愛情は神様から与えられた“美しい恵"

今、ムスリムは世界に19億人もいると言われている。とはいえ、日本に暮らす僕たちは、まだまだ彼らのライフスタイルを具体的には分かっていない。

そこで、ムスリムとの距離感を縮めるために、東京生まれ東京育ちのクリエイター、ラハマリア・アウファ・ヤジッドさんにお話を聞くことに。もちろん、彼女もイスラム教を信仰するひとりだ。

ムスリムに聞いてみたいと思ったことはあるけど、正直、聞きづらい……そんなアレコレについて教えてもらった。

第4回目のテーマは「恋愛」。

【ムスリムの恋愛観】
人を愛することは、とても美しい

ムスリムの恋愛観とは?
©ラハマリア・アウファ・ヤジッド

「ムスリムって、結婚はお見合いなの?」「恋愛はしないの?」

こんなお便りをたくさんいただきます。イスラムの教えでは婚前交渉が禁じられているため、恋愛をしないイメージをよく持たれていますが、ムスリムは恋愛をしないわけではないんですよ。

むしろ恋愛は、ムスリムにとって、とても大事なテーマ。

もちろん、いいなと思う人がいれば、好意を抱きます。人間だもの。

人に魅力を感じることは全然おかしいことではないし、人を愛することはイスラムではとても美しいこととされています。

ただし、そこにはきちんとルールがあります。イスラム的“正しく愛と向き合う方法”が。

私たちは清く正しく美しく生きたいから、闇雲に自分の欲に従わない。

好きな人や気になる人がいれば、理性を保った方法でお近づきします。

誰もが自分の欲だけに従って行動していたら、全ての人の心も体も傷つくと考えられています。そのリスクを回避するには、男女がお互いに理性を保つことがとても大事。誰も傷つきたくないでしょう?

そのために、女性は美しさを包み隠すためにヒジャブを纏って、男性も欲に支配されないようにできるだけ視線を下げる努力をします。

肉体関係は結婚してから。貞節を守った男女が出会い、夫婦になります。もちろん、例外もあります。信仰は人それぞれ自分なりに努力して、実践することだから。

純粋なイスラムの教えに従えば、女性はまさに衣に包まれた美しい真珠。男性はその真珠の輝きに釣り合うよう、心と体を磨いて運命の出会いがあるまで精進します。

それは純愛以外の何ものでもないです。

ムスリムにとって、結婚はとても喜ばしいことです。

配偶者をもち、そして、子どもを授かる。親としての責任、子としての責任……家庭をもつ人として成長できるし、愛情に深みが出る。「結婚は信仰の半分」と言われるほどです。

人はひとりでは生きていけませんよね。もちろん、独身であることが間違いではありません。ただ、結婚はイスラムの教えでは推奨される行為です。

クルアーンでは「性」について多く語られていますが、それは決して抑圧的なものではないです。

むしろ、性や結婚に対しては肯定的。男女がそれぞれの肉体的・精神的特徴を理解して、お互いに向き合っています。

結婚することや家庭をもつことに対して肯定的な教えだから、ムスリムの人口が増えているのではないでしょうか?

ムスリムは、愛情をこの世における神様が与えた“美しい恵”として捉えているんです。

ラハマリア・アウファ・ヤジッド

インドネシア人の両親をもつ、東京都出身のクリエイター。ヒジャブを使ったモデストファッションを提案し、東京らしいセンスを取り入れたメイクやファッションをInstagramを中心に発信している。スタイリングアドバイザーとしても活躍中。

【Instagram】https://www.instagram.com/aufatokyo/

 

イスラム教をもっと知る!

