「絶対の愛情」の証明

 

だって
生臭い生活感は
それだけで強いと思ったんだもん

うちの食卓にはいつもね
母親のつくった茶色の煮物が置いてあってね
どうしてうちは
こんなカッコ悪いんだろうって
子供の時から思ってたんだけどね

だけどそれは
絶対の愛情の象徴だったんだって
きのうそう思ったんだもん

『痛々しいラヴ(祥伝社)』魚喃キリコ

 

 

冒頭のセリフは、『痛々しいラヴ』に登場する女の子が、好きな先輩が彼女といる場面に遭遇したときに思ったこと。スーパー帰りの二人が持っていたレジ袋の中のたくあんを見て、先輩への恋をあきらめました。

sara lorussoが撮ったカップルたちの写真には、女の子が敵わないと思った「絶対の愛情」が表れていると思うんです。
一方通行のようなものもあれば、相互的のようなものもある。それぞれの関係が今も続いているのかはわからないけれど、その瞬間、たしかに二人の間に「絶対の愛情」があったことを証明しているなあ、って。

 

Licensed material used with permission by sara lorusso
他の記事を見る
目玉焼きで乳首を表現してるの。
とってもめんどくさくって、つらい。痛くて動けないことだってあるし、オンナをやめたいと思うことだってある。
ぽかぽか陽気の日の昼下がりには。
リトアニアに暮らすErikas Mališauskasさんとそのパートナーは、イケアの写真立てに飾られている写真がつまらないと感じて、自分たちのツーショッ...
「ペットボトルは英語じゃないって知っとうと!?」っていう本、知ってる? 北九州市立大学准教授の、アン・クレシーニさん(通称:アンちゃん)が書いた本なんだけ...
都会の真ん中で緑に癒される焙煎カフェも併設した南青山の話題スポットSHARE GREEN MINAMI AOYAMA〒107-0062 東京都港区南青山1...
タイのフォトグラファーVisarute Angkatavanichさんが撮影したベタの写真は、私達が知っているそれを何倍も美しくしています。
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第6弾です。
自分で考えてもまったくこたえが出なくて。辞書で調べてもピンとこなくて。
フィンランドに暮らすSara Puhtoさんは、「ボディ・ポジティブ」をうたう写真やメッセージを日々Instagramに投稿しています。自分の体型を気にし...
だけど今、ウユニ塩湖への思いが再熱している。
「Fish on Wheels」は、魚の水槽の土台となるタイヤが、魚の動きに合わせて動くというもの。つまり動く水槽。犬や猫みたいに魚が自分の後を追いかけて...
円満なカップルは、「正直に伝えること」と、「秘密にすること」の線引きがうまいのかもしれません。なぜだかいつも、恋人との関係をダメにしてしまうという人は、参...
他にも逃げ場があれば、よゆうができて楽じゃない。
辛いことがあると、一人で抱え込み孤独に感じてしまう人も多いのではないでしょうか?でもそんな時、この手の写真をよく見てみてください。普段、私達が見過ごしてい...
ケンカするほど仲がいい、なんてよく言うけれど、彼氏とはケンカしなくても仲良しでいられるのなら、ぜひともそうありたい。「YourTango」に掲載されていた...
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
愛する人と交わす口づけは、いつだって特別でハッピーなもの。2013年、ニューヨークを拠点に活動する写真家Ben Lambertyさんは「キスをする人々」の...
ウェディングフォトは一生もの。だからこそ、できるだけ心に残るユニークな写真を撮りたい、と海外で挙式をする人も増えています。そのアイデアを拡大させて、世界中...
『ネガティブ・スペース』で第90回米国アカデミー賞短編アニメ映画賞にノミネートされた桑畑かほる監督。彼女が夫のマックス・ポーター監督とともに製作したショー...
ブリュッセル在住のEric Lafforgueが撮影したのは、何かと謎の多い“北朝鮮の日常”。彼が捉えるのは、日々の何気ない光景のように思います。しかし、...
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第7弾です。
これから同棲を考えているカップル(もしくはすでに同棲しているカップルでも)に効く5つの抱負をKimmy Foskettさんが「Elite Daily」にて...
一本釣りカツオ日本一の街でもある宮崎県日南市には、“おいしい魚” を食べさせるお店がたくさんあります。居酒屋もあれば、コース料理で楽しませてくれるところも...