世界各地でアクロバティックな「結婚写真」を撮り続けるカップル

ウェディングフォトは一生もの。だからこそ、できるだけ心に残るユニークな写真を撮りたい、と海外で挙式をする人も増えています。そのアイデアを拡大させて、世界中で結婚写真を撮りまくるカップルがここに。

その数じつに38カ国!

花嫁のRhian Woodyardと花婿のCheetah Plattさん(もう新郎新婦とは呼べない…)。彼らの記念写真がこちら。そう、いわゆる普通のポーズではありません。にしても、なんというアクロバット感!?

こんな奇想天外なウェディングフォトをおさえるため、自由気まま、行き当たりばったりの旅に出てはや3ヶ月。インド、エジプト、アイルランド、タイなど、これまでじつに38カ国。なんでも、写真で使用する衣装や小道具は、その土地のものを現地調達することもあるんだとか。

1度きりの結婚式より
旅するウェディングフォト

彼らはまずSNSでそのアイデアをシェアし、旅行にかかるお金の寄付を募りました。そして、写真を撮影するたびにInstagramやFacebookに公開していきます。

このアイデアの元始をこう語るCheetahさん。聞けばなるほど、確かに一理あるっちゃ、ある。

「すごい時間やお金をかけて結婚式を準備しても、たった1日で終わっちゃうわけでしょ?なんてもったいないんだろう、って。だったら僕らは式を挙げずに、その分のお金で世界中を旅しようと思ったんだよね。

2人が揃ってさえいれば、どこでも結婚式は挙げられる。世界各地そこで出会った人たちと僕たちの結婚を祝えたのは素晴らしい経験だった。それに僕らの愛とパートナーシップを確かめ合うのに、3ヶ月の旅はもってこいだったってこと」

にしても…このふたりナニモノ?

フィジーの砂浜で

どのポージングもフォトショで加工?と普通なら思っちゃいますよね。普通なら。でもね、このふたりにはどれも朝飯前らしいんです。というのも彼ら、あの「シルク・ドゥ・ソレイユ」のメンバーだから。

と聞けば、「な〜んだ」ですけど。

意外にこっちの方が驚きですが、彼らカメラマンを雇わず、写真はすべて自分たちのスマホで撮影しているんですって。普段私たちがするように、スマホをを三脚に設置して、あとはタイマーかBluetoothでシャッターを切っているだけ。

Taking a break from getting married to play on the sand #bali

Une publication partagée par Rhiann & Cheetah Platt (@theworldwidewedding) le

バリのビーチで

アメリカ、モンタナ州のビュートで

ケニアではキリンも参戦

 カナダのスコーミッシュで

72a7d30c644a3e66e822c32f988eed0b65be5b8533987abc822663ebea26a36ee9341aca9090eb1b

上、右:ケニアのMasai Mara村で

左:タイ、バンコクで

Db274c6025fd6460754a757db248748337afdb08

インドのムンバイで

E0b49128808bfec2b0d691de8155f1905d860382

スペインのセゴビアで

0a31b24ab781bbc3a162cf54d86872e93069bfc6

アイルランドで

「これはモロッコのサハラ砂漠かエジプトの砂漠のように見えるけど、実はカリフォルニアでーす。メキシコとの国境沿いだよ」

日本でもパシャリ!

0c7bc892322c2f73bd0811e594a593e214a8613a

新婚気分をずっと味わうために、「旅行中はずっと白い服をきて旅行した」というふたり。

「色んな人に出会えて自分たちとは違った文化、ライフスタイルを体験できるから、旅は心をオープンにしてくれる。旅行は人生に欠かせないものですから」

最後は道中のふたりのバックショットを。

“Just Married(結婚ホヤホヤ)”

 

