両親の離婚がぼくに教えてくれた、愛についての3つのこと

もともと他人だった2人が出会い、新しい関係を築いて、幸せに共にするというのは並大抵の努力ではできないことです。

Elite Daily」に寄稿している弁護士のMichael Starr Hopkinsさんは、両親の関係が悪化し、離婚に至るまでの様子を間近で見てきたと言います。どちらか一方だけが悪いわけではなく、2人が関係作りに失敗してしまったのだ、と感じたMichaelさんは、愛についての3つの真実を学んだそうです。

【その1】
一度言った言葉を
取り消すことはできない

C99b0711060c56a1acfdc713cee72d83593d43b0

体に受けた傷はいつか治りますが、心の傷は一生残ります。

別れたカップルにその原因を聞くと、言ってはいけないことを言ってしまった、頭に血がのぼって本心でないことを言ってしまった、そんな風に言うつもりではなかった、など「言ってしまったこと」に関する後悔が多いものです。

「あんなこと言わなければよかった」という経験は、誰にでもあるもの。イライラを口に出すことで発散したいと思うことも気持ちも分かりますが、とくに男女関係においては「言ったことを取り消すことはできない」と肝に銘じておきましょう。

【その2】
「勝ち」も「負け」もない

39c2366ec28e0bf8bdd5f9d09069e2a92ffdf855

「わかった。君の勝ちでいいよ。」なんて台詞が出るカップルは要注意です。

恋愛関係には「勝ち」も「負けも」、スコアさえありません。勝ち負けがあるということは、あなたと恋人が別のチームにいるということです。ふたりが同じチームにいれば、いっしょに勝つこと、ふたりにとって良い状態を目指すことができるはずです。

誰かと関係を持つということは、自分をさらけ出してありのままを見せることです。よそ行きの自分ではなく、まだ歯も磨いていないような、カッコ悪い状態をお互いに見せ合うことなのです。

誰だって、つねにベストな状態でいることはできません。疲れてるときもあれば、助けが必要なとき、間違ったことを言ってしまうことだってあるでしょう。相手がイライラしているときもそれを責めるのではなく、ふたりにとって良い状態になるにはどうすれば良いか、と考えましょう。

【その3】
信頼を失うのは一瞬

F3818c33e52295912822264119521f9efae8beba

信頼を勝ち取ることはとても難しく時間がかかるものですが、失うときは一瞬です。

両親が離婚したとき、ふたりはもう口もきいていませんでした。ふたりにとっては、もう話すこともなく、言葉は何の意味もないものになっていたのです。

最初のきっかけは大したことなかったとしても、徐々に傷は深くなり、ついには信頼がなくなってしまうものです。たとえば帰りが遅かった、電話がなかった、デートの約束を破った、といったひとつだけなら許せることでも、積み重なっていくと雪だるま式に大きな問題になっていきます。

日々の小さな問題を無視してはいけません。どんなに仲良しなカップルだって、一度も問題が起きない、ということはありえないのですから。

良い関係を築くためには、コミュニケーションが不可欠です。問題が小さなうちにきちんと話し合い、信頼を強くしていくようにしましょう。

Licensed material used with permission by Elite Daily
離婚して20年が経過したというTerry Gaspard氏。これまでの過去や離婚の決断に後悔はしておらず、ときおり教訓として思い出すために以下のリストをま...
どれだけ自信があったとしても、実際にやってみるまではどう転ぶかわからないもの。仕事や勉強、スポーツ…そして結婚だってそうです。ここでは、さまざまな事情で離...
両親の離婚。6歳の子どもにとって、その意図を汲み取ることなんて、普通に考えれば難しいこと。この動画に登場するティアナちゃんとて同じはず。ところが、彼女は、...
大事に想うパートナーがいるなら、関係を長続きさせたいと思うのは当然のこと。愛おしい恋人と今後も仲良くしていきたい方に参考にしてもらいたいのは、人気の恋愛ラ...
ロンドンのメーカー「FYB」のハンドバッグは、あちこちを忙しく飛び回る女性のセキュリティ問題を、しっかりとサポートするためにつくられた製品です。
日本統治時代50年間のなごりを味わう。台湾でローカライズされた日本食がおもしろい。
恋人との関係をこのまま続けるべきか、それとも別れるべきか。きっと誰もが考えたことがある、悩ましく重大な問題です。世界中の何百万ものカップルが、日常生活の中...
結婚とは、一生を共に過ごす人を選ぶこと。だけど相手をひとりに絞ることが必ずしも「正しい」ことなのでしょうか?22歳にして当時のパートナーとの結婚に踏み切っ...
「Elite Daily」の男性ライターPaul Hudson氏が紹介しているのは、幸せで長続きするカップルに共通する12のコト。いつもすぐに別れてしまう...
ウェディング写真を中心に撮影する、フォトグラファーのAmber Robinsonさんが新しい被写体に選んだのは、自分の両親。たくさんの苦難をともに乗り越え...
YouTubeやSpotifyのURLを入力すれば、AIが2つの楽曲を自動でくっつけてくれる『Rave DJ』というサイトを発見。
にっこりと笑う小さな男の子。大好きなパパとママと一緒に写る幸せいっぱいの一枚は、見ているこちらも微笑ましい気持ちになります。だけど、実は彼の両親は離婚して...
ずっと続けていると愛想をつかされそうだけど。
名称は「ウェボス・ディボルシアードス」。
ちょっとしたことでグラグラと心が揺れて、ひどい時は相手を疑ってしまうことだってあるのが恋愛ってもの。でも、こんな不安定な恋から抜け出したい時にこそ、本当の...
タクシー配車サービスを運営するUberが大胆な発表をしました。優秀なドライバーの大学授業料を肩代わりするとのこと。
ワシントン大学の心理学名誉教授ジョン・ゴットマンは、夫婦が離婚するかどうかを8割以上の高い確率で予測できると主張している人物。彼が紹介した「悪い夫婦喧嘩の...
愛想づかしも金からおきる──、なんてことわざもあるように人の縁に金銭問題が少なからず影響を及ぼすことは言うに及ばず。では、「お酒」はどうでしょう?こと恋愛...
結婚生活の破綻に直面した時に、「別れる」という選択ではなく「継続する」ために女性側の立場から何ができるのかを提案する著書『夫を夢中にさせる いい妻の愛され...
離婚をしてしまったら、結婚していたふたりは他人同士にならざるを得ません。でも子どもにとっては、ふたりがいつまでも自分の親であることに変わりはないのです。子...
円満なカップルは、「正直に伝えること」と、「秘密にすること」の線引きがうまいのかもしれません。なぜだかいつも、恋人との関係をダメにしてしまうという人は、参...
パートナーや家族への愛に溢れる、結婚生活。本当は苦に感じることだって、家族だからこそ耐えられることもありますよね。では、お互いの価値観が合わずに離婚してし...
今は想いが一方通行だけど、そのうち両想いになる可能性を秘めるのは、楽しい片想い。けれど、付き合ってるのに「片想い」しているように感じるのは、恋愛において最...
人生最後の日まで「一生の愛」を誓えたら、これ以上に素晴らしいことはないですよね。そう語るのは、「Elite Daily」の恋愛エキスパートPaul Hud...