探偵業が教える「愛され妻」の3Kルール

『夫を夢中にさせる いい妻の愛されルール』(幻冬舎メディアコンサルティング)の著者・岡田真弓さんの異色のプロフィールから、まずはかいつまんで紹介します。

探偵会社を運営する傍ら、カウンセラー資格を取得、これまで多くの夫婦間のトラブルを解決してきた人物です。

彼女の元を訪れる「妻」たちの視点にフォーカスし、夫婦の危機的状況を打開する法則についてまとめました。

「離婚」を切り出す前にすべきこと

3042ad01d2a63c01d9f956e415d6bfe4eb2b7fc5

これまで探偵業界では、「夫」の浮気の証拠を見つけてきて離婚への足がかりを作る……ということが当たり前のように行われてきました。しかし、私は「妻」たちとの深い対話を通じて、それが正しいことなのか疑問を抱くようになったのです。

私は探偵なので、浮気の調査結果をありのままに提示しますが、「そこからどうしたいか」という妻の気持ちこそが大切だと考えています。

そこで、私は相談に来られる方には、以下のようにお伝えしています。

本当に自分が離婚をすべきか、じっくり考えてほしいです。

少しでも夫への愛情が残っているのならば、やり直しを模索してみましょう。

つらい状況になる場合を想定して、切り札的に「離婚」を残しておいてください。

こうしてアドバイスをした結果、じつに77パーセントの依頼者が夫とのやり直しを選択しました。やはり、皆さん心のどこかで「夫との幸せな結婚生活」を取り戻したいと思っているのですね。

“愛され妻”のための
「3Kルール」

A54531a1ca85422b00e57eaa7dfc9fe853750948

夫の気持ちが離れていく原因は、大きく分けて3つあります。どうすれば夫の心をつなぎとめることができるのでしょうか? ここでは、実行すべき行動を紹介します。

01.
夫との「会話」が弾むコミュニケーションのルール

コミュニケーション不全は、夫婦関係のさまざまな問題の根源です。逆を言えば、コミュニケーションさえ円滑になれば、夫婦の関係性はかなり改善すると言えます。この問題を乗り越えるには、妻が「夫の見方」を変えなければなりません。夫と向き合い、たとえ「嫌だ」と拒否したいような部分があったとしても受け入れるのです。そうすれば、関係は少しずつ修復していくでしょう。

02.
夫が安心して「家計」を任せてくれるお金のルール

長年染み付いてしまった「お金の価値観の差」を埋めていくのは大変なことです。しかし、不可能なことではありません。共通の目標を持ったり、管理の仕方を工夫したりすることで、そのギャップを埋めていくことはできます。一度お金の運用について話し合ってみましょう。

03.
夫がまっすぐ帰宅したくなる「家事」のルール

忙しい暮らしの中で食事を作ることを「たかが料理」と思ってしまう状況があるかもしれません。しかし、夫婦の関係において「家に帰りたくなるような仕組みを作っておくこと」は重要なこと。つまり、夫の胃袋をつかむことは有効な方法なのです。決して手を抜かず、できる範囲の努力を行いましょう。

関係改善のカギは
自分の「成長」を止めないこと

B0331656438c9e5b6bb6020a32d5950ce7321103

女性の皆さん。夫婦で過ごす日々の中で、ついつい傲慢になっていませんか?

「なんとかこの2人の関係を変えたい」、「もう絶望的だ」と思っている夫婦もいるかもしれませんが、やり直せるチャンスはいくらでもあります。完全に冷え切っているように見えても、夫はあなたのことを心の底から愛してくれた人。あなたが「変わる」と必ず気づきます。そうすれば、夫自身も心が動いたり、自分もこのままでいけないと思ったりするものです。

夫婦の関係性を変えるには「前向きなパワー」と「幸せの共感」が欠かせません。

「前向きなパワー」とは、あなたが成長しながら変わっていく力のこと。人間として成長している妻に夫も引っ張られて、変わっていくはずです。

「幸せの共感」とは、ひとつの物事の喜びや楽しみを分かち合うこと。夫婦で共感し合えるような幸せな場をいくつ設けられるか、それこそが重要なのです。与えることの幸せや充足感は、きっと2人の関係に良い影響をもたらすでしょう。

