マネーコンサルがズバリ回答!正しい「結婚式の予算」は・・・

結婚することが決まったら、お金についての情報や知識を集めておきたい。結婚式の予算の目安は?ご祝儀ってどのくらいもらえるの?お金が足りない場合は?など。ここでは、後で失敗しないよう結婚資金について知っておくべきことを5つ紹介する。

01.
結婚式にかける費用は
「貯金の30%まで」

331679711

結婚式の予算は、世間のデータからではなく、当事者のお金事情から割り出すのが正解。目安は、二人の貯金の合計額の30%まで。二人の貯金の合計が200万円なら、60万円。親からの援助や、出席者のご祝儀があてにできるなら、ここに加えればいい。
たとえば、双方の親から計100万円の援助、あてにできるご祝儀が100万円なら、計260万円。新婚旅行の費用もここから出す。旅行費用50万円なら、式は210万円まで。

貯金をまるまる全部使って、新生活をスタートさせるとかなり大変。貯金の70%を手元に残してスタートさせれば、家具を買ったり、引っ越したり、出産の費用にあてたり、将来買う家の頭金にしたり、いろんな夢がふくらむ。

式は1日だけ。結婚生活はこれから何十年も続く。どちらにお金をまわすと豊かに暮らせるか、答えはあきらかだ。

02.
出席者からの祝い金は
少なめに見積もること

_103107659

伝統的な形の結婚式なら、出席者からのご祝儀が期待できる。近い親戚は1人5万円、友人は3万円など、家族や地域によってだいたい目安があるはず。招く人数に応じて、お祝い金の額を予測できる。親戚10人、友人40人なら、50万円プラス120万円で170万円だ。ただし多く見積もって予定より少ないと困ったことになるので、やや少なめに見積もっておこう。

公園でのカジュアルな結婚式、会費制のパーティーでは、祝い金はあまり期待できない。まあ、その分式の費用がかからないから、それもいい。

03.
新婚旅行や新居の費用もキープ
全額を結婚式に費やさない

_283017437

あいまいにしがちなのが、引っ越しや新婚旅行にかかる費用。まずは、自分たちで出せる額、親からの援助、祝い金予想額を足して、結婚の費用をトータルで出してみよう。二人が30 万円ずつの計60 万円、親からの50万円ずつの計100万円、祝い金170万円なら、トータルは330万円になる。

引っ越しの費用(家具の購入なども含めて)30万円、新婚旅行の費用を50万円(お土産代も含めて)とすると、トータル費用からこの合計を差し引いたのが、結婚式にかけられる金額になる。先の例だと、330万円から30万円と50万円を引いた250万円が結婚式にあてられる金額になる。ただ、フォーマルな式だと、引き出物代がかかる。1.5万円×50人とすると、75万円がその費用に。式そのものにかけられるのは、175万円だ。

04.
「ブライダルローン」は
絶対に借りない!

133378736

どんな理由があっても、ローンは借りてはいけない。ご祝儀を支払いにあてるつもりなら、式場と交渉して費用の一部を当日払いから後払いにしてもらおう。それに応じてもらえないなら、別の会場をあたるべき。

ローンは、すぐに返せると考えていても、思わぬことが起こって予定通りに返せなくなることがある。その結果、借り入れがふくらんだり、返済がとどこおって、ブラックリストに載ってしまったりする。そうすると、新生活に赤信号だ。どうしても資金が足りないなら、親に頭を下げて貸してもらおう。それがムリなら予算を下げること。

もっている範囲のお金で買い物をする。それは、これからの生活の中のいちばん大切なお金のルール。スタートラインで破ってしまったら、本当に大変なことになってしまう。

05.
予算をはっきり告げないと
後々面倒くさいことに

0039269896_Large

結婚式場に見学や相談に行く。メニューに基本プランとあるから、そのつもりで話していると、ドレスや料理献立、キャンドルサービスなど、ランクアップをすすめられる。「一生に一度の式だから最高のものを」「ゲストによろこばれるように」「後悔がないように」と、予算はふくらみがち。

貯金がないといっても、「ご祝儀で200万円は準備できます。みなさん、これくらいは普通にかけておられますよ」とプロにすすめられると、断れない。予算オーバーしないためには、次のことを心がけよう。

*上限の金額をはっきり告げて、その範囲内でどんなプランが可能かを聞く。*同じ金額で、複数の式場にプランをつくってもらい、くらべて決める。*お金にシビアで交渉力のある親や友人に付き添ってもらう。

※この文章は本からの抜粋です。そのため、著作権は著者にあります。勝手に使用することはできません。また、商用利用は禁止されています。個人のサイトなどで紹介する場合は、書籍名と著者名を必ず明記してください。

