3つ当てはまったら要注意。あなたとパートナーが「熟年夫婦化」している10のサイン

付き合い始めは何をしても楽しくてドキドキ。おしゃれして素敵なレストランに行ったり、公園で見つめ合い語り合うーー。

それが今や、きれいな下着をつけているのが“おしゃれ”で、テイクアウトが“レストラン”代わり。眉毛を抜く時くらいしか“見つめ合わない”んだったら、もしかして、2人は長年連れ添った夫婦化しているかも。ライターAlexia LaFataさんが、10のサインを紹介。新鮮味にかけるようなら危険なサイン!

01.
週末の夜、
出かけなくなった

Ac576598ce1dc4f5fed30c6b97dd5b1ee885c255

周りの友達たちは新しいバーをチェックしに出かけているのに、あなたたちは食べたいかよくわからない料理をテイクアウトにしようとしていませんか?

02.
そして、12時前にベッドに入る

金曜日の夜、たいてい寝るのは12時前。自分たちの両親みたい。



03.
しかも…くっついて寝ない

セックスをした後少しの間、ぴったり抱き合うのはとってもいいこと。でも、寝るとなったら、お互い「離れて」寝たい。

04.
ほとんど相手の見た目を
気にしなくなった

53995b89e101891d7d06dc17cf41017815a952df

2人とも付き合っている間にものすごく体重が増えてしまって、彼のビール腹が服を脱ぐたび成長していったらーー。相手の変化に気づくべき。

05.
ムダ毛処理をしない

アンダーヘアや足のムダ毛、ひげがボーボー。ダメダメ!ちゃんとお手入れしましょう。

06.
セックスが新鮮じゃない

かなり太ってしまったり、ムダに毛深かったりすると、セクシーな気分になるのは難しいですよね。実際にセックスをするという行為は輝きを失ってしまいます。

これはセックスを楽しめないということではありません!パートナーと同じ時に、相手の服をむしりとりたい!という欲望を感じないだけ。キャンドルを灯したり、いろんなアングルでランジェリーを肌から滑らせ、どこが一番きれいに見えるか研究するのに時間をかけたくないんです。

ただ、出し入れしたいだけ。

07.
会話がいつのまにか
金銭問題のことに
なってしまう

3439eba91b702abbfb9f73299af5f536548fed9d

彼:「今日どうだった?」

あなた:「よかったわー。買い物に行って300ドル使って…」

彼:「何考えてるんだよ!俺はそんなぜいたくな生活させられないよ!」

こんな感じ。

08.
お互いの両親の悪口を言う

彼のママが彼を必要以上に甘やかすのを、あなたは「子離れできてなくて気持ち悪い」。

あなたのママが「ちょっと太ったんじゃないの?」と言うと、彼は「きみのお母さんはビッチだね」ーー。

お互いの両親への思いはいろいろあるかもしれませんが、あなたたちが年老いて、結婚していない限り、義理の両親を嫌う必要はないのかも。

09.
記念日のお祝いをしない

857474c56dfe4de5ab79d480f5ad606e812c1278

「大好きだよ!」とお互いの愛を、めいっぱい見せつける必要はありません。長い間一緒にいると、記念日を祝うのがおっくうになることも。しかも毎年毎年続くとしたら…。

記念日の贈り物が面倒くさくて毎年セックスだったり、彼が花を贈ってくれなかったり。それってどうなの?

10.
今の関係を変える気がない

おしゃれをしていいレストランに行くのは誰でもできること。でも、本物の愛に眉毛を抜いたり記念日のお祝いは必要ありません。

セックスの最中に汚いTシャツをお尻の下に感じたり、彼がおならをしたり。ずっと一緒にいるならいやですよね。でも、どうでもよくありませんか?相手にいい印象を与える必要はないんですもの。

あなたたちの関係は単調で同じことの繰り返しもあるかもしれませんが、これ以上のことを望んでいませんよね?

Licensed material used with permission by Elite Daily
今のパートナーとの関係は良好ですか?すぐに「はい」と答えられなかった人。今の状況は良くないと思いながらも、惰性で相手と付き合っていたりして...。「I H...
束縛男、つまり隠れモラハラ系男性とは、人間的な器が小さく、独りよがり。自分の価値観を女性に押し付けるタイプのことです。自著『ブラック彼氏』から、彼らの具体...
「Power of Positivity」に掲載されていた、恋人と別れるべきサインをまとめた記事から、一部を抜粋して紹介しましょう。恋人との関係に疑問を感...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
衣類や食品、生活雑貨のイメージが強い「無印良品」。まったく同じコンセプトで家も販売しているんですよね。
腎臓の隣に位置する副腎。あまり注目されることのない器官ですが、ここが弱ると日常生活にいくつかの症状があらわれるのだそう。「Power of Positiv...
恋は、人を盲目にさせるもの。そしてそれが進むと、自分が「浮気相手」であることにさえ、気づけなくなってしまうかもしれません。あなたは、自分が彼から大切にされ...
すこしでも恋人に対して「ん?」って思うことがあるのなら、「Elite Daily」で掲載されていたパートナーに“浮気癖”があるかもしれない注意すべき4つの...
ラブラブな夫婦生活をおくるライターAnjali Sareen Nowakowskiからのアドバイス。読めばやっぱり、単なる“おのろけ”。ところが、まんざら...
ライター、哲学者、そして起業家でもあるPaul Hudson氏が「Elite Daily」に綴ったのは、「心の底から恋人を信じられる8つのサイン」。あなた...
慈悲深きマリアを象ったフラワーポット。
学生のときは、一緒にいて楽しければそれで良かった。でも結婚を意識する年齢になってくると、それだけでは物足りなくなってくるもの。もう子供っぽい男性と付き合っ...
「Elite Daily」のパートナーとの関係が終わっていることを示す4つのサインを読めば、見て見ぬフリをしてきた“恋の結末”と向き合う勇気が湧いてくるか...
「Elite Daily」のLily Rouffさんが提唱する、彼との関係が「本当の愛」か「カラダだけの付き合い」を見極める6つのチェックポイント。
日頃の彼の行動、改めて思い出してみてください。
カーネーギーメロン大学の心理学者の教授、Brooke Feeney氏による研究でサポートや応援してくれるパートナーを持つ人は仕事で成功することがわかりまし...
恋愛のかたちは人それぞれ。でも、国や文化の違いを超えて万人に共通する「真実の愛」は存在します。ただ、自分の気持ちに自信が持てない人が多いのも事実です。ここ...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
回数を重ねていくことで相手を知る面白さもありますが、もっとセックスを楽しむために、重要なのは、お互いのコミュニケーション。相手の好みの体位やプレイを早い段...
恋人との関係をこのまま続けるべきか、それとも別れるべきか。きっと誰もが考えたことがある、悩ましく重大な問題です。世界中の何百万ものカップルが、日常生活の中...
仕事や勉強がうまくいかないとき、その原因を、周囲の環境や他人といった“外部”のせいにする。これを、「外部要因思考」といいます。これでは問題の解決が先送りさ...
正直になるのって、結構難しいことです。大人になるにつれて、周りの意見を気にするクセが染みついてしまっているのもしょうがありません。でもだからこそ、大切なパ...
大事に想うパートナーがいるなら、関係を長続きさせたいと思うのは当然のこと。愛おしい恋人と今後も仲良くしていきたい方に参考にしてもらいたいのは、人気の恋愛ラ...
「あんなに仲良しだったのに、どうして別れちゃったの?」と言いたくなるカップル、いますよね。呆れるほどふたりのセルフィーだらけのアカウントが、ある日トツゼン...