「愛」は不特定多数の人に与えられる。「愛情」は特定の人にしか注げない。

 

ふと思ったんです。
「愛」と「愛情」は一緒のもの?それとも、べつものなの?って。

辞書で調べてもふんわりとしか理解できなかったので、まわりにいる人生の先輩たちに聞いてみることにしました。

今回は、第3弾です。

あなたにとって、
「愛」と「愛情」って何ですか?

48歳の編集者Jさん(独身男性)の場合。

Jさん:うーん、愛の方がデカイんじゃない?言葉自体は。

ーー愛の中に愛情があるってことですか?

Jさん:うん。で、愛情は「情」って言葉が付くから、いつくしみとか、愛でるとか。特定の人間に対して注ぐもののような気がする。愛は不特定多数の、大きな概念なんじゃない?

ーー不特定多数というと?

Jさん:「世界愛」とか、「人類愛」とかさ、そういう言葉はあるけど、「世界愛情」とか「人類愛情」って言葉はない。だから、世界に対して愛情はない気がするし、人類に対して愛情はない気がするしさ。「情」が入るってことは、それだけ特定の人たちに向けたものなんだと思うよ。

ーー親密な関係との間でしか生まれない?

Jさん:その中でしか生まれない気がする。アフリカで困ってる少年のことを助けたいって思っても、そこに愛情はない気がする。そこにあるのは愛、じゃないかな。

ーー愛って、与えてる側と、与えてもらってる側は「これが愛だ」って認識できるものだと思いますか?

Jさん:それは認識できるんじゃない?あったかい気持ちになるとか、そういうときに愛を感じてる。

ーーじゃあ愛情も、注いでる側と注がれている側はこれが愛情だって認識することができますか?

Jさん:やっぱり愛情は親密な関係の中でしか生まれないからさ、そっちの方が認識できやすいものだと思うけどね。


愛は不特定多数の人に与えられるもので、愛情は特定の人にしか注げないもの、ね。これ、第2弾でAさんが言っていた、「愛を相手がポジティブに受け取ったとき、その愛は愛情に昇華する」ってアンサーにも通じるなあ。

今回協力してくださったJさん、とってもとってもありがとうございました。

 

トゥ ビー コンティニュウド

 

Licensed material used with permission by Ryuichiro Imae
自分で考えてもまったくこたえが出なくて。辞書で調べてもピンとこなくて。
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第6弾です。
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第7弾です。
どこまでもアボカドのおいしさを追求したい。そんなフリークが至った至高のメニュー。
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第8弾です。
まわりにいる人生の先輩たちに、聞いてみることにしました。
まわりにいる人生の先輩たちに、聞いてみることにしました。
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第9弾です。
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第4弾です。
天気とともに毎日を過ごしているような感覚になれる、不思議な水槽。
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第5弾です。
結局愛情って、その人に関わっていく意思や、一体感をいうのでは…なんて考えさせられる、「愛のしるし」のセリフたちをどうぞ。
“さらっと” していても、“ついで” だとしても。
「LOVE」という単語、「恋」という?「愛」という?
愛は深い。それは約2800年前に古代ギリシャ人が生きていた時代から同じだった。愛をより理解するには、彼らの考えを学ぶのがいい。エロス、フィリア、アガペーは...
ちょっとしたことでグラグラと心が揺れて、ひどい時は相手を疑ってしまうことだってあるのが恋愛ってもの。でも、こんな不安定な恋から抜け出したい時にこそ、本当の...
大会3日目のフランス対オーストラリアは歴史的な試合になった。
「お母さんの料理は"愛"が込もっているから、そこらのレストランよりも美味しいのよ」。この愛とは、立派な食材なのか、否か。
「ラブランゲージ」とは、愛する人へしっかり愛を伝えるために、知っておいた方が良いコミュニケーションの仕方。もともとは、30年以上、カップルのカウンセリング...
自由気ままな猫の行動って、ワンちゃんとはまた違った癒やしパワーを感じるものです。Little ThingsのPhil Mutz氏は、そんな猫の行動に現れて...
苦楽を共にする、と言葉にすると簡単に見えるかもしれませんが、世界中のどの夫婦にも、二人にしかわからない愛のカタチがあります。長年連れ添う幸せな夫婦は、いっ...
「ICU Grandpa」、ICUのおじいちゃんと呼ばれているDavidさんは、今年でICUに勤めて12年目のベテラン。家族と一緒にいられない赤ちゃんのケ...
太宰治の『火の鳥』には、愛についてのこうした表現が登場します。これは紛れもなく「真実の愛」と呼ぶにふさわしいものですよね。でも、中には真実とは対照的な「有...