日本初イスラム教徒向けホテルが開業。「100%ハラール料理」と「礼拝堂完備」

日本初となるイスラム教徒によるイスラム教徒のためのホテルが間もなく開業する。場所は千葉県木更津市、アクアラインを使えば羽田空港までおよそ20分という好立地だ。

ホテルなら都内にいくらでもある。が、それらがイスラム教徒が安心して宿泊できる施設かといえば、残念ながらそうではないんだそう。ここでいう“安心”とは、礼拝と食事を指す。

9月10日にオープン予定の「Jesly Villa Tokyo(ジェスリ ヴィラ トウキョウ)」。ウリは、男女それぞれ個別のプレイヤールーム(礼拝堂)やウドゥー(祈りの前に手足や口を清める洗い場)を完備していること。

さらに併設するレストランでは、ムスリムのシェフが作る100%ハラール料理を楽しむことができる。支配人ジェリスさんは自分と同じイスラム教徒200人にヒアリングし、旅先での懸念点である食と礼拝の不安を払拭する施設作りを実現させた。

インバウンド需要が増える背景で、もてなす側もじつに多様化してきている。

©JY Global
©JY Global
©JY Global
Top image: © JY Global
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

風変わりなデザインをしたマット。説明もなく見ただけでは、正直使いみちがわかる人はあまりいないのでは?実はこれ、環境を配慮して作られた礼拝用マットなんです。
ホテルブランド「ヒルトン」から、日本初上陸となるブランド「ヒルトン・ガーデン・イン」を京都に2022年12月開業すると発表された。
「ハラル」という言葉をご存知でしょうか? アラビア語で「許されている、許可されている」といった意味を持つ言葉で、イスラム教の戒律で認められたものや行動を指...
20以上の国と地域において、155軒以上のデザイン重視のホテルを展開する「ACホテル・バイ・マリオット」が日本初進出。銀座にオープンする同ホテルは、銀座と...
「リーボック」が今月8日(月)の「国際女性デー」にあわせ、女性の多様な個性を称える「It’s A Man’s World」2021コレクションを順次発売。
10月初旬、一般社団法人「ベジフード協会」(大分市)は、日本初となる「ムスリム自販機」を大分市内の「高崎山自然動物園」内に設置した。
イスラム教の信仰とは? ヒジャブの役割とは? ハラーフフードの定義とは? ラマダンの意義とは? 礼拝の立ち位置とは? イスラム教徒(ムスリム)のラハマリア...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
テレワークスペースのシェアサービス「テレスペ」が先月26日に開業した「デニーズ幡ヶ谷店」の店内でのワークスペース提供の実証実験を開始した。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。