「いつも娘を可愛がってくれてありがとう」。別れたパートナーの今の恋人に送ったメッセージ。

離婚をしてしまったら、結婚していたふたりは他人同士にならざるを得ません。でも子どもにとっては、ふたりがいつまでも自分の親であることに変わりはないのです。子育てはさまざまな形で協力し続けるとしても、もしどちらかに新しい恋人ができたら…。

ここで紹介するのは、アメリカのある女性が、自分の娘の世話をしてくれている、元カレの恋人へ贈った感謝の言葉。Facebookで公開されたそのメッセージには約40万の「いいね!」と約16万もシェアされました。

2人のママ

A1cb622611cea0513e132bbdf86c78c9f66d68c9

4歳の女の子、ライリーちゃんには2人のママがいます。ひとりは未婚の母としてライリーちゃんを産んだオードリーさん。もうひとりは実のパパの新しいガールフレンド、ホイットニーさんです。

ライリーちゃんは、本当のママのオードリーさんのことはもちろん大好きですが、ホイットニーさんのことも大好き。なぜならパパのところへ遊びに行くと、いつも本当のママみたいに優しく可愛がってくれるし、時にはプレゼントを持ってきてくれたりするから。

オードリーさんは、いつも娘を可愛がってくれるホイットニーさんへ、日頃の感謝を込めたメッセージをFacebookで公開したのです。

「彼女には本当に感謝しているの」

664be3a6da1c846631c327f0ee1674103801124e

「これは、娘のパパの彼女。本当に素敵な人なの。娘をいつも実の子どもみたいに可愛がってくれているわ。本当に感謝してもしきれないくらい」

今でこそオードリーさんはホイットニーさんを信頼していますが、当初は不信感でいっぱいだったそう。

でも徐々にホイットニーさんの人柄と、献身的に娘に接してくれる姿を見て、信頼と尊敬の気持ちが生まれてきたのだとか。

オードリーさんも、義母に育てられた過去を持つ。

じつは、オードリーさん自身もステップファミリーの経験者。子連れ再婚同士の家庭で育ちました。

それでも彼女の義理の母親は、姉妹わけ隔てなく育ててくれたそうです。そんな義母の姿を見ていたからこそ、ホイットニーさんの葛藤や、母親になろうと努力をする人の気持ちをよく理解できたと語ります。

オードリーさんは今ではホイットニーさんを親友として、またライリーちゃんの家族として、心から親愛と感謝の気持ちを持っているとか。また、自分とホイットニーさんの関係性が、娘のライリーちゃんにもいい影響を与えていると感じているそうです。

「私は絶対、ホイットニーをよそ者扱いしない」

オードリーさんは、自分と同じような境遇の人に向けてこう続けます。

「じつの子どもではないのに、母親になろうとするのは本当に大変なことだと思う。でも、その努力をしてくれる人を感情的に締め出すべきじゃないわ。そんなことをすれば残るのはきっと『意地悪な継母』だけ。だからもし子どもとの関係を作ろうと努力してくれる人がいるならば、自分自身も大人になって、広い心で受け入れて、チャンスをあげてほしい。憎しみではなく、たくさんの愛を」

彼女にとって大切なのは「家族の形」にこだわることではなく、さまざまな愛の形を受け入れて、シェアすることだと語ります。

「私はいま、とても幸せです。娘にとってママが2人いるってことは、それだけ自分を愛してくれる人が増えたってことだから。私はホイットニーを、絶対よそ者扱いなんかしないって決めたの」

