「愛」と「愛情」のちがい、とは?

 

数ヶ月前、ふとそんな疑問を抱いたんです。

でも、自分で考えてもまったくわからなくて、辞書で調べてもピンとこなかったので、「じゃあ、まわりの人生の先輩たちに聞いてみよう!」とスタートしたのが、連載企画『23歳。冬。「愛」と「愛情」の正体が知りたくて。』でした。

立場のちがうさまざまな人たちに、実体験にひもづいた「愛」と「愛情」のおはなしを聞いていくなかで、ふたつの正体がすこしずつはっきりしてきました。

タイトルに「冬」とありながら、なんだかぼーっとしているうちに春がやってきてしまって。遅ればせながらではあるのですが、わたしが見つけたいくつかの答えを紹介したいと思います。

 

01.

愛は、不特定多数の人に「与え」られるもの。
愛情は、特定の人にしか「注げ」ないもの。

 

02.

愛と愛情に、大きいも小さいもない。

 

03.

相手のいいところに惹かれるのは、好き。
いいところだけではなくて
ダメなところもを受け入れられたとき、

それは愛に変わる。
すべてを一緒に背負い合う覚悟ができたとき、

それは愛情に変わる。

 

04.

距離がストレスになるのは、愛。
どれだけ距離があろうと
つながっていられるのが、愛情。

 

05.

愛は、有償。愛情は、無償。

 

06.

愛は、かんたんになくなる。
愛情は、そうかんたんにはなくならない。

 

この答えをふまえて

 

たぶん、血縁は絶対にきれない関係で、そこに愛情が存在するのは当然、存在しないなんてありえない、とわたしは思います。

でも、他人同士だったふたりの間に生まれた愛を、育み、愛情に昇華させるのはとてつもなく難しいことだとも思うんです。

たえず愛のキャッチボールをしたり、いまのわたしが想像もつかないようなトラブルを、ふたりが同じエネルギーをかけて乗り越えたり、はたまた飛び上がりたくなるくらいにうれしい出来事をふたりが同じエネルギーをかけて成し遂げたり。かけがえのない共通の思い出がつみかさなったのちに、いつの間にか、愛じゃなくて愛情でつながっている関係になれていたりするのかな、って。

だとしたら、もともと他人だった相手と愛情でつながり、どちらか一方が死ぬまで人生を共にできたとしたら、それは、今世紀最大の大事件レベルですてきなハプニングなのでは!


そんなわけで『23歳、冬。「愛」と「愛情」の正体が知りたくて。』の連載は今日で終わりです。

取材に協力してくださったみなさま、そして、これまで記事を読んでくださったみなさま、とってもとってもありがとうございました!

 

ジ エンド。

 

Top Photo by TERUHA
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第6弾です。
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第7弾です。
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第8弾です。
「愛」と「愛情」の正体を、まわりにいる人生の先輩たちに聞いてみることにしました。今回は、第3弾です。
創業250年の老舗みりんメーカー「九重味淋」(愛知県碧南市)が、本みりんにほうじ茶を漬け込んだリキュール「Rincha」を開発。アルコール度数は13%。お...
まわりにいる人生の先輩たちに、聞いてみることにしました。
まわりにいる人生の先輩たちに、聞いてみることにしました。
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第9弾です。
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第4弾です。
結局愛情って、その人に関わっていく意思や、一体感をいうのでは…なんて考えさせられる、「愛のしるし」のセリフたちをどうぞ。
デンマークで一般的なライフスタイルや考え方を表した言葉「ヒュッゲ」。この記事では、ヒュッゲについて解説し、ヒュッゲを生活に取り入れていくヒントをご紹介していく。
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第5弾です。
「LOVE」という単語、「恋」という?「愛」という?
「お母さんの料理は"愛"が込もっているから、そこらのレストランよりも美味しいのよ」。この愛とは、立派な食材なのか、否か。
“さらっと” していても、“ついで” だとしても。
「ラブランゲージ」とは、愛する人へしっかり愛を伝えるために、知っておいた方が良いコミュニケーションの仕方。もともとは、30年以上、カップルのカウンセリング...
スウェーデンの広告会社「Le Bureau」が非常にユニークな体験型広告を製作した。雑誌に石鹸で作られたページを挟むことで、実際にそのページを使用して手を...
「CAMPFIRE」にて発売中の携帯用歯ブラシ乾燥機「mini」は、歯ブラシの先端をケースに入れるだけで強力殺菌。オフィスや旅行シーンで大活躍間違いなし!
だから嬉しい!だから苦しい!
近づいたら離れる、放っておくと甘えてくる、猫の気持ちはどうにもわかりません。悩める猫好きの方のために実は愛情表現?という猫のしぐさを知り、より彼らの気持ち...
太宰治の『火の鳥』には、愛についてのこうした表現が登場します。これは紛れもなく「真実の愛」と呼ぶにふさわしいものですよね。でも、中には真実とは対照的な「有...
ちょっとしたことでグラグラと心が揺れて、ひどい時は相手を疑ってしまうことだってあるのが恋愛ってもの。でも、こんな不安定な恋から抜け出したい時にこそ、本当の...
「好き」と「愛」の違いを、わかりやすく説明。これを読んだ後も、パートナーに愛してると言えますか?
「愛から生まれるものは、決して美しい感情ばかりではない」そう語るのは「Elite Daily」の女性ライターLauren Martinさん。愛はただ幸せな...