結婚生活の終焉にウェディングドレス爆破!

不幸だった14年の結婚生活に終止符を打つために、離婚記念パーティを開催したKimberly Santleben-Stitelerさん。

え、どうして幸せじゃないと言い切れるのかって?彼女が抱え込んでいただろうストレスを発散するために選んだのは、ウェディングドレスをライフルで射撃することというのだから、きっと間違いないでしょう(笑)。

Facebookに投稿されているトラクターでズルズルとドレスを引きずる画像は、罪人を処刑台に送るかのよう。

そして、爆発物関係の職に就いているKimberlyさんの友だちが「多い」と忠告するほどの火薬をウェディングドレスにつめこんで、いざ射撃!!

結果は……撃ち抜くというより、爆破です!見ているだけのこっちまでテンションが上がっちゃいます。

この時のためにKimberlyさんは射撃の腕を磨いたといいますが、どれだけイヤな男だったんでしょうね。元旦那さん。

上手く動画が見れない方はコチラから。

Top image: © iStock.com/magann
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
サウジアラビアでは、男性側に離婚の意思があり手続きを済ませれば離婚が成立。そのため、女性側は離婚に気づかないケースも。この状況を改善しようと、男性側が離婚...
一生に一度の結婚式。もし自分でドレスを購入していたら、女性であれば思い出にとっておきたいことだろう。しかし、ホームレス経験があるというDawnettaさん...
彼女に殺されかけた男が、なんとその彼女に法廷でプロポーズしたという話。しかも、どうしても彼女と結婚したいからという理由で、裁判官に情状酌量を求めたとのこと。
結婚式から数年、穏やかなのはいいけれど、ふたりの関係はなんだかマンネリ気味。もう一度、結婚当初の新鮮味や情熱が戻ったらなぁ、なんて思っているカップルは、意...
結婚とは、一生を共に過ごす人を選ぶこと。だけど相手をひとりに絞ることが必ずしも「正しい」ことなのでしょうか?22歳にして当時のパートナーとの結婚に踏み切っ...
Jordyn Jensenは、23歳で結婚することを決意した。花嫁である彼女にとってドレス選びは重要なこと。そこで彼女が選んだのは、祖母が1962年の結婚...
どれだけ自信があったとしても、実際にやってみるまではどう転ぶかわからないもの。仕事や勉強、スポーツ…そして結婚だってそうです。ここでは、さまざまな事情で離...
「結婚=幸せ」なんてシンプルに考えたいところですが、「めでたし、めでたし」を手に入れるためには、たくさんの試練があります。「Elite Daily」の既婚...
「YourTango」のSteve Austinさんは、10年間の結婚生活を経てようやくうまく付き合っていく方法が掴めてきたそう。長く付き合っていくのなら...
メーガン・マークルという名前を聞いたことがありますか?日本でもリメイクされた米テレビドラマ『Suits』で知られる女優です。彼女は今年イギリス王室の王位継...
1854年創業のフランス流紅茶専門店マリアージュ フレールのウェディングコレクションにある、紅茶と、紅茶のジャムがセットになった贈りものです。
結婚は、人生でとても大事な節目。すでに結婚しているカップルならば、いくつか誓いごとをしたはずです。そんな「結婚式で本来誓うべきこと」をMichelle H...
結婚生活の破綻に直面した時に、「別れる」という選択ではなく「継続する」ために女性側の立場から何ができるのかを提案する著書『夫を夢中にさせる いい妻の愛され...
「結婚」この言葉。あなたは幸せに感じる?それとも重く感じる?もしも、結婚したあとに「こんなはずじゃなかった……」と、思っちゃたら、一生後悔し続けるかも。「...
「Marry an Amsterdammer(アムステルダムの人と結婚せよ)」アムステルダムで始まった新しい旅の企画です。地元の人と指輪交換含むウェディン...
「Thought Catalog」のライターJames S. Fell氏は結婚26年目。その大ベテランの彼曰く、離婚率が高くなった現代社会において、25年...
昨今、結婚に重きを置く若者がグンと減ってしまっているのは、アメリカでも日本でもとくに「ミレニアル世代」に関しては共通しているよう。だから「I Heart ...
1月18日にオープンしたアメリカ・ラスベガスの「Til Death Do Us Part」は、“永遠の愛を誓います”という意味のある言葉がそのまま名前に採...
「結婚」と聞くと、どのような印象を持ちますか?真っ白なドレス、神聖な教会、愛し合うふたりの前に立つ証人、ピシっと決まった花婿に可愛らしい花嫁…結婚式のイメ...
あんまり考えすぎても婚期を逃すし、かと言って焦って失敗したくない。さて、いつまでに結婚しようかーー。ユタ大学の社会学者Nick Wolfingersが20...