Facebookのコメントには、オードリーさん達と同じ境遇を持った人たちからの共感の声が多数寄せられています。

「家族」の形は、多様化しています。彼女たちの考え方は、家族がそれぞれの形にあった歩み寄りをすることで絆を築いていく「手がかり」なのかもしれません。

Licensed material used with permission by Audrey Nicole
今、ネットで話題となっている、ママが娘に送った「やってはいけないリスト」。内容は、誰もが教えてもらってきたようなものではなく、大人が受け取っても役立つよう...
ママが出張で、パパと娘がお留守番。そう聞いて、そこはかとなく不安が漂ってしまうのは、どこの国でも同じなようです。とあるロシア人の父娘は「ママ、こっちは大丈...
恋人との関係をこのまま続けるべきか、それとも別れるべきか。きっと誰もが考えたことがある、悩ましく重大な問題です。世界中の何百万ものカップルが、日常生活の中...
以前旦那にプレゼントしたシャッツ。せっかく気持ちを込めたものなのに、縮んだからもう着れないと捨てられそうなところを発見。娘のためにリメイクしてSNSに写真...
最初にビルの屋上でマイクロファームを始めたのは、ニューヨークだっただろうか。2010年代に入って、都心における農業が注目された。そして今、世界的に注目を集...
独断と偏見でピックアップしました。
カナダのバンクーバーに住むCaitlin Fladagerさんは、夫と3歳の娘、1歳の息子と暮らす4人家族。そんな彼女の、Facebook投稿が話題になり...
両親の離婚。6歳の子どもにとって、その意図を汲み取ることなんて、普通に考えれば難しいこと。この動画に登場するティアナちゃんとて同じはず。ところが、彼女は、...
一緒に買い物にでかけたりと、仲良がいい母と娘って様々なことを通じて見かけることができる。が、親密な関係を面白さで表現したある親子が。お母さんが娘のインスタ...
「Elite Daily」の男性ライターPaul Hudson氏が紹介しているのは、幸せで長続きするカップルに共通する12のコト。いつもすぐに別れてしまう...
茹でてクタクタになった素麺が激変!
Candice Curryさんは、別れた夫の新しい妻(そして、自分の娘の新しい母親)に手紙を送りました。ここで紹介するのは、彼女のブログに掲載された手紙の...
父と娘の絆を描いたイラストをInstagramに投稿するウクライナ人アーティストのSnezhana Sooshさん。いま、多くの人たちが静かにその絵に共感...
学校に持っていくお弁当には、両親の愛情がこもっているものです。ロンドン在住のイラストレーター、Rob Biddulphさんは、末娘のPoppyが保育園から...
いつもやさしいだけじゃない、時には厳しくもあるお父さん。作者であり一児の母でもあるSooshさんイラストを、紹介したのはもう2年近く前のこと。我が子のため...
うちのお父さんは、よく自分のことを「レディーなパパ」って呼んでいた。シングルファザーって、他の人からしたら同情しちゃうような笑えない話かもしれない。でも甲...
にっこりと笑う小さな男の子。大好きなパパとママと一緒に写る幸せいっぱいの一枚は、見ているこちらも微笑ましい気持ちになります。だけど、実は彼の両親は離婚して...
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
シングルファーザーとなったパパたちの奮闘ぶりは、なんとなく想像がつくところ。ですが、ここで紹介する仲良し父娘の絆の深め方は、とっても素敵なものでした。父娘...
ある日、森の中で行われたプロポーズ。結婚を申し込まれた女性は、自分が一番大切にしているモノも全てひっくるめて受け入れてくれた彼の思いに、思わず号泣してしま...
円満なカップルは、「正直に伝えること」と、「秘密にすること」の線引きがうまいのかもしれません。なぜだかいつも、恋人との関係をダメにしてしまうという人は、参...
目に入れても痛くない娘。同性だからこそわかる想いもあり、その思い入れはひと塩。反対に、同性だからこそライバルにもなり、ぶつかってしまうこともある。なんだか...
パートナーや家族への愛に溢れる、結婚生活。本当は苦に感じることだって、家族だからこそ耐えられることもありますよね。では、お互いの価値観が合わずに離婚してし...
Jamesさんは四児の父。それぞれ6歳、4歳、2歳、1歳の四人の娘さん、それに奥さんと一匹の犬、一匹の豚と一緒に暮らしています。そんなJamesさんがツイ...