難しいことは考えなくて大丈夫です。上述した「いい妻の愛されルール」を実践して素敵になった未来の自分をイメージしながら、夫と進んでいきましょう。

夫婦関係が悪化する原因のひとつとして、よく「お金の問題」が挙げられます。特に共働きの場合、しっかり話し合わないと後で揉めることにもなりかねません。そこで岡...
うつ病に苦しむ妻を献身的に支え続ける夫。ある日、彼女を励まそうと夫はあるサプライズを仕掛けました。愛する夫からの贈り物を得た妻。うつを抱えて生きる彼女の反...
こちらのイラストは、フィラデルフィア郊外在住のイラストレーターBen Pannellが手がけたもの。それぞれのテーマはバラバラだが、共通しているのは、妻で...
富裕層が地区に流れることによる地価の上昇を一般にジェントリフィケーションと呼びます。この現象にベルリンにあるクロイツベルク地区では反対運動が行われています...
梅雨があけると夜になっても暑くて、帰宅する頃にはもう汗でベタベタ……。キンキンに冷えたビールもいいけど、こんな“レサワ”いかがでしょう?
「はなれ」は、徳島県那珂町木頭地区という「木頭ゆず」が特産の地域にあるゲストハウス。中野みね子さんは、アマチュアカメラマンだった夫・中野健吉さんの「したい...
いわゆるモデル体型が世の中の美しさの基準となっている。Robbie Trippの奥さんであるSarahは、世間的にはおデブと呼ばれる豊満なボディ。にも関わ...
「愛しきれない」という事象について、すこし考えてみました。
「まさか冗談でしょ?」信じられないような驚愕のニュースが「Elite Daily」で話題騒然となっています。なんでも、化粧を落とした新婦の顔を初めて目にし...
働き者の男がいた。彼はお金が大好きだ。なぜならそれは、これまでの実績を証明するもの。だからこそ、そのすべてを自分の懐にとっておきたかった。男はケチなことで...
リコッタチーズを単純にはさむのではなく、「スクランブル」にしてタコスの具材にした一品。
撮影しているのは、妻のフォトグラファーGayla Thompsonさん。彼女のポートフォリオのひとつに『Dudeoir』と名付けられた、旦那さんのヌード集...
アメリカで暮らす93歳のClarence Purvisさんは、4年前の2013年に愛する妻Carolynさんを亡くしています。でも、最愛の人を失ったあとも...
双子を妊娠し、幸せの絶頂にいたAdriannaさん。しかし、残酷なことに双子のうちの1人を亡くしてしまいます。悲しみに暮れる妻の笑顔を取り戻そうと、夫のM...
アメリカの新しい研究で、「自分より容姿が悪い」と思っている夫を持つ妻のほうが、自分より外見的魅力の高い夫を持つ妻より、幸福度が高いことが分かりました。イケ...
「ロレアル パリ」が制作した、この動画。主人公は、夫が色覚異常の悩みを抱えている3組の夫婦です。物語は、妻たちの不満の声から始まります。仕方のないことだと...
カールさんは、結婚10周年を記念して妻のローラさんにフラッシュモブで感謝の気持ちを伝えることにしました。合唱した歌はブルーノ・マーズの「Just The ...
ディープな英語を学べる「麻薬の隠語リスト」。アメリカの麻薬取締局「DEA」が毎年アップデートしています。
苦楽を共にする、と言葉にすると簡単に見えるかもしれませんが、世界中のどの夫婦にも、二人にしかわからない愛のカタチがあります。長年連れ添う幸せな夫婦は、いっ...
オーストラリア在住で、シドニーからマッカイに引越しをしたウィルソン夫妻。夫のケンは仕事を探しましたが、田舎町ということもありなかなかうまくいきませんでした...
92歳のHowardさんと93歳のLauraさん。二人は73年間連れ添った、ベテランカップルです。病気になってしまい先の短い妻Lauraさんを励ますため、...
「満たされていない」と思ったら、まず考えたいこと。
「結婚=幸せ」なんてシンプルに考えたいところですが、「めでたし、めでたし」を手に入れるためには、たくさんの試練があります。「Elite Daily」の既婚...
幸せオーラに包まれた憧れの「愛され女子」になるには、どうしたらよいのでしょうか。「愛され女子」に共通する特徴や行動などを10項目に厳選し、ご紹介していきま...