幸せな夫婦が、日々実践していること5つ

ライターとしてだけでなく、カウンセラーとしても活躍中のDebra Fileta氏。結婚生活を良好なものにするためのコツは、「些細なことを意図的に行うこと」だと断言しています。

結婚して5日だろうが、50年だろうが関係ありません。「True Love Dates」にまとめられたこれらのことを続けられるかどうかが、大きな分かれ道になるかも?

01.
背中に触れるだけでもOK
意図的なスキンシップを!

Peek-a-boo, she loves you!

私が子どもを授かる前から、友人の中にはすでに子どもを持つ夫婦がいました。私は彼らを見ていて、あることに気がついたのです。そう、スキンシップがない。手を握り合ったり、ソファの上でリラックスしたり、肩に腕を回したり…そんな身体的な触れ合いがまったくなかったのです。

今では私たちにも子どもがおり、当時彼らが子育てにどれほど苦労していたかを理解しています。しかし、“触れ合い”は結婚生活において非常に重要なこと。

時間を見つけ、手をつなぎ、愛を育みましょう。軽く背中に触れるだけでもOKです。そうすることで、相手に素直な気持ちを伝えることができるはず。

02.
“顔を合わせた”
コミュニケーション

信じられないかもしれませんが、夫婦が積極的なコミュニケーションを図る時間は、1日のうちわずか数分だと言われています。一般的に、結婚生活が長くなればなるほど、コミュニケーションの時間が少なくなっていくということは、周知の事実ですよね。でも私は、この話を聞くと悲しくなってしまうのです。生涯の伴侶と話すことは、とても楽しいことのはずなのに…。

会話にはレベルがある。そのレベルとは、「表面的な会話」「相手の意見や考えに従う会話」、そして「相手と深く感情を分かち合う会話」です。

私たちは、どのレベルにおいても慎重に会話を進めなければなりません。些細なことでも、大きな影響を与えることはあります。ですから、パートナーと顔を合わせて、日に10〜20分程度、集中して話をしてみましょう。この時に、夫婦間の問題について話し合うのはNG。相手の近況を聞き、自分のことも同じように話すのです。例えば「今日一番良かったことは何?」「何かしてほしいことはある?」など。2人で話す時間を楽しみ、お互いを励まし合ってください。

03.
少なくとも…
週に一度は一緒に出かける

000053022118_Full

日々の生活が忙しく、ストレスを感じることも多いでしょう。そのせいで、楽しむことを忘れてしまいがち。

少なくとも週に一度は一緒に外出する必要があります。ピクニックやハイキング、食事やドライブ…可能性は無限大。重要なのは、「何をしているか」より、「誰としているか」ということ。まずは友情を再燃させることにより、愛を再燃させるのです。

04.
悪いところも含めた
“すべて”を告白

弱さや欠点を他人にさらけ出し、分かち合うことは非常に難しいもの。だから神様は、私たちに「告白」と「許し」を求めるのです。告白することで自分のプライドを捨て、新しいチャンスを得るために許しを請う。これこそが、良好な結婚生活を維持するための強力なツールなのです。

実際に、私のカウンセリングにおいても、相手と合わないことを主張するのではなく、「許す」ことができる夫婦は、結婚生活にとても満足している傾向があります。自身の内面を見つめる時間を多くとり、相手に対しては、自分の悪いところを正直に見せましょう。そして許しを請うのです。

05.
“魂”でつながり合う

Lovers in sun beams

結婚生活のもっとも素晴らしいことの一つ…それは自分以外の人と心の底からつながるチャンスを得ることです。

信頼しあうカップルこそ、自分たちの心のつながりを当たり前のものだと思ってしまう傾向があります。そうなると、感情を分かち合ったり、コミュニケーションに時間を割くことを忘れてしまうことに。

私が夫と共有する、もっとも至福の時間。それは、1日の終わりに一緒に座って手を繋ぎ、あらゆる出来事について考える時間。単純なことですが、こうすることで精神的につながり合えるのです。