結婚までに、やっておくべきお金のこと
コンテンツ提供元:サンマーク出版

中村芳子/Yoshiko Nakamura

ファイナンシャル・プランナー。アルファアンドアソシエイツ代表。日本の女性FP第1号。FP会社勤務を経て、1991年、友人と現在の会社を設立。個人向けのマネーコンサルティング、執筆、講演などを行っており、特に20代30代への情報発信に力を入れている。趣味はヨットと太極拳。http://お金のこと.netおうちのおかね

60年前に挙げた結婚式、思い出せるような写真が一枚も残っていなかった老夫婦がいました。その後、9人の子ども、16人の孫、そして4人のひ孫に囲まれて幸せな時...
結婚式は一生に一度の素敵な時間……と思いきや、24カ国で、24回も結婚式を挙げることにしたカップルがいました。いったいどうして? そこにはちょっぴり深い理...
結婚式から数年、穏やかなのはいいけれど、ふたりの関係はなんだかマンネリ気味。もう一度、結婚当初の新鮮味や情熱が戻ったらなぁ、なんて思っているカップルは、意...
「Nadi X」は、足首と膝、お尻にセンサーが埋め込まれているヨガパンツ。
栃木県益子町の田町地区、そのさらに一部の家庭で夏になると食べられるソウルフードがあります。その名も「ビルマ汁」。誕生したのは1945年。太平洋戦争でビルマ...
上空10,000メートル!航空機の中で結婚式を行ったカップルが話題に!More ABC US news | ABC Health News2014年11月...
一生に一度の結婚式。もし自分でドレスを購入していたら、女性であれば思い出にとっておきたいことだろう。しかし、ホームレス経験があるというDawnettaさん...
「Junebug Weddings」が運営するウェディングフォトコンテスト「Best of the Best Wedding Photo Contest」...
結婚式で使用されるウェディングフラワー。よくよく考えてみると、あれって披露宴やパーティーで使うのは一回きり(使い回すイメージはありませんよね)。枯れてしま...
一生に一度の結婚式は、一番きれいな姿を写真に残したい。結婚式で写真を撮ってもらうのも今では当たり前になりましたが、ひと昔前の様子は違うものでした。高校時代...
約400万円から購入できてしまう「Plús Hús」。現在はアメリカ国内のみの展開ですが、今後日本でも販売されればマイホームを手にするハードルがぐっと下が...
ウェディングフォトは一生もの。だからこそ、できるだけ心に残るユニークな写真を撮りたい、と海外で挙式をする人も増えています。そのアイデアを拡大させて、世界中...
Jordyn Jensenは、23歳で結婚することを決意した。花嫁である彼女にとってドレス選びは重要なこと。そこで彼女が選んだのは、祖母が1962年の結婚...
ある調査によると、プロポーズから実際に式を挙げるまでに費やした期間を、約半数のカップルが10ヶ月以上かかったと回答したそうです。式場や招待客を決め、ドレス...
移動式チャペルで、 新郎新婦の希望に沿った 結婚式を実現したい!結婚式。新郎新婦にとって門出となる特別な日。であると同時に、その家族友人にとってもかけがえ...
メジャーなワイナリーであろうとなかろうと、魅力的なぶどう畑は、結婚式を挙げるのにはパーフェクトなロケーションだといえるでしょう。単純にワインは素晴らしいで...
「結婚」この言葉。あなたは幸せに感じる?それとも重く感じる?もしも、結婚したあとに「こんなはずじゃなかった……」と、思っちゃたら、一生後悔し続けるかも。「...
体の内側からキンキンに冷やしてくれるデトックスウォーターの紹介です。
日本では紙一枚で婚姻関係が結べないゲイのカップルが、家族や友人だけでなく、メディアを読んで「人前式」を行いました。ゲイ同士の結婚が、世の中にどんな意味や影...
結婚式のフラワーガールといえば、親戚の小さな女の子が定番。でも去る7月1日、アメリカ某所で行われた結婚式では、92歳のフラワーガールが登場しました。
冠婚葬祭のマナーに不安を感じることってありますよね。ここでは、結婚に関する忘れがちなマナーについていくつか紹介します。当たり前かもしれませんが、もう一度チ...
動画に登場する花嫁のブルックさん、自身の結婚式で母親からのプレゼントに思わず涙してしまいます。それは、まだブルックさんが小さかった頃に母親が娘への想いを綴...
みんなに祝福される、結婚式。ウェディングドレスを着るとき、女の子はおとぎ話の「お姫様」になることができるのです。「そして2人はずっと幸せに暮らしました」と...
ウェディング写真を中心に撮影する、フォトグラファーのAmber Robinsonさんが新しい被写体に選んだのは、自分の両親。たくさんの苦難をともに乗り越え...