「愛」と「愛情」のちがい、とは?

 

数ヶ月前、ふとそんな疑問を抱いたんです。

でも、自分で考えてもまったくわからなくて、辞書で調べてもピンとこなかったので、「じゃあ、まわりの人生の先輩たちに聞いてみよう!」とスタートしたのが、連載企画『23歳。冬。「愛」と「愛情」の正体が知りたくて。』でした。

立場のちがうさまざまな人たちに、実体験にひもづいた「愛」と「愛情」のおはなしを聞いていくなかで、ふたつの正体がすこしずつはっきりしてきました。

タイトルに「冬」とありながら、なんだかぼーっとしているうちに春がやってきてしまって。遅ればせながらではあるのですが、わたしが見つけたいくつかの答えを紹介したいと思います。

 

01.

愛は、不特定多数の人に「与え」られるもの。
愛情は、特定の人にしか「注げ」ないもの。

 

02.

愛と愛情に、大きいも小さいもない。

 

03.

相手のいいところに惹かれるのは、好き。
いいところだけではなくて
ダメなところもを受け入れられたとき、

それは愛に変わる。
すべてを一緒に背負い合う覚悟ができたとき、

それは愛情に変わる。

 

04.

距離がストレスになるのは、愛。
どれだけ距離があろうと
つながっていられるのが、愛情。

 

05.

愛は、有償。愛情は、無償。

 

06.

愛は、かんたんになくなる。
愛情は、そうかんたんにはなくならない。

 

この答えをふまえて

 

たぶん、血縁は絶対にきれない関係で、そこに愛情が存在するのは当然、存在しないなんてありえない、とわたしは思います。

でも、他人同士だったふたりの間に生まれた愛を、育み、愛情に昇華させるのはとてつもなく難しいことだとも思うんです。

たえず愛のキャッチボールをしたり、いまのわたしが想像もつかないようなトラブルを、ふたりが同じエネルギーをかけて乗り越えたり、はたまた飛び上がりたくなるくらいにうれしい出来事をふたりが同じエネルギーをかけて成し遂げたり。かけがえのない共通の思い出がつみかさなったのちに、いつの間にか、愛じゃなくて愛情でつながっている関係になれていたりするのかな、って。

だとしたら、もともと他人だった相手と愛情でつながり、どちらか一方が死ぬまで人生を共にできたとしたら、それは、今世紀最大の大事件レベルですてきなハプニングなのでは!


そんなわけで『23歳、冬。「愛」と「愛情」の正体が知りたくて。』の連載は今日で終わりです。

取材に協力してくださったみなさま、そして、これまで記事を読んでくださったみなさま、とってもとってもありがとうございました!

 

ジ エンド。

 

Top Photo by TERUHA
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第6弾です。
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第7弾です。
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第8弾です。
まわりにいる人生の先輩たちに、聞いてみることにしました。
伊豆大島、奄美大島など、日本には50以上もの “大島” があるそうですが、ここで紹介したいのは、愛媛県にある癒しの楽園「八幡浜大島(やわたはまおおしま)」...
「え、そんなとこにも?」という国のワインをご紹介。チュニジアのロゼワイン「シディ・ブライム」は地中海性気候の恩恵を受けた1本。何か御礼の贈り物にするのに歴...
「愛」と「愛情」の正体を、まわりにいる人生の先輩たちに聞いてみることにしました。今回は、第3弾です。
まわりにいる人生の先輩たちに、聞いてみることにしました。
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第9弾です。
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第4弾です。
チューインガムの原材料を見直したら、必要なのは6つだけだった。
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第5弾です。
結局愛情って、その人に関わっていく意思や、一体感をいうのでは…なんて考えさせられる、「愛のしるし」のセリフたちをどうぞ。
「LOVE」という単語、「恋」という?「愛」という?
“さらっと” していても、“ついで” だとしても。
想像していたテイストと違ったんです。ビックリしちゃいました。
「ラブランゲージ」とは、愛する人へしっかり愛を伝えるために、知っておいた方が良いコミュニケーションの仕方。もともとは、30年以上、カップルのカウンセリング...
「お母さんの料理は"愛"が込もっているから、そこらのレストランよりも美味しいのよ」。この愛とは、立派な食材なのか、否か。
自由気ままな猫の行動って、ワンちゃんとはまた違った癒やしパワーを感じるものです。Little ThingsのPhil Mutz氏は、そんな猫の行動に現れて...
苦楽を共にする、と言葉にすると簡単に見えるかもしれませんが、世界中のどの夫婦にも、二人にしかわからない愛のカタチがあります。長年連れ添う幸せな夫婦は、いっ...