Licensed material used with permission by Debra Fileta

結婚生活の破綻に直面した時に、「別れる」という選択ではなく「継続する」ために女性側の立場から何ができるのかを提案する著書『夫を夢中にさせる いい妻の愛され...
苦楽を共にする、と言葉にすると簡単に見えるかもしれませんが、世界中のどの夫婦にも、二人にしかわからない愛のカタチがあります。長年連れ添う幸せな夫婦は、いっ...
夫婦関係が悪化する原因のひとつとして、よく「お金の問題」が挙げられます。特に共働きの場合、しっかり話し合わないと後で揉めることにもなりかねません。そこで岡...
結婚65周年を迎えた、HaroldさんとRubyさん夫妻。半世紀以上を共に歩んだふたりが記念日に撮った写真からは、幸せが溢れ出ています。
長年寄り添えば寄り添うほど、良くいえば落ち着く、わるくいえばマンネリ化するのが夫婦関係というもの。でもそんな日常の中に必ずあって欲しいのは、ふたりの愛を二...
今まで私はたくさんの家づくりの相談をお受けしてきました。その中で、素晴らしい家づくりをされたご家族・ご夫婦には、特徴的な行動パターンや習慣パターンがあるこ...
「そしてふたりは、いつまでも幸せに暮らしました」と結ばれる、おとぎ話。そんな風に幸せになりたい、とは思っていても、実現するのはそう簡単ではありませんよね。...
これは、すべての夫婦、または夫婦になろうとしているカップルが知っておくべき内容かもしれません。米メディア「Your Tango」に関わる、恋愛や夫婦関係の...
結婚式から数年、穏やかなのはいいけれど、ふたりの関係はなんだかマンネリ気味。もう一度、結婚当初の新鮮味や情熱が戻ったらなぁ、なんて思っているカップルは、意...
夫婦円満の秘訣は互いに「平等」であること。現代社会においては、夫が稼いで妻は内助の功に徹する、なんて構図の方が珍しいくらいです。じゃあ、掃除や洗濯、料理に...
生き方や家族のあり方が多様化している今日このごろ。とはいっても「結婚」は、大きな決断のひとつ。できるだけ隠しごとは最小限に抑えた状態で踏み込みたいものです...
アメリカの新しい研究で、「自分より容姿が悪い」と思っている夫を持つ妻のほうが、自分より外見的魅力の高い夫を持つ妻より、幸福度が高いことが分かりました。イケ...
結婚したら、次は子ども…なんてステレオタイプなイメージは未だに根強くありますが、子どもを持つかどうかは夫婦にとっても重大な選択。経済的に難しいと考える夫婦...
ずっと一緒にいると、忘れがちなパートナーへの想い。心の奥にある「キモチ」に気づくのは、もしかしたら2人の間に大きなトラブルや壁が立ちはだかった時なのかもし...
オーストラリア在住で、シドニーからマッカイに引越しをしたウィルソン夫妻。夫のケンは仕事を探しましたが、田舎町ということもありなかなかうまくいきませんでした...
「ロレアル パリ」が制作した、この動画。主人公は、夫が色覚異常の悩みを抱えている3組の夫婦です。物語は、妻たちの不満の声から始まります。仕方のないことだと...
「夫婦は、生活を共にするもの?」「Your Tango」に寄稿された遠距離婚の経験者、作家でブロガーのビクトリア・フェデンさんのコラムによれば、離れている...
アーティストであるAnnabel Oosteweeghelの「Everlasting」というシリーズは、ある老夫婦の平穏な生活が写し出されている。誰も会っ...
旦那さんのことが大好きな奥さまは、夫婦に関するすべてのことが幸せだと感じているものですが、そのなかでも共通する項目を11に厳選してご紹介していきましょう。...
うつ病に苦しむ妻を献身的に支え続ける夫。ある日、彼女を励まそうと夫はあるサプライズを仕掛けました。愛する夫からの贈り物を得た妻。うつを抱えて生きる彼女の反...