あま〜いペイストリー、なのに名前が痛々しい

北欧発祥といわれる「シナモンロール」。ちょっぴり甘くてスパイシーな味わいが多くの人を魅了する、日本でもおなじみのペイストリーです。

さて、フィンランド語でコルヴァプースティと呼ぶそうですが、意味するところはなぜか「往復ビンタ」。なんだか物騒なネーミングですよね。いったいナゼ?

愛情たっぷりなのに
とにかく名前が痛そう

なんとも物騒な名前ですが、細かくみていくとコルヴァは「耳」、うしろのプースティは「平手打ち」の意。これを合わせて“往復ビンタ”となるのでしょうが、本当の理由はどうやらそのカタチにあるよう。

シナモンロールをつくったことがある人は想像がつくかもしれません。オーブンで焼かれる前の状態、耳のようなカタチをしていませんか?これをオーブンで焼いたとき、膨れあがる様が往復ビンタを受けた耳のように見える。冗談みたいな本当の話、だそうです。

一般的なシナモンロールは、生地を寝かせて発酵させていきますが、ここではもっと手軽な発酵いらずんレシピをご紹介。

愛情たっぷりの往復ビンタをどうぞ!

材料

ヨーグルト(無糖):100ml
溶き卵:1個
溶かしバター:50g

A 強力粉:150g
A 薄力粉:80g
A ベーキングパウダー:小さじ2
A 砂糖:大さじ3

B シナモンパウダー:小さじ2
B 砂糖:小さじ1

作り方

【1】ボウルにAを入れ泡立て器で混ぜ合わせてから、ヨーグルト、溶き卵を加えて粉っぽさがなくなるまでよくかき混ぜる。そこに溶かしバターを加えて、ひとまとまりになるまで混ぜてから、生地を4等分に分ける。

【2】まな板に打ち粉(強力粉)をして、生地を20cmx30cmくらいまで伸ばす。全体にBを振ったら手前から巻いてロール状に。

【3】これを斜めに切り分け6等分に(台形になるようイメージ)分ける。あとは台形の短い辺を上にして、菜箸などで軽く押しつぶせば、成形は終わり。

【4】クッキングシートをしいた天板に並べて、あとは180℃に予熱したオーブンで15分焼けば完成です。

Text used with permission by FOOD CREATIVE FACTORY
他の記事を見る
かわいい洋服を身にまとった、素敵なおうちでの生活。きっと、誰もが幼い頃に一度は憧れたであろう世界を、ぜひ一度のぞいてみてください。
外苑前にあるワールド・ブレックファスト・オールデイは、「朝ごはんを通して世界を知る」がコンセプト。 その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたのヒ...
世界的なコンペティションで「世界最高」と評された「キュロ ナプエ フィンランド ジン」。フィンランド・ジンの流行のきっかけにもなったライ麦100%で造られ...
朝が弱い、というあなた。目覚ましが鳴っても、いつの間にか止めてしまい気づいたら遅刻ギリギリ…。スウェーデン在住のSimone Giertzさんも朝に弱いタ...
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
2020年に出港を始めるクルーズ船「Mardi Gras」には、ジェットコースターが設置されるとのこと。その名にふさわしくクレイジーですね。
いつもの醤油をちょっとだけアレンジしてみたら、あららフシギ。おいしい発見がありました。
ちょっとした工夫が凝らしてあるカレンダー「ロールカレンダー 2019」。巻物式になっていて、表示期間も調節可能。
大人気の米TV企画「カープール・カラオケ」に登場するセレブよろしく、タクシーに乗れちゃう!
フィンランドのスタートアップ「Solar Foods」は、空気と電気を主な原料として、プロテインを生成することに成功しました。
イタリア本土と水の都ベネチアを結ぶ街メストレに、博物館「M9(Museo 900)」がオープン。展示内容は20世紀のイタリア。テクノロジーを駆使した館内の...
シンプルなコーヒーをスパイシーかつ複雑な味に変えてくれる「シナモン」。水出しコーヒーに加えてひと晩寝かせれば、「魔法」のような味わいに!
つい先月、フィンランドへ行ってきました。毎年「世界で最もコーヒーを消費する国」としてランキングのトップに名を連ねる北欧のコーヒー大国です。「北欧」はノルウ...
牛肉、豚肉、鶏肉、羊肉…お肉料理は数あれど、複数のお肉を使ったメニューは、意外と少ないものです。まあ合挽き肉でつくるものは別として。でも、このシチューは牛...
すこし、胸がきゅっとなる瞬間です。
1月の気温がマイナス20度くらいになるフィンランド・ロヴァニエミで体験できる「オーロラ鑑賞アクティビティ」です。
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
すべての国民が、最低限の生活を送るのに必要な額の現金を、政府が無条件で定期的に支給する。ベーシックインカムと呼ばれるこの所得補償制度を、福祉国家フィンラン...
ある研究によると「名前は顔を形作る」そうです。可愛い子を育てたいなら愛おしくなる名前を付けるとイイのかもしれません。一体、なぜこんなことが起きるのでしょう...
「Hemsley Conservation Centre」というイギリスの動物園が手がけた、「1.5ポンド(約200円)を払えばゴキブリに名前をつけられる...
♨︎ 純白のメモ ♨︎いまだかつて、ここまで清く、きめ細かく、シルキーなお湯に浸かったことがあったでしょうか。「とろとろ」と肌触りのよすぎる布に包まれてい...
『ムーミン』の故郷であり、神秘的なオーロラも観測できることから、観光において根強い人気を誇る国、フィンランド。そのフラッグ・キャリアであるフィンエアーおよ...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
ここで紹介するのは、フィンランドに住むアメリカ人教師のティム・ウォーカー氏が、同国の幼稚園を訪問して気付いたこと。そこで採用されていた教育方針は、アメリカ...