離婚

名称は「ウェボス・ディボルシアードス」。
離婚して20年が経過したというTerry Gaspard氏。これまでの過去や離婚の決断に後悔はしておらず、ときおり教訓として思い出すために以下のリストをま...
どれだけ自信があったとしても、実際にやってみるまではどう転ぶかわからないもの。仕事や勉強、スポーツ…そして結婚だってそうです。ここでは、さまざまな事情で離...
「95年生まれ、一人暮らし、恋人なし」のミレニアル男子が、書店をめぐって一冊に出会う!新書書評の連載です。
サウジアラビアでは、男性側に離婚の意思があり手続きを済ませれば離婚が成立。そのため、女性側は離婚に気づかないケースも。この状況を改善しようと、男性側が離婚...
両親の離婚。6歳の子どもにとって、その意図を汲み取ることなんて、普通に考えれば難しいこと。この動画に登場するティアナちゃんとて同じはず。ところが、彼女は、...
もともと他人だった2人が出会い、新しい関係を築いて、幸せに共にするというのは並大抵の努力ではできないことです。「Elite Daily」に寄稿している弁護...
Rafael Mantessoさんは、30歳の誕生日に妻と離婚。家具や思い出の写真などすべてを失い、彼に残されたのは、愛犬のジミーチュウ(以下ジミー君)だ...
人生最後の日まで「一生の愛」を誓えたら、これ以上に素晴らしいことはないですよね。そう語るのは、「Elite Daily」の恋愛エキスパートPaul Hud...
結婚生活の破綻に直面した時に、「別れる」という選択ではなく「継続する」ために女性側の立場から何ができるのかを提案する著書『夫を夢中にさせる いい妻の愛され...
あんまり考えすぎても婚期を逃すし、かと言って焦って失敗したくない。さて、いつまでに結婚しようかーー。ユタ大学の社会学者Nick Wolfingersが20...
結婚とは、一生を共に過ごす人を選ぶこと。だけど相手をひとりに絞ることが必ずしも「正しい」ことなのでしょうか?22歳にして当時のパートナーとの結婚に踏み切っ...
水上に浮かぶ住宅(フローティングハウス)は、建築デザインにおいて今や目新しさは無くなっている。が、オランダのデザイン事務所が発表した、このコンセプチュアル...
にっこりと笑う小さな男の子。大好きなパパとママと一緒に写る幸せいっぱいの一枚は、見ているこちらも微笑ましい気持ちになります。だけど、実は彼の両親は離婚して...
パートナーや家族への愛に溢れる、結婚生活。本当は苦に感じることだって、家族だからこそ耐えられることもありますよね。では、お互いの価値観が合わずに離婚してし...
結婚はとてもおめでたくて、ハッピーなものだ。けれど、これから長い人生を共にするのだから、決断する前には色々なことを考えなくてはいけません。そこで今回は、N...
不幸だった14年の結婚生活に終止符を打つために、離婚記念パーティを開催したKimberly Santleben-Stitelerさん。彼女はウェディングド...
ワシントン大学の心理学名誉教授ジョン・ゴットマンは、夫婦が離婚するかどうかを8割以上の高い確率で予測できると主張している人物。彼が紹介した「悪い夫婦喧嘩の...
Candice Curryさんは、別れた夫の新しい妻(そして、自分の娘の新しい母親)に手紙を送りました。ここで紹介するのは、彼女のブログに掲載された手紙の...
離婚をしてしまったら、結婚していたふたりは他人同士にならざるを得ません。でも子どもにとっては、ふたりがいつまでも自分の親であることに変わりはないのです。子...