「好き」と「愛」と「愛情」のちがい。


ふと思ったんです。
「愛」と「愛情」は一緒のもの?それとも、べつものなの?って。

辞書で調べてもふんわりとしか理解できなかったので、まわりにいる人生の先輩たちに聞いてみることにしました。

今回は、第6弾です。

 

あなたにとって、
「愛」と「愛情」って何ですか?

39歳の編集者(既婚女性)Cさんの場合。

Cさん:心の数の差かなと思っていて。愛という漢字には心がひとつしかないんだけど、愛情という漢字には、愛にひとつ、情にもりっしんべんがついているので、もうひとつ。心の数が増える。なので、よりあったかいもので、よりいろんなことを感じられるのが、愛情っていうイメージで。

ちょっと抽象的かな?わかりやすく言うと、愛は、好きの進化系だと思っています。

ーー好きの進化系って、どういうことですか?

Cさん:好きという漢字には、心がないんですよね。単純にフィーリングっていうか。直感的に「この人いいな」と思うのが好きってことなんだけど。心のなかでその気持ちがつくられていくと、愛になるのかなって。好きが昇華したり、熟成されたものが愛。

ーーたとえば、付き合っていくなかで、その人の嫌なところも見えてきますよね。嫌いを受け入れられていないのは、ただ好きの状態。嫌いを受け入れられた時に、愛に昇華するということでしょうか?

Cさん:そうだね。たださ、嫌いだけじゃなくて、いろんな感情も含めてね。わたしの場合、付き合っている時はまだ好きだったのが、やがて愛になったと気づいたところで、結婚を決めて。いろんなものを一緒に背負い合う、さらけ出し合う覚悟ができたときに愛になった。それで結婚しようと思ったのかな。

でも、実際に結婚してみると、もっといろんなことが出てきて、心がひとつじゃ足りなくなってくる。「愛だけじゃないよね、情もあるよね」みたいな言葉が出てくるようになる。心がいっぱいないと対応できないということを実感していて。

ーー恋愛関係に愛情は存在すると思いますか?

Cさん:うーん。存在すると思うけど、あんまり意識はしないのかな。ただの彼氏彼女だったら、この人に愛情をもって接しようと思ったことはあまりないかな。愛をもって接しようと思ったことはあってもね。

ーーいま、旦那さんとお子さんに、日々愛情をもって接していて。

Cさん:うん。自分が大きな心で接しなきゃいけないと思っているのは、愛情があるってことなんだろうね。愛はわりと独りよがりだ思うんだけど。愛情はやっぱり相手のすべて受け入れるみたいなね。

わたしは文字から何かを感じることがすごく好きなので、そういう考え方をしていたんだけど。

でも、過去のこの連載を見ていると、みんないろんな受け取り方をしてるんだなって思う。もしかしたらわたしの考え方は正解かもしれないし、不正解かもしれない。答えがもしかしたらないのかな。だからこそ、探し続けていくのかな。


好きと愛と愛情の三段構造、すごくわかりやすかったなあ。

Cさんの考え方も、ひとつの正解であり、過去の、第1弾〜第5弾のアンサーもすべて正解であり。愛と愛情に対する考え方には不正解なんてないのかな、と思う今日この頃です。

今回協力してくださったCさん、とってもとってもありがとうございました。

 

トゥ ビー コンティニュウド

 

Top Photo by TERUHA
自分で考えてもまったくこたえが出なくて。辞書で調べてもピンとこなくて。
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第7弾です。
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第8弾です。
まわりにいる人生の先輩たちに、聞いてみることにしました。
アドレナリン全開だったんでしょうね。
想像していたテイストと違ったんです。ビックリしちゃいました。
「愛」と「愛情」の正体を、まわりにいる人生の先輩たちに聞いてみることにしました。今回は、第3弾です。
まわりにいる人生の先輩たちに、聞いてみることにしました。
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第9弾です。
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第4弾です。
「#IMWITHKAP」という彼に賛同する意味のあるハッシュタグが刺繍されているデザインです。
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第5弾です。
「LOVE」という単語、「恋」という?「愛」という?
結局愛情って、その人に関わっていく意思や、一体感をいうのでは…なんて考えさせられる、「愛のしるし」のセリフたちをどうぞ。
“さらっと” していても、“ついで” だとしても。
「え、そんなとこにも?」という国のワインをご紹介。チュニジアのロゼワイン「シディ・ブライム」は地中海性気候の恩恵を受けた1本。何か御礼の贈り物にするのに歴...
「好き」と「愛」の違いを見分けるのは、難しいものです。人はいつ「好き」になって、いつ「愛」するようになるのでしょう。ここでは、何人かの恋愛アドバイザーの見...
「お母さんの料理は"愛"が込もっているから、そこらのレストランよりも美味しいのよ」。この愛とは、立派な食材なのか、否か。
自由気ままな猫の行動って、ワンちゃんとはまた違った癒やしパワーを感じるものです。Little ThingsのPhil Mutz氏は、そんな猫の行動に現れて...
苦楽を共にする、と言葉にすると簡単に見えるかもしれませんが、世界中のどの夫婦にも、二人にしかわからない愛のカタチがあります。長年連れ添う幸せな夫婦は、いっ...