↓↓ CLICK ↓↓

Top image: © ラハマリア・アウファ・ヤジッド
イスラム教の信仰とは? ヒジャブの役割とは? ハラーフフードの定義とは? ラマダンの意義とは? 礼拝の立ち位置とは? イスラム教徒(ムスリム)のラハマリア...
ラハマリア・アウファ・ヤジッドさんはファッションを通して日本におけるイスラム教やムスリムへのイメージを変えようしているクリエイターだ。東京生まれ東京育ちの...
ハラーフフードとは、イスラム教において「食べること」が許されている食材。アラビア語で合法を意味する。食べられるものはどれくらいあるのか?など、ムスリムのラ...
イスラム教徒(ムスリム)にとって、「『豚を食べない』『お酒を飲まない』は壮大な人生におけるほんの一部でしかなく、とても小さいもの」です。
2016年の熊本地震から4年。復興の新たな挑戦としてスタートした、創業200年の「浜田醤油」による日本発の「XO醬」。
ヒジャブとは、イスラム教徒(ムスリム)女性が「髪の毛を覆い隠す」ためのスカーフ。なぜ着ける必要があるのか? どのような想いで着けているのか? ムスリムのラ...
ムスリムにとっての礼拝とは、定められた時間におこなう1日5回の義務。“心の食事”のようなものと語るムスリムのラハマリア・アウファ・ヤジッドさんに様々なこと...
ムスリムにとって「神様(アッラー)」はどんな存在? 東京生まれ東京育ちのクリエイター、ラハマリア・アウファ・ヤジッドさんに聞く、イスラム教徒の神様についての話。
ラマダンとは、五行六信のうちのひとつである断食をおこなう月で、ムスリムにとっては一大行事。食べないことは辛くないのか?など、ムスリムのラハマリア・アウファ...
イスラム教徒(ムスリム)にとって「死」とは? 東京生まれ東京育ちのクリエイター、ラハマリア・アウファ・ヤジッドさんに聞く、ムスリム流の生と死の考え方。
冬を乗り切るための「極暖ファッションアイテム」を3つ紹介。
イスラム教徒(ムスリム)は「与えられた環境において善行を積む最大限の努力をして、どんな結果になろうと感謝さえ忘れなければ、たとえそれが他人からみて失敗だと...
食と礼拝の不安がない、イスラム教徒が安心して泊まれる宿泊施設「Jesly Villa Tokyo」は9月10日オープン。
ムスリムの女性が身につける布、ヒジャブ。これを被っているとひと目でイスラム教徒だということがわかってしまうので、イスラム教への誤解や偏見が強まっている現代...
風変わりなデザインをしたマット。説明もなく見ただけでは、正直使いみちがわかる人はあまりいないのでは?実はこれ、環境を配慮して作られた礼拝用マットなんです。
ちょっと見慣れないデザインの、パスポートケース。モチーフは、アラベスクなどの美しい幾何学模様や、アフガンストールだったりとイスラム文化を連想させつつ、目新...
10月2日、SDGsを達成するためにさまざまな活動をおこなっている「The Global Goals」が、映画『トレインスポッティング』のモノローグを題材...
「アダストリア」より、取り外しができるヒートシステムを搭載し、37℃〜53℃の温度調整が可能なウェアラブル衣料「A-WARMER」が登場。
1980年代後半のアメリカで生まれた「イスラモフォビア」。日本語に訳せばイスラム恐怖症。宗教自体に、それを信仰する人々に対して嫌悪感を示す偏見のこと。この...
アスレジャーの波は、ムスリムたちにも届いている。「UNDER-RÂPT」は速乾性に優れた機能性素材を使ったスポーツ用ヒジャブなどを製造し、動きやすさも追求...
「ハラル」という言葉をご存知でしょうか? アラビア語で「許されている、許可されている」といった意味を持つ言葉で、イスラム教の戒律で認められたものや行動を指...
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第6弾です。
イスラモフォビアに対して、多くの人がアクションを起こしていますが、その中でも際立っているのがHumza Arshadさん。彼がとった行動は、「たくさんの人...
「#BeingBlackandMuslim」。このハッシュタグにインスパイアされたフォトグラファーのBobby Rogersさんは、9人の男女のポートレー...