Licensed material used with permission by theworldwidewedding
一生に一度の結婚式は、一番きれいな姿を写真に残したい。結婚式で写真を撮ってもらうのも今では当たり前になりましたが、ひと昔前の様子は違うものでした。高校時代...
高密度のカップルフォトを撮りたくて、考えに考え抜いたすえにたどり着いたスタイルが、これだったんだそうで。
結婚式は一生に一度の素敵な時間……と思いきや、24カ国で、24回も結婚式を挙げることにしたカップルがいました。いったいどうして? そこにはちょっぴり深い理...
あるカップルから、フォトウェディングを依頼された写真家のAshley Hempel。日照りの激しい夏の日のこと、2人を撮影しようとしたら、見知らぬ女性が突...
独断と偏見でピックアップしました。
ロゴがデカデカとプリントされたショップTは、デイリーユースに少し抵抗があるアイテム。だけど、ぜんぜんイヤじゃない。
7年の時をともに過ごして、ついに結婚となった男女。だがその幸せは交通事故により終わりを告げる。結婚式が挙げられるたった4カ月前のこと。悲しみをうけとめ乗り...
大切な人との大切な時間、場所、思い出を写真に残しておきたい。それはみな同じ想い。とりわけ結婚前のふたりならば尚のことでしょう。ここに紹介するのは、ノースカ...
どうして身寄りをなくした高校生ホームレスが、どん底から世界中を飛び回るウェディングフォトグラファーに転身することができたのか。それは、彼の夢叶えるまでの”...
「Junebug Weddings」が運営するウェディングフォトコンテスト「Best of the Best Wedding Photo Contest」...
調味料をちょい足ししたり、ほんの少しのひと手間で、驚くほどおいしく味わえるこんな方法を知っておくと、何かと役に立つはずです。
アメリカペンシルヴァニア出身の男性とフィリピンマニラ出身の女性の国際遠距離恋愛カップル。どうせなら海外で会おう!と世界各国で再会してはキスショットを撮る試...
上空10,000メートル!航空機の中で結婚式を行ったカップルが話題に!More ABC US news | ABC Health News2014年11月...
見ているほうまでしあわせな気持ちになっちゃう、結婚写真。結婚式は多くの人にとって「人生最良の日」と言っても過言ではないでしょう。そんな人生最高の日の写真の...
『Dancing With Her』は、世界初のレズビアン向けウェディング雑誌。先月オーストラリアで創刊されるや否や、各国のメディアに取り上げられている。...
日本では紙一枚で婚姻関係が結べないゲイのカップルが、家族や友人だけでなく、メディアを読んで「人前式」を行いました。ゲイ同士の結婚が、世の中にどんな意味や影...
2014年の4月に父親が、ステージ4の肺癌末期であることを医師から告げられた写真家のShin Noguchi。彼の人生で初めて、「父の知らない父の秘密」自...
台湾の桃園国際空港でLCC利用者が使うのは第1ターミナル。乗り継ぎ利用だって格安。安く賢い旅をするなら、夜市のようなフードコートで食い倒れるのが台湾を利用...
2年前に仕事を辞めて、世界へ旅立ったカップルは、40ヶ国に訪問して14,000枚以上の写真を撮影したそうだ。帰国後、写真をチェックしていたところ、異なる国...
大好きな祖母が、末期の癌を患い、自分の結婚式に出席できるかわからない状況に陥ったBrittanyさん。彼女はフォトグラファーに頼んで、特別に祖母にウェディ...
60年前に挙げた結婚式、思い出せるような写真が一枚も残っていなかった老夫婦がいました。その後、9人の子ども、16人の孫、そして4人のひ孫に囲まれて幸せな時...
ウェディング写真を中心に撮影する、フォトグラファーのAmber Robinsonさんが新しい被写体に選んだのは、自分の両親。たくさんの苦難をともに乗り越え...
Fearless Awardsに応募したのは世界中のトップクラスの腕を誇るプロカメラマン。ここにあるのは、厳しい審査を通った写真ばかり。これを見ると、カメ...
メジャーなワイナリーであろうとなかろうと、魅力的なぶどう畑は、結婚式を挙げるのにはパーフェクトなロケーションだといえるでしょう。単純にワインは素晴らしいで...