示しています。新幹線電気軌道総合試験車「ドクターイエロー」が、見ると幸せになれるという都市伝説を生んだのは、記憶に新しいでしょう。

太陽の輝きや野に咲く花々、秋に実る穀物、地下に眠る資源など…大地の恵みを束ねた豊かな黄色のイメージは広く愛されてきました。インドではウコンの黄色は、幸せな結婚生活を象徴し、病に打ち勝つ力があるとされています。東洋では仏教を表す色、中国では大地の中心であり皇帝の色、ポリネシアでは神聖な本質を持つ色です。

しかし、黄色は東洋と西洋で大きくイメージが異なり、とくにキリスト教圏では長く忌み嫌われたのです。

イスカリオテの
ユダの色

黄色は、古代ギリシャ人やローマ人には鮮やかで温もりのある色としてポジティブに用いられ、巫女や神官が身につける色とされていました。

それが、中世になると評価が一転。多くの色が正と負両方の象徴を持つにも関わらず、なぜか黄色は否定的な意味に偏っていくのです。キリストを裏切ったユダを指す色とし、ユダヤ人やイスラム教徒を排除する目印に利用されたことから、アウトサイダーや堕落した者のレッテルとして使われていました。

キリスト教では、金色は崇高な輝きで人々を照らす光そのもので、天上と地上を媒介する色でした。ポジティブな象徴は金色に奪われてしまい、黄色は衰退、病気、憂鬱など、避けるべきネガティブなものの象徴になったのです。

犯罪者の家は黄色く塗られ、火あぶりの刑を受ける者は直前に黄色い服を着せられ、妻に不倫された夫は黄色い衣装やネクタイで戯画化されました。

狂気、嫉妬、不名誉の色としての黄色は、20世紀半ばまで続きました。

幸福なカラーとしての
「イメージ復権」

Bb993685a33de2c49cecb3aaca9feba85149c554

不遇な過去をもつ黄色でしたが、ルネサンス期以降復権が始まります。18世紀にはシノワズリー(中国趣味)と共に流行し、ナポレオンの治世には、その明るく華やかな色彩と豊かな色調が受け入れられました。

また、ゲーテの『若きウェルテルの悩み』に登場する黄色いチョッキと青い燕尾服が流行。本来の黄色が持つ、人目を惹くという特性は実用性が高く、今日では安全を促す交通標識やサインに使われ、心浮き立つパッケージなどのデザインにも多用されるようになりました。

黄色は、美しく発展的な色でもあります。因習から解放されて持ち味が存分に発揮されるようになったとき、本当の意味で「幸福を意味する色」として輝きはじめるでしょう。

雨上がりに空に現れる、7色の虹。現在、虹(レインボー)といえば7色が全世界共通ですが、じつは時代や国によって認識が違っていたのです。書籍『色で巡る日本と世...
スコットランド生まれの、タータン。マフラー、シャツ、スカートなどにも採用される人気の柄ですが、そこには私たちが知らないストーリーがありました。色にまつわる...
「その年の色」が、あるんです。JAFCAが選定した2018年の色は、時代を象徴する3つの理由から選ばれた「ビジョナリーミント」。
Daisy Chausséeさんのインスタグラムには旅の思い出が色ごとに分けられている。全体でアカウントを見ればグラデーションになっていてとっても綺麗。そ...
たとえ職場を変えても、新たな街に移り住んだとしても、ネガティブな人というのは必ずいて、あなたに付いてまわります。周りを変えることはできないからこそ、ポジテ...
世界には、様々なブランドがあります。グローバル化が進む時代において、企業が一体どんなキャラクターであるのかを発信していく重要性は、ますます高まっていくので...
もしあなたがネガティブだとしても諦めないでください。悲観的な考えをしてしまうからと言って、前向きになれないわけではないのです。ここに今すぐ試せる6つのこと...
目が見えない人にとって、世界はどう感じるのでしょうか?そこで、今回紹介する動画がテーマにしているのは「色」です。「Cut.com」が今回チャレンジしたのは...
最近は、PCやスマホばかりで、すっかりえんぴつを使う機会が減った。だからだろうか。「500色の色えんぴつ」というネーミングに妙に心が惹かれたのだ。この色え...
ディズニーのキャラクターっていえば、誰が頭に浮かんでくるでしょうか?アラジン、ピノキオ、それともニモ…。じつにたくさんのキャラが存在するわけですが、そこに...
どんなに辛いことがあっても「やはり前向きに生きることが大切」なのだと実感させてくれる記事を紹介。ここにある17のことを、ひとつづつ取り入れていくと、人生へ...
多くの科学者は言います。「私たちは、高い確率で赤色を異なる風に認識している」と。しかし、その正確な理由を知るのは困難です。さらに「Little Thing...
外国人に「なぜ日本は○○なの?」と質問されても、パッと答えられない自分がいる…。そういう方も、決して少なくないと思います。ここでは、日本に関する雑学を集約...
アメリカ・カリフォルニア州のサンディエゴに住んでいるコンチェッタさんは、私たちが可能だとされている100倍もの色を見分けることができるらしい・・・。基本的...
日本にも「茶柱が立つ」「朝のクモ」のように、縁起がいいと言われる出来事がいくつかあります。世界でも同じく「幸せのしるし」と信じられているものがあり、ときに...
見ての通り、ネットで「羽がきれい!」と話題になっており注目度が急上昇中。日本の動物園でも飼育されている鳥なんですよ。「ミノバト」は、東南アジアが主な生息地...
ムスリムの女性が身につける布、ヒジャブ。これを被っているとひと目でイスラム教徒だということがわかってしまうので、イスラム教への誤解や偏見が強まっている現代...
「ハラル」という言葉をご存知でしょうか? アラビア語で「許されている、許可されている」といった意味を持つ言葉で、イスラム教の戒律で認められたものや行動を指...
好きな色には性格が現れる。なんて、よく聞く話ではあります。が、その中でも選んだ車の色にはその人の個性が現れると思いませんか?だって、結構大きな買い物ですか...
注文方法は、顔の画像を添付して送るだけ。