夫婦円満のコツは、毎年「結婚記念日」にウェディングドレスを着ること

結婚式から数年、穏やかなのはいいけれど、ふたりの関係はなんだかマンネリ気味。もう一度、結婚当初の新鮮味や情熱が戻ったらなぁ、なんて思っているカップルは、意外に多いみたいです。

そのマンネリを解消するために、世の夫婦はお互いにちゃんと「愛している」と伝え合ったり旅行に行ったりと、いろいろな方法で夫婦間の愛情の再確認をしているのでしょう。

ただ、ここで紹介する「千年の愛のエキスパート」を名乗る、結婚セラピストのサマンサ・バーンズさんが実践する夫婦の関係を熱いままに維持する方法は、ひと味ちがいました。

「結婚式の1回しかウェディングドレスを着ないなんて、もったいない!」

Da00d70e6bc0bef8cf7dff60fc63412d3f7c64c8

「私がおすすめするのはね、毎年2人の記念日に、ウェディングドレスを着ること。お互いにすごく新鮮で、情熱的な気持ちになれるわよ」

4886eea56a4c464f5249522ab590a0da600017bb

サマンサさんはなんと、2012年に結婚して以来、毎年結婚記念日には必ずウェディングドレスを着て、夫婦の愛を確かめ合い、ロマンティックな関係を維持しているそう。

「結婚式の1回だけでウェディングドレスをしまっておくなんてもったいないわ。結婚式以外で着ちゃいけないって誰が言ったの?ウェディングドレスはふたりの関係を盛り上げてくれるもの。みんな、もっと着なきゃ」

結婚セラピストであるサマンサさんによれば、このメソッドにはしっかり根拠があり、「ウェディングドレスを着るという非日常的な行為をすることで、ドーパミンが分泌され、お互いに興奮し、相手への愛情が高まる」のだとか。

大切なのは
日常と非日常のバランス

86790aa0818921494fe552386b200044dae7af09

また、サマンサさんはこう分析します。

「相談に来たカップルから、どうしたらお互いの情熱を維持して、より良い関係が築けるのか、という質問をよくされるの。

大切なのは日常の習慣と、非日常的なイベントのバランスね。

非日常的な経験や新しいことをするときの驚きは、お互いにまだ知らない一面を垣間見る神秘性を掻き立てたり、情熱や親密さを増してくれるの。

一方で、習慣や日常のルールは、お互いの結びつきを強くしてくれるものよ」

 彼女は、さらにこう続けます。

「毎年の結婚記念日にウェディングドレスを着ることで、特別なイベントだという興奮と高揚を味わえるわ。

私と夫は、普段はお互いに対する優先順位が一番ではないときだってあるけれど、こういう時にお互いへの感謝を実践することにしているの。

それが、結婚生活を長続きさせる一番の秘訣だと思うわ」

サマンサさんは、「結婚記念日にウェディングドレスを着る」という活動やその効果を、もっと広めていきたいと語ります。

多くの女性にとってウェディングドレスを着ることは気分が高まることですが、もちろん毎年着るためには、体型の維持が欠かせません。

つまりサマンサさんの言うように、「日々の暮らし」も大事だということですね。

Licensed material used with permission by Samantha Burns, Licensed Counselor and Dating Coach
Jordyn Jensenは、23歳で結婚することを決意した。花嫁である彼女にとってドレス選びは重要なこと。そこで彼女が選んだのは、祖母が1962年の結婚...
一生に一度の結婚式。もし自分でドレスを購入していたら、女性であれば思い出にとっておきたいことだろう。しかし、ホームレス経験があるというDawnettaさん...
一生に一度の結婚式は、一番きれいな姿を写真に残したい。結婚式で写真を撮ってもらうのも今では当たり前になりましたが、ひと昔前の様子は違うものでした。高校時代...
結婚65周年を迎えた、HaroldさんとRubyさん夫妻。半世紀以上を共に歩んだふたりが記念日に撮った写真からは、幸せが溢れ出ています。
結婚生活の破綻に直面した時に、「別れる」という選択ではなく「継続する」ために女性側の立場から何ができるのかを提案する著書『夫を夢中にさせる いい妻の愛され...
93歳のSylviaさんは、88歳のFrankさんとの結婚を控えていました。「結婚式のパーティーで、どのドレスを着たらいいでしょうか?」彼女は、Faceb...
もしも、成人式の振袖をウェディングドレスとして着ることができたら?とっても高価で、日本らしい絵柄も魅力的な振袖ですが、一生のうちで2〜3回しか着る機会がな...
素敵なウェディングカードを見つけました。初めは、そのデザインに惹かれたのだと思いました。でもしばらくして、そっと込められた意味に気付いた時、もっと魅力を感...
苦楽を共にする、と言葉にすると簡単に見えるかもしれませんが、世界中のどの夫婦にも、二人にしかわからない愛のカタチがあります。長年連れ添う幸せな夫婦は、いっ...
「そしてふたりは、いつまでも幸せに暮らしました」と結ばれる、おとぎ話。そんな風に幸せになりたい、とは思っていても、実現するのはそう簡単ではありませんよね。...
長年寄り添えば寄り添うほど、良くいえば落ち着く、わるくいえばマンネリ化するのが夫婦関係というもの。でもそんな日常の中に必ずあって欲しいのは、ふたりの愛を二...
ラブラブな夫婦生活をおくるライターAnjali Sareen Nowakowskiからのアドバイス。読めばやっぱり、単なる“おのろけ”。ところが、まんざら...
「YourTango」のSteve Austinさんは、10年間の結婚生活を経てようやくうまく付き合っていく方法が掴めてきたそう。長く付き合っていくのなら...
動画に登場する花嫁のブルックさん、自身の結婚式で母親からのプレゼントに思わず涙してしまいます。それは、まだブルックさんが小さかった頃に母親が娘への想いを綴...
「夫婦は、生活を共にするもの?」「Your Tango」に寄稿された遠距離婚の経験者、作家でブロガーのビクトリア・フェデンさんのコラムによれば、離れている...
大好きな祖母が、末期の癌を患い、自分の結婚式に出席できるかわからない状況に陥ったBrittanyさん。彼女はフォトグラファーに頼んで、特別に祖母にウェディ...
夫婦関係が悪化する原因のひとつとして、よく「お金の問題」が挙げられます。特に共働きの場合、しっかり話し合わないと後で揉めることにもなりかねません。そこで岡...
カールさんは、結婚10周年を記念して妻のローラさんにフラッシュモブで感謝の気持ちを伝えることにしました。合唱した歌はブルーノ・マーズの「Just The ...
ライターとしてだけでなく、カウンセラーとしても活躍中のDebra Fileta氏。結婚生活を良好なものにするためのコツは、「些細なことを意図的に行うこと」...
夫婦円満の秘訣は互いに「平等」であること。現代社会においては、夫が稼いで妻は内助の功に徹する、なんて構図の方が珍しいくらいです。じゃあ、掃除や洗濯